ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

冷凍と生鮮では栄養価は変わるの?ほうれんそうの離乳食レシピ

   

ほうれん草は、食物繊維、ビタミン、ミネラルを多く含んだ健康的な商材で知られています。和え物やお味噌汁、炒め物にも最適で、おかずにプラスワンするのにもとっても使える食材なので、食卓にもよく並ぶお野菜だと思います。

この栄養価の高いほうれん草の離乳食は、小さな赤ちゃんにもぴったり。簡単に調理できるほうれん草を使って、離乳食の初期、中期、後期のレシピを紹介します。少しずつ味をつけて、赤ちゃんのお口に合うようにアレンジしてみてください。

ほうれん草の離乳食はいつから食べさせれば大丈夫?

ほうれん草の離乳食は早いうちから食べさせてもらって大丈夫です。だいたい5ヶ月から6ヶ月頃からが目安です。

働くママにとっては、保育園に通わせなければいけないので、早めに離乳食デビューをさせてあげて、練習するといいですよ。消化の良いほうれん草は、早い時期からスタートできます。ぜひ試してみてほしい食材です。

ほうれん草の離乳食の保存と冷凍は可能?

ほうれん草の離乳食は、保存が可能です。小分けにして冷蔵庫でも冷凍庫でも可。小分けにしておけば、その都度好きな分量で赤ちゃんにご飯をあげることもできますし、計画的にご飯を作ってあげることもできますね。

冷凍保存がきけば、作り置きができるので本当に便利。忙しい日にも、レンジでチンして熱を冷ましてあげればすぐに食べさせてあげることができます。

ほうれん草の離乳食の簡単レシピ

ほうれん草の離乳食の初期レシピ

初期のレシピはしっかりほうれん草をすりつぶしてあげることが大切です。

材料
  • ほうれん草一袋
  • 水適量
作り方
  1. まずはほうれん草をよく洗ってください。洗ったほうれん草は葉の部分だけ使います。茎の部分は大人の和え物やお味噌汁などに使ってもらえれば無駄がなくておすすめです。
  2. 洗ったほうれん草の葉は、しっかり熱したお湯に入れて茹でます。ここでしっかり柔らかくなるまで茹でてください。
  3. 茹でたほうれん草は水にさらしてあく抜きをします。
  4. 水気を切ってみじん切りにしたあと、裏ごしします。
  5. すぐに食べる場合は小さじ1ほどを。冷凍保存するなら、小さじ1ずつ氷の型に入れて保存すれば完成です。
ほうれん草の離乳食の中期レシピ

中期になると赤ちゃんも離乳食に慣れて来て、少しずつ粗い物も食べられるようになってきます。
中期にはお豆腐を入れて白和えにしてみましょう。

  • お湯にほうれん草の葉を入れて、しっかり柔らかくなるまで茹でます。
  • お豆腐も、スプーンで適量お湯の中に入れて、1分30秒ほど茹でます。
  • お豆腐とほうれん草を別々にすり、柔らかくしたあと、2つを合わせて混ぜれば出来上がり。

ほうれん草の茎の部分と、残ったお豆腐で大人用のお味噌汁を作れば一石二鳥です。

ほうれん草の離乳食の後期レシピ

後期にはご飯を混ぜておかゆを作ってあげましょう。ご飯を混ぜることでエネルギーを摂取することができるので、赤ちゃんの成長を促してあげることができますね。

  • ほうれん草の葉をお湯で茹でます。後期になればそこまで茹ですぎなくてもOK。少し歯ごたえがあってもいいです。
  • お湯にご飯を入れておかゆを作っていきます。
  • おかゆに茹でてみじん切りにしたほうれん草を混ぜれば、ほうれん草のおかゆの出来上がり。

赤ちゃんの好みによっては粉チーズを入れてもOK。様子を見ながら食べさせてあげて見てください。

ほうれん草の離乳食を作るコツは?

ほうれん草な離乳食を作る際のコツは、熱いお湯でしっかりとほうれん草を茹でること。しっかり茹でることで、みじん切り、すりつぶす時よりも楽になります。特に離乳食初期は、歯ごたえのないペースト状でなければ赤ちゃんは食べられません。

クタクタになるまでしっかりと茹でてあげて、ペース状にしてあげてください。また、中期、後期には少し粗めになってきてもいいので、ごはんやお豆腐を混ぜてボリュームを出してあげてください。

ほうれん草で鉄分補給しよう

ほうれん草は栄養価の高い摂取したいお野菜。特に赤ちゃんのうちから少しずつ食事で出してあげれば、赤ちゃんもすくすく育ってくれますね。離乳食を作る上でもとても扱いやすいお野菜ですし、残った部分は大人も食べられるので、忙しいママにもぴったりでおすすめです。

ほうれん草には鉄分、食物繊維、ビタミン、ミネラルが多く含まれています。毎日の食事に上手にしっかりと取り入れて、たっぷりと鉄分の補給をしていきたいです。

  関連記事

お肉に慣れてきて、いろんな肉を食べられるようになった時の牛豚ひき肉の離乳食レシピ

赤ちゃんの離乳食作りも、生後7・8カ月を過ぎてくると、より色々なものが食べられる …

アレルギーの心配は大丈夫?ジュースとしても楽しめるみかんの離乳食レシピ

赤ちゃんの離乳食には体の調子を整えるビタミン源をたくさん取り入れたいものですが、 …

免疫力を高めて強い体を作ってくれる!ブロッコリーの離乳食レシピ

ブロッコリーは花蕾と呼ばれる穂先の部分と茎、それぞれの食感が楽しめる緑黄色野菜で …

野菜や、魚、お肉などいろんな食材の栄養ふがたっぷり採れるシチューの離乳食レシピ

シチューとは鍋に野菜や具材を入れて煮込む料理をいいます。大人でも好きな人が多い「 …

甘みのある食材と合わせても美味しいたらの離乳食レシピ

離乳食もお粥や野菜に慣れてきて1か月くらい経てば、タンパク質源に挑戦し始めます。 …

記憶力や学習能力を高める効果もあるしらすの離乳食レシピ

食卓にもよく出るシラス。ご飯にかけるだけでも美味しく食べられ、キュウリなどの野菜 …

消化もしやすくアレルギーの心配もない大根の離乳食レシピ

冬になると、とても甘くなって美味しい「大根」。味が染みやすいので煮物にしても美味 …

はじめての保育園デビュー!おすすめのお弁当レシピとは?作り方のコツや注意点は?

子供が大好きなママ・パパからのお弁当、見た目や栄養バランスに気を付けて、おいしく …

美肌効果も間違い無し!栄養価抜群の小松菜の離乳食レシピ

11月~3月ごろに旬を迎える、冬の野菜の代表「小松菜」。小松菜は緑黄色野菜の中で …

柔らかくふわふわとした食間が離乳食に最適のはんぺんの離乳食レシピ

離乳食の種類はたくさんあるけれど、どんな離乳食がいいのか?そして意外と子供って離 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss