ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ミルクと同じ乳製品だけどいつから食べさせて大丈夫?チーズの離乳食レシピ

   

とろける食感でピザやグラタンなどを一段と美味しく仕上げてくれる「チーズ」。チーズは牛乳を原料のため、カルシウムが豊富に含まれています。またチーズは牛乳の成分が濃縮されているので、牛乳の10倍の量の栄養が摂れると言われています。

しかしチーズは乳製品の一つ。赤ちゃんに与えるにはアレルギーも心配ですよね。今回はチーズを使った離乳食について、いつから赤ちゃんに食べさせられるのか、保存の方法や調理のコツ、実際にチーズを使った離乳食レシピを紹介します。

チーズの離乳食はいつから食べさせれば大丈夫?

チーズを使った離乳食は、離乳食中期ごろから与え始めるといいでしょう。チーズには塩分が多く含まれているため、初期の赤ちゃんには負担が大きいためです。

最初に赤ちゃんにチーズを与える時は、「カッテージチーズ」から与えるといいでしょう。塩分を多く含む「プロセスチーズ」「ナチュラルチーズ」などは様子を見ながら、少量ずつ与えるようにしましょう。

またチーズは牛乳が原料になっているため、アレルギーをおこしやすい食材になります。最初与える時はほんの少量から与えるようにし、アレルギー症状に注意するようにしましょう。

チーズの離乳食の保存と冷凍は可能?

チーズは冷凍保存には向かない食材です。冷凍すると風味が落ちやすく、解凍後の舌触りもあまりよくありません。そのためチーズは冷蔵保存がオススメです。

保存する時は空気に触れないようにしっかりとラップをし、冷蔵庫の野菜室で保存するといいでしょう。

ただしピザ用のチーズは冷凍しても風味が落ちにくく、元々細かく刻まれているので、使用時も使いやすいです。そのためピザ用のチーズは冷凍保存しておいてもいいでしょう。

チーズの離乳食の簡単レシピ

チーズの離乳食の中期レシピ

カッテージチーズ

材料
  • ヨーグルト 50g
  • レモン汁 2滴
作り方
  1. ヨーグルトを電子レンジで20秒ほど加熱します。
  2. ヨーグルトにレモン汁を加え、混ぜ合わせます。
  3. ザルにキッチンペーパーを敷き、2を流し入れて水気が切れるまでしばらく置いておきます。
  4. キッチンペーパーごと3を絞り、冷蔵庫で一晩冷さえば完成です。

カッテージチーズのリゾット風

材料
  • カッテージチーズ 小さじ1
  • トマト 30g
  • ごはん 大さじ1と1/2
  • ほうれん草(葉先)10g
  • 水 80ml
作り方
  1. トマトは皮を湯むきし、種を取り除きます。5mm角に切っておきます。
  2. ほうれん草は葉先を選び、柔らかく茹で水にさらします。水気を切って細かく刻んでおきます。
  3. 鍋に1とご飯、チーズ、水80mlを加え、火にかけます。
  4. 一煮立ちさせたら、お皿に盛りつけ、上から2をのせたら完成です。
チーズの離乳食の後期レシピ

白身魚のパングラタン

材料
  • タラ 15g
  • 食パン(8枚切り)1/2枚
  • ホワイトソース 大さじ1
  • ピザ用チーズ 小さじ1
  • パン粉 少量
作り方
  1. タラは熱湯で茹で、皮と骨を取り除き、フォークでほぐしておきます。
  2. 食パンは耳を落とし、5mm角に切ります。
  3. 耐熱容器にパン、たら、ホワイトソースを入れて、混ぜ合わせます。
  4. 上からピザ用チーズ、パン粉をのせてオーブントースターで焼きます。
  5. 焼き目がついたら完成です。

じゃがチーズオムレツ

材料
  • ジャガイモ 30g
  • 卵 1個
  • 牛乳 大さじ2
  • 粉チーズ 大さじ1/2
作り方
  1. ジャガイモは皮を剥いて3mm角に切り、水にさらしたら柔らかくなるまで茹でます。
  2. ボールに卵を割り、1、牛乳、粉チーズを加えてよく混ぜます。
  3. 大きめの耐熱容器に2を流し入れ、電子レンジで3分ほど加熱します。
  4. 中まで火が通っていれば、食べやすい大きさにカットして完成です。

チーズの離乳食を作るコツは?

