ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

アレルギーの発生も予防してくれる!?夏に果物ぶどう離乳食レシピ

   

夏から秋にかけて旬を迎える「ブドウ」。甘みが強く、プルプルとした食感も美味しいブドウは、ついどんどん食べてしまう秋の味覚ですよね。

ブドウに含まれるブドウ糖果糖はエネルギー源になり、疲労回復や脳のエネルギーにも役立ちます。

またブドウに含まれるポリフェノールの一種、レスベラトールは最近注目されている栄養成分で、寿命を延ばす作用がある、抗アレルギー作用があるなど様々な効果が研究されています。

では美味しい上に嬉しい効果ももつブドウは、離乳食には向いているのでしょうか?今回はこのブドウを使った離乳食について、いつから赤ちゃんに食べさせられるのか、保存方法やオススメの離乳食レシピを紹介します。

ぶどうの離乳食レシピはいつから食べさせれば大丈夫?

ブドウは離乳食初期から食べさせることが出来る食材になります。自然な甘みが広がるブドウは、赤ちゃんも好んで食べてくれると思います。

ただしブドウを皮から取り出したままでは、初期の赤ちゃんはうまく食べることが出来ません。

そのため、皮から身を取り出したらすり鉢ですりつぶし、裏ごししてピューレ状にしましょう。また最初に与える時は、加熱してから与えた方が安心です。

電子レンジで30秒ほど加熱してから与えるようにしてくださいね。中期以降では、包丁で細かく刻んで食べさせても大丈夫です。

ぶどうの離乳食の保存と冷凍は可能?

ブドウは冷蔵庫の野菜室でも保存はできますが、皮つきのまま冷凍保存することも出来ます。1粒ずつ房から外す時は2~3mm枝を残してはさみでカットして取り外しましょう。

そうすることで、ブドウに穴が開かず、果汁が漏れないためブドウが傷むのを抑えることが出来ます。カットしたブドウはタッパーやジップ袋に入れて冷凍するといいでしょう。

冷凍したブドウは皮が剥きやすくなり、調理しやすくなります。また赤ちゃんが初期の段階では、ピューレ状にしたものを製氷皿などに1回量ずつ分けて入れて冷凍保存しておくと、毎回下ごしらえをしなくてよいので便利です。

ぶどうの離乳食の簡単レシピ

ぶどうの離乳食の初期レシピ

ブドウのピューレ

材料

ブドウ 20粒

作り方
  1. ブドウの皮を剥き、種を取り除きます。
  2. 鍋にブドウと水を入れ、中火にかけ、ブドウがとろとろになるまで煮ます。
  3. ブドウを取り出し、すり鉢ですりつぶし、裏ごししたら完成です。

水溶き片栗粉を加えて、とろみをつけると簡単なブドウゼリーになります。サラサラすぎて食べにくい場合は試してみて下さい。

ぶどうの離乳食の中期レシピ

ぶどうと豆腐のデザート

材料
  • ブドウ 15g
  • 絹ごし豆腐 15g
作り方
  1. ブドウは皮を剥いて種を取り除いておきます。包丁で実を細かく刻んでおきます。
  2. 豆腐は熱湯で茹でて湯を切り、粗熱をとったらスプーンで軽くつぶしておきます。
  3. 1と2を混ぜ合わせて、お皿に盛りつけたら完成です。

ブドウパン粥

材料
  • ブドウ 15g
  • 食パン(8枚切)1/4枚
  • 粉ミルク(調乳したもの)大さじ1
作り方
  1. ブドウは皮を剥いて種を取り除きます。包丁で実を細かく刻んでおきます。
  2. 食パンは耳を切落とし、軽くトーストしてから細かくちぎります。
  3. 調乳したミルクに2を加えて混ぜ合わせ、上から1をのせたら完成です。
ぶどうの離乳食の後期レシピ

ブドウ入り米粉蒸しパン

材料
  • ブドウ 20g
  • 米粉 40g
  • 水 50g
  • ベーキングパウダー(アルミフリーのもの)2g
作り方
  1. ブドウは皮を剥き、種を取り除きます。包丁で細かく刻んでおきます。
  2. ボールに米粉、ベーキングパウダーを入れ、混ぜ合わせます。
  3. 水と1を加えてさらに混ぜます。
  4. カップに入れて、電子レンジで1分加熱します。火が通ってなければさらに様子をみながら加熱します。
  5. カップから取り出したら完成です。

ブドウのほんのりとした甘さが美味しいレシピです。手づかみでも食べられます。

ぶどうの離乳食を作るコツは?

ブドウを調理するコツは、初期では赤ちゃんが食べやすいようにピューレ状にすることです。最近のブドウは色々な種類がありますが、デラウェアなどの実が小さいブドウは、皮を剥いて下ごしらえをするのに手間がかかります。

そのため実が大きめの巨峰などを使った方がいいでしょう。最近では種がない品種もあります。

ピューレ状にする時に、一つ一つ種を取るのは意外と大変です。手間を省くためにも、種無しブドウなどを選ぶと時短になりますよ。

またピューレ状にしただけでは食べにくいという赤ちゃんには、片栗粉を使ってとろみをつけてあげるといいでしょう。

下ごしらえはしっかりと!

ブドウを使った離乳食レシピを紹介しました。上で紹介したレシピ以外でも、ヨーグルトと混ぜてブドウ味のヨーグルトにしたり、寒天と混ぜてブドウゼリーにしても美味しいですね。

りんごやみかん、バナナなどのその他の果物と混ぜても、食感が色々変わって食べる練習にもなりますね。またデザートだけでなく、さつまいもなどと合わせておかずとして食べるのもオススメですよ。

中期以降では刻んでブドウも食べられますが、あまり大きいと喉につまらせてしまう可能性があるので、赤ちゃんの様子をみながら、しっかりと下ごしらえをして離乳食を作ってあげてくださいね。

  関連記事

納豆は離乳食で使うとおすすめ?赤ちゃんに納豆を食べさせるコツは?

赤ちゃんの離乳食が始まると、そのメニューに頭を悩ませるママは少なくありません。 …

消化がよくないので調理と量に注意しながらめかぶを楽しもう!めかぶの離乳食レシピ

離乳食を日々作っているすべての方へ。毎日の離乳食作りは、想像以上にレシピを考える …

面倒な裏ごしの手間も省ける!クリームコーン缶の離乳食レシピ

赤ちゃんが離乳食になれてくる離乳食中期以降は、食べさせられる食材やメニューが増え …

実はかぼちゃの仲のズッキーニ、栄養満点のズッキーニの離乳食レシピ

キュウリを少し太くした見た目の「ズッキーニ」。夏に旬を迎える野菜の一つです。よく …

no image
甘みのある食材と合わせても美味しいたらの離乳食レシピ

離乳食もお粥や野菜に慣れてきて1か月くらい経てば、タンパク質源に挑戦し始めます。 …

美肌効果も間違い無し!栄養価抜群の小松菜の離乳食レシピ

11月~3月ごろに旬を迎える、冬の野菜の代表「小松菜」。小松菜は緑黄色野菜の中で …

魚アレルギーの怖い症状!白身?赤身?魚卵は?離乳食も注意

私たち日本人にとって、とても身近な食材である「魚」。魚は健康的にとても良い食材で …

日本に古くから親しまれている定番のおかゆ離乳食のレシピ

赤ちゃんが生後5~6か月に成長してきたら、いよいよ離乳食を始める時期がやってきま …

ごまはいつから食べられる?アレルギーの心配は?ごまを使った離乳食レシピ

ごまには大きく分けて黒ごま・白ごま・黄ごまの3種類があります。栄養は3つともそれ …

離乳食の3回食って一体何?いつからはじめるべき?与えるタイミングは分量は?

離乳食のトレーニングでは、大人と同じ1日に3食の食事回数を習慣化させる必要性があ …