ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

加熱するとアレルギーのは発症を防げる長芋の離乳食レシピ

   

ネバネバ、シャキシャキした食感が美味しい「長いも」。すりおろしてトロロにしたり、短冊切りにしておつまみとしても楽しめる、芋類の中でも生で食べることが多い食材だと思います。

ではこの美味しい食材「長いも」は、赤ちゃんに食べさせても大丈夫なのでしょうか?今回はこの「長いも」を使った離乳食について、いつから赤ちゃんに食べさせられるのか、調理のコツや保存の方法、実際に長いもを使った離乳食のレシピを紹介します。

長芋の離乳食はいつ頃から食べさせれば大丈夫?

長いもは離乳食中期後半~後期ごろに食べさせ始めましょう。長いもはすりおろすとトロトロになり食べさせやすそうな食材ですが、実はアレルギーをおこしやすい食材でもあります。

長いものとろろなどを食べる時に、大人でも口のまわりが痒くなることがあります。これは長いもに含まれる「アセチルコリン」という物質が関係しています。

そのため赤ちゃんが長いもを食べると、アレルギーをおこしてしまう可能があるので、最初に与える時はスプーン一匙から初めて、アレルギー症状が出ないか注意して観察するようにしましょう。

アレルギーが心配な場合は焦って早くから食べさせる必要はないので、他の食材に慣れてきたら挑戦してみましょう。

長芋の離乳食の保存と冷凍は可能?

長いもは冷蔵庫で保存できる食材です。スーパーなどで売っている長いもは、通常切り口のあるものが売っていますよね。切り口があるとそこから水分が飛んでしまい、傷む原因になります。切り口にはしっかりとラップをして、密閉すると傷みにくくなるでしょう。

長いもは冷凍保存も出来ます。すりおろして冷凍すると調理の時に便利です。そのまますりおろすと変色することもあるため、すりおろす場合は皮を剥いて酢水につけ、茹でてからすりおろすといいでしょう。冷凍する時は製氷皿などに1回量ずつ分けて保存すると便利です。

長芋の離乳食の簡単レシピ

長芋の離乳食の中期レシピ

長いものペースト

材料
  • 長いも 15g
  • 和風だし 適量
作り方
  1. 長いもは厚めに皮を剥き、柔らかくなるまで茹でます。
  2. 水気を切り、おろし金ですりおろします。
  3. 2に和風だしを加え、のばしたら完成です。

長いもの基本のペーストです。最初に長いもを与える時はこれから挑戦してみましょう。アレルギーが大丈夫なら、他の野菜を一緒に混ぜても美味しいレシピです。

長いもと挽き肉のとろ煮

材料
  • 長いも 10g
  • 鶏挽き肉 15g
  • ほうれん草(葉先)10g
  • 水 80㏄
  • しょうゆ 少量
作り方
  1. 長いもは皮を剥き、おろし金ですりおろしておきます。
  2. 鶏挽き肉は熱湯でさっと湯通しします。
  3. ほうれん草は葉先を選び、柔らかく茹で水にさらし、細かく刻んでおきます。
  4. 鍋に水を沸騰させ、1、2、3を加える。しょうゆを入れ、味を調えたら完成です。
長芋の離乳食の後期レシピ

長いものおやき風

材料
  • 長いも 5cm
  • 小麦粉 大さじ3
  • 和風だし 大さじ2
  • 青のり、しょうゆ 少量
  • サラダ油 少量
作り方
  1. 長いもは皮を剥き、おろし金ですりおろしておきます。
  2. ボールに1、小麦粉、和風だしを加えてよく混ぜます。
  3. さらに青のり、しょうゆを加えて混ぜ合わせます。
  4. フライパンにサラダ油を熱し、3を小さな丸になるように流し入れます。
  5. 両面こんがり焼き色がつくまで焼いたら完成です。

長いものトロロ焼き

材料
  • 長いも 30g
  • 絹豆腐 15g
  • タラ 10g
  • 粉チーズ 少量
作り方
  1. 長いもは皮を剥いて、おろし金ですりおろしておきます。
  2. 絹豆腐はキッチンペーパーで水気を切っておきます。
  3. タラは熱湯で茹で、フォークでほぐしておきます。
  4. 耐熱容器に1、2、3を入れ、よく混ぜ合わせます。
  5. 粉チーズを上から振りかけ、オーブントースターで8分ほど加熱します。
  6. 軽く焼き色がついたら完成です。

長芋の離乳食の作り方のコツは?

長いもで離乳食を作るコツは、まずは必ず加熱することです。上で説明したように、長いもはアレルギーをおこしやすい食材になります。しかし長いもを加熱することで、アレルギーをおこしにくくなると言われています。

そのため赤ちゃんに与える時は必ず加熱したものを食べさせるようにしましょう。また、長いもの皮に近い部分には、剥くときなどに手に痒みを生じる原因となる「シュウ酸カルシウム」という物質が含まれています。

そのため離乳食のために長いもの皮を剥く時は、厚めに剥いた方がいいでしょう。皮を剥いた後に酢水にさらすことでアク抜きが出来ますよ。

長芋の食間を赤ちゃんに楽しんでもらおう

アレルギーが心配な長いもですが、しっかりと下処理をして加熱することで、アレルギーをおこしにくくなります。トロトロとした食感で自然なとろみづけにもなるので、アレルギーが大丈夫そうであれば、積極的に離乳食に取り入れたいですね。

上で紹介したレシピ以外でも、長いもを鶏団子に入れたりお好み焼きに入れると、フワッとして料理が一段と美味しくなるのでオススメです。長いもを使って、一味違う離乳食レシピに挑戦してみてくださいね。

  関連記事

少しずつ水分を減らしていき、大人の食べるご飯に近づけていく軟食の離乳食レシピ

離乳食を日々作っているママ、パパからしてみると、「やっと軟飯~!」と思う方もいる …

夏にはうってつけの甘くて美味しいコーンを使ったとうもろこしの離乳食

夏が旬のとうもろこしは、茹でるだけで自然な甘さが美味しい野菜です。甘みがある野菜 …

ビタミンやカリウムなどの栄養素もたっぷり!さつまいもの離乳食レシピ

程よい甘みのあるさつまいもは、赤ちゃんにも好まれやすい食べ物です。炭水化物が多い …

栄養がバランス良く含まれている牛肉デビューをするために牛肉の離乳食レシピ

牛肉には筋肉や皮膚、血液など身体を作るうえで欠かすことのできない必須アミノ酸を含 …

暖かくなる季節に向けてお弁当メニューで食中毒の心配は大丈夫?食中毒対策に最適なお弁当レシピは?

暖くなってくると心配になるのが、食中毒です。特にお弁当は湿気が溜まりやすく雑菌に …

妊娠中の豆乳は危険ってホント!?妊婦さんと豆乳の上手な付き合い方を知りたい!

豆乳と言えば、女性にとってはヘルシーで栄養満点、更にダイエットや美肌など様々な効 …

安くて栄養価も高い!モロヘイヤの離乳食レシピ

7~8月の夏に旬を迎える「モロヘイヤ」。栄養価が高く、安くて嬉しい食材です。青菜 …

風邪を引いてしまったときにも効果的!?梨の離乳食レシピ

夏から秋にかけて甘みが増してグッと美味しくなる「梨」。シャリシャリして瑞々しい梨 …

便秘解消にも効果的!アレルギーの心配は大丈夫?きなこ離乳食レシピ

離乳食は多くの食材を赤ちゃんに食べさせてあげて、色々な味があることを教えてあげる …

秋といえば柿の季節!旬の果物を使った柿の離乳食レシピ

柿は10、11月の秋に旬を迎える果物で、ビタミンCとビタミンAを豊富に含んでいま …