ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの便秘にも効果的!離乳食にヨーグルトを与えるのはいつから?

   

離乳食を上げ始め、少しずつ子供自身も離乳食を食べるのに慣れてきて、食べさせてあげるのも軌道に乗ってきたころだと思います。そろそろ10倍がゆ以外に食べさせてあげられるものはないかな、と考え始めます。

アレルギーも心配になりますが、少しずつレパートリーも増やしていきたいところです。

そこで、離乳食初期から食べさせられる「ヨーグルト」について、いつから食べさせてあげられるのか、そしてヨーグルトを食べさせてあげることで改善される効果などを紹介します。

離乳食のヨーグルトはいつから与えるべき?

ヨーグルトでも加糖のものやカロリーオフ、無糖などいろいろな種類があります。その中でも「全脂無糖」のヨーグルトであれば、離乳食初期の後半から食べさせてあげることが可能です。

そこで心配なのは、アレルギーだと思います。ヨーグルトには乳アレルギーが出てしまいう可能性がありますが、牛乳に比べてたんぱく質の分子量が小さい為にアレルギー反応がおこりにくいといわれています。

しかし、家族に乳アレルギー持ちがいらっしゃる場合は、お子様が1歳過ぎるまでできるだけ控えたほうが良いといわれています。無理に急いで食べさせなくてはいけないわけではありません。

それでも、ヨーグルトを食べさせてあげたいと考えていらっしゃる場合は、小児科やアレルギー科で、アレルギー反応の検査もできますのでかかりつけの医師に相談してみるのもよいのではないでしょうか。

赤ちゃんにヨーグルトを与える分量は?食べさせる時のコツはある?

いざ、初めてお子様にヨーグルトを食べさせてあげる時は、ほかの食材と同じように小さい離乳食用ベビースプーン1さじから始めてみてください。始めて食べるヨーグルトの味にお子様はどんな反応をするか楽しみですね。

食べさせてあげた日にアレルギーの症状や、お子様自身の体調の変化がなければ少量ずつ増やしてみましょう。

赤ちゃんは1つの味を気に入ると、そればかり食べたがります。反対に気に入らない味だと次になかなか食べてくれなくなってしまいます。

気に入ってくれなかった味の時は、何日かおいてからあげてみると、案外すんなり食べてくれるようになったりします。無理強いしてあげる必要はありません。

離乳食初期は、いろいろなものを食べさせてあげて、味の経験を積むことが重要ですので、少量でもバランスよくたんぱく質を摂るということを念頭に置いておいてください。

ヨーグルトはどんな離乳食メニューに使える?

ヨーグルトを食べさせ始めたころは、お子様が食べられる野菜とヨーグルトを混ぜてあげてみてください。

ヨーグルトの味が気に入らなかった場合や、ヨーグルトは気に入ってくれたけど野菜が苦手というお子様に食べさせてあげてみてください。いつもと違う味で好きになってくれるお子様も多いはずです。

ママにとっては、食べられるものが限られたり、とろみをつけるなど手間をかける必要がある離乳食初期にはもってこいです。味のレパートリーも増えますので、マンネリ化を防げます。

ふかしたじゃがいもに、マヨネーズのかわりにヨーグルトを和えてあげるだけで、「ヨーグルトポテトサラダ」のできあがりです。

大人が全脂無糖のヨーグルトをそのまま食べると酸っぱく感じてしまいますが、じゃがいもに和えるとジャガイモ本来の甘さが際立ち、大人の料理からのとりわけ離乳食にできるのでひと手間省けます。

さらに、マヨネーズは卵が使用されているため卵アレルギーなどの心配もでてきますし、カロリーや塩分が気になるところですが、ヨーグルトだとその心配もいりません。

ヨーグルトを与える時に注意しておきたい点とは?

お子様にヨーグルトを食べさせてあげる時は、ヨーグルト自体をお皿にとりわけ少し常温に戻してあげてから食べさせてあげましょう。赤ちゃんの胃腸は未発達なので、冷たすぎるとおなかを壊してしまう場合があります。

お子様がヨーグルトを気に入ってくれて食いつきが良いから、といって一度にたくさん食べさせるのはやめましょう。

一度にたくさん食べると、少量ではでなかったアレルギー反応がでてしまったり、ヨーグルトには整腸効果がある為、一時的に下痢をおこしてしまう可能性があります。注意しましょう。

そして、先ほどお話ししたように、ヨーグルトには加糖、カロリーオフ、無糖のものなどいろんな種類があります。離乳食を卒業するまでは、無糖のプレーンタイプか赤ちゃん用のヨーグルトを食べさせてあげてください。

加糖や、フルーツが入ったヨーグルトはアレルギーがおこる可能性のあるゼラチンや、消化しずらい果肉が入っているものが多いです。

さらには、はちみつが入っているヨーグルトは1歳まではNGです。しっかりとヨーグルトに含まれているものを確認した後購入するようにしましょう。

ヨーグルトで赤ちゃんの便秘も解消しよう!

ヨーグルトは、毎日の離乳食のマンネリ化を解消してくれるお助け食材となってくれます。そして、赤ちゃんがなりやすい便秘も軽いものであれば解消してくれることもあります。

便秘予防だけでなく、免疫強化といった効果もありますので、ヨーグルトを食べさせて、病気にならない強い身体を作ってあげましょう。

お子様に乳アレルギーの心配がなければ、ヨーグルトは離乳食完了までさまざまなアレンジで使えるのでどんどん活用していきましょう。

  関連記事

意外と調理も簡単!栄養満点なハンバーグの離乳食レシピ

ハンバーグの離乳食は、大人用ハンバーグを作る途中で取り分けて作れるので、調理も簡 …

出世魚としても例えられる冬のお魚ブリ!アレルギーやヒスタミン食中毒の心配は?ブリの離乳食レシピ

冬が旬の魚「ぶり」は、赤身魚に分類されます。良質なタンパク質と脂質を豊富に含んで …

ハーフバースデーとは?祝うタイミングはどうする?ハーフバースデ-におすすめの離乳食メニューとは

この間生まれたと思ったのにもう半年、お子様の成長の早さにはあっと驚きます。お宮参 …

絹ごし豆腐と木綿豆腐どっちを選んだほうがいい?豆腐の離乳食レシピ

5、6か月ごろからいよいよ離乳食がスタート。心を込めて作った離乳食を赤ちゃんが食 …

塩分量に注意しながらトマトが苦手な赤ちゃんに挑戦してみよう!ケチャップを使った離乳食レシピ

離乳食を作って子どもに食べさせるうえで、考えてあげたいことの一つとして、味付けが …

温めても冷やしても食べることができる万能そうめんの離乳食レシピ

可愛い我が子に食べさせる離乳食。可愛いからこそ、どの様な物を食べさせてあげれば良