ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

野菜やフルーツを混ぜ合わえてアレンジを加えながら栄養満点のパンケーキ離乳食レシピ

   

ふんわりして美味しいパンケーキは子供から大人まで好きな人が多いですよね。中に果物を混ぜ合わせれば、砂糖がなくても自然な甘さが加わります。

また苦手な野菜がある赤ちゃんも、パンケーキに加えれば難なく食べれてしまうことも多いもの。混ぜて焼くだけという簡単なパンケーキは、赤ちゃんのおやつにはとてもオススメの離乳食です。

では、このパンケーキの離乳食は、いつごろから食べさせてもいいのでしょうか?今回はパンケーキの離乳食レシピについて、いつから食べられるのか、保存方法や調理のコツ、実際のレシピをご紹介します。

パンケーキ離乳食はいつ頃から食べさせて大丈夫?

パンケーキの離乳食は、赤ちゃんが食べ物を歯ぐきでつぶして食べられるようになったら、食べさせ始めましょう。離乳食中期の後半~後期あたりに始めるといいでしょう。

赤ちゃんは離乳食が進んでくると、食事への興味が出てきて、自分で食べようという意欲が出てきます。するとごはんを手でつかみ、その内自ら口に運ぶようになっていきます。

手づかみで食事をするのは、赤ちゃんにとって大切な成長の過程です。手づかみで食べても汚れず食べやすいパンケーキは、この頃の赤ちゃんにとって、まさしくうってつけの離乳食になります。

パンケーキ離乳食の保存と冷凍は可能?

混ぜて焼くだけのパンケーキですが、毎回少量ずつ材料を計り、手作りするのは手間がかかりますよね。パンケーキは焼いた状態で冷凍保存が出来ます。

多めに焼いておけば、あとから電子レンジで温めるだけで、美味しいパンケーキがすぐ食べられます。

パンケーキを冷凍する時は、焼き上がった状態から冷めるまで待ち、1枚ずつラップでくるんで、チャック袋などに入れて冷凍するといいでしょう。

空気に触れないようにすることで品質が低下するのを防いでくれますし、袋にいれておけば匂い移りも防げます。一度冷凍したものは1週間くらいを目安に食べきるようにしてくださいね。

パンケーキ離乳食の簡単レシピ

パンケーキ離乳食の中期レシピ

バナナのパンケーキ

材料
  • バナナ 1/4本
  • 小麦粉 大さじ2
  • 牛乳 大さじ1
  • ベーキングパウダー(アルミフリーのもの)小さじ1/3
作り方
  1. バナナは皮を剥き、フォークなどで潰しておきます。
  2. ボールに小麦粉、ベーキングパウダー、1を入れて混ぜ合わせます。
  3. ボールに牛乳を加えて、さっくりと混ぜ合わせます。
  4. フライパンにクッキングシートを敷き、生地を流し込みます。
  5. 両面焼き色がつくまで焼き、竹串をさしても生地がついてこなければ完成です。

果物を入れる時は水分が多いので、生地の様子をみながら牛乳の量を調整しましょう。

米粉のパンケーキ

材料
  • 米粉 100g
  • ベーキングパウダー(アルミフリーのもの)5g
  • 砂糖 10g
  • 牛乳 120cc
  • サラダ油 少量
作り方
  1. ボールに米粉、ベーキングパウダー、砂糖を入れて混ぜ合わせます。
  2. ボールに牛乳を加えてさっくりと混ぜます。
  3. フライパンにサラダ油を熱し、2を小さな丸になるように落とし入れます。
  4. 表面にプツプツと穴が開いてきたらひっくり返して、フライパンに蓋をします。
  5. こんがりと両面焼き色が付いたら、竹串を刺してみて生地がついてこなければ完成です。

米粉を使用しているので、小麦アレルギーがある赤ちゃんでも食べることができるレシピです。

パンケーキ離乳食の後期レシピ

にんじんのパンケーキ

材料
  • にんじん 40g
  • ホットケーキミックス 100g
  • 豆乳 80㏄
  • サラダ油 少量
作り方
  1. にんじんは皮を剥いて、おろし金ですりおろしておきます。
  2. ボールにホットケーキミックス、1を加えて混ぜ合わせます。
  3. ボールに豆乳を加えてさっくりと混ぜます。
  4. フライパンにサラダ油を少量熱し、3を好みの大きさに流し入れます。
  5. 両面焼き色がつくまで焼き、竹串を刺して生地がついてこなければ完成です。

ホットケーキミックスを使えば、ベーキングパウダーがなくても簡単に作れます。

豆腐と野菜のパンケーキ

材料
  • 豆腐 75g
  • ホットケーキミックス 大さじ6
  • 牛乳 大さじ2
  • ほうれん草 10g
  • バター 少量
作り方
  1. ほうれん草は柔らかく茹で、水にさらして水気を切り、細かくみじん切りしておきます。
  2. ボールに豆腐、ホットケーキミックス、1を入れて混ぜ合わせます。
  3. ボールに牛乳を加えてさっくりと混ぜ合わせます。
  4. フライパンにバターを熱し、3を好みの大きさに流し入れます。
  5. 両面焼き色がつくまで焼き、竹串を刺しても生地がついてこなければ完成です。

豆腐を入れることでふわふわ食感のパンケーキが出来上がります。

パンケーキ離乳食の作り方のコツは?

パンケーキを作るコツは、材料を混ぜる時にさっくりと混ぜることです。混ぜすぎると生地に粘りが出て、ふくらみにくくなります。

また赤ちゃんの離乳食のパンケーキでは、生焼けにならないように、両面しっかりと焼きましょう。

パンケーキの原料となる小麦は、加熱することで消化がしやすい状態へと変わります。生焼けの状態では消化しにくく、下痢につながることもあるため、きちんと火が通るようにしましょう。

甘くて美味しいパンケーキ離乳食を楽しんでもらおう

そのままでも十分美味しいパンケーキですが、中に入れる具材を工夫すれば色々なバリエーションが広がって、赤ちゃんも飽きずに食べることができますね。

上で紹介したレシピ以外でも、りんごやミカンなどの果物や、さつまいもやかぼちゃなどの甘めの野菜、小松菜などの葉物野菜を加えるのも美味しくて栄養満点になるのでオススメです。

また、きな粉やヨーグルトを加えても少し違う味わいになって美味しいですよ。甘くておいしいパンケーキを作って、赤ちゃんに離乳食を楽しんでもらいましょう。

  関連記事

栄養がバランス良く含まれている牛肉デビューをするために牛肉の離乳食レシピ

牛肉には筋肉や皮膚、血液など身体を作るうえで欠かすことのできない必須アミノ酸を含 …

風邪予防や美肌にも効果的!?にんじんの離乳食レシピ

赤ちゃんが離乳食を初めて食べるときはちゃんと食べてくれるのかどうかママはとても不 …

ビタミンCたっぷりだけど離乳食に使用できる?レモンの離乳食レシピ

離乳食が進むにつれていろいろな食材を試していき、食べられるものが増え野菜類が試し …

離乳食にはたんぱく質が必須!たんぱく質がもたらす効果とは?

赤ちゃんにとって完全栄養食から離乳する段階は、成長への第一歩です。母乳には、鉄分 …

サラダやソースでも楽しめる!バリエーション豊かなトマトの離乳食レシピ

トマトはテレビなどでも取り上げられているように、ビタミンAやビタミンCが豊富で、 …

野菜や、魚、お肉などいろんな食材の栄養ふがたっぷり採れるシチューの離乳食レシピ

シチューとは鍋に野菜や具材を入れて煮込む料理をいいます。大人でも好きな人が多い「 …

アレルギーの発生も予防してくれる!?夏に果物ぶどう離乳食レシピ

夏から秋にかけて旬を迎える「ブドウ」。甘みが強く、プルプルとした食感も美味しいブ …

そら豆って離乳食で使える!?気になるそら豆の離乳食レシピ

そら豆は5、6月に旬を迎える食材です。きれいな緑色をしているので食事に彩りを添え …

no image
甘みのある食材と合わせても美味しいたらの離乳食レシピ

離乳食もお粥や野菜に慣れてきて1か月くらい経てば、タンパク質源に挑戦し始めます。 …

秋が旬の魚!サンマが赤ちゃんの健康にもたらす効果とは?離乳食で活用する方法とは!?

離乳食のトレーニングは、ゆくゆくは大人と同じ食事を摂取することにあります。できる …