チーズを使った離乳食を作る時は、使うチーズに注意することが大切です。ヨーグルトとレモン汁から作るカッテージチーズは塩分、油分ともに少ないので、早い段階から与えることができます。

スライスチーズや粉チーズはプロセスチーズという種類になります。塩分は含まれていますが、比較的少ないのでカッテージチーズに慣れたら、次はこれに挑戦してみましょう。

ピザ用チーズはモッツァレラチーズやゴーダチーズといったナチュラルチーズですが、塩分を多く含むものが多いので、少量ずつ使用する方がいいでしょう。

チーズは製品によっても含まれる塩分の量が異なるので、購入する時に塩分量に注意して、なるべく塩分が少ないものを選ぶようにしましょう。

チーズを上手に使ってみよう!

チーズは少量使うだけでも、しっかりとした味付けになり、赤ちゃんも好みやすい味になります。塩分には気を付けながら、少しずつ離乳食に取り入れると普段とは違う味になって、いいアクセントになりますよ。

上で紹介したレシピ以外でも、じゃがいもと混ぜておやき風にしたり、ソテーにソースとしてかけても美味しいですね。パンとの相性がいいので、パン粥に混ぜたり、チーズトーストにしても美味しく食べられます。チーズのアレルギーが大丈夫そうなら、チーズを使って色々な離乳食を作ってみてくださいね。

  関連記事

夏にはうってつけの甘くて美味しいコーンを使ったとうもろこしの離乳食

夏が旬のとうもろこしは、茹でるだけで自然な甘さが美味しい野菜です。甘みがある野菜 …

はじめての保育園デビュー!おすすめのお弁当レシピとは?作り方のコツや注意点は?

子供が大好きなママ・パパからのお弁当、見た目や栄養バランスに気を付けて、おいしく …

栄養たっぷりのレバー!豚レバーは離乳食に使える?豚レバーの離乳食レシピ

豚レバーは大変栄養価の高い食材として知られています。鉄分を多く含みますが、豚レバ …

ツナ缶で赤ちゃんの記憶力も良くなる!?ツナ缶の離乳食レシピ

赤身魚であるマグロやカツオを原材料とするツナ缶は、記憶力を向上させる働きのあるD …

甘いお砂糖!離乳食には使用できる?砂糖を使った離乳食レシピ

砂糖はプリンや餡子などのお菓子から煮物やすき焼きなどの料理まで、幅広く使われる調 …

絹ごし豆腐と木綿豆腐どっちを選んだほうがいい?豆腐の離乳食レシピ

5、6か月ごろからいよいよ離乳食がスタート。心を込めて作った離乳食を赤ちゃんが食 …

苦味の強いピーマンは栄養も満点で風邪防止にも役立つ、ピーマン離乳食レシピ

緑色が美しく夏になると旬を迎える「ピーマン」。ピーマンにはミネラルやビタミン類、 …

繊維が気になるオススメの調理法とは?キャベツの離乳食レシピ

普段から食卓に並ぶことの多い「キャベツ」は、安くて年中手に入る主婦には嬉しい食材 …

夏バテ予防にも効果的!?食虫などの心配は?じゃがいもの離乳食レシピ

年中食べられて、いろんな使い方の出来る「じゃがいも」。安くて美味しい、子どもから …

免疫力を高めて強い体を作ってくれる!ブロッコリーの離乳食レシピ

ブロッコリーは花蕾と呼ばれる穂先の部分と茎、それぞれの食感が楽しめる緑黄色野菜で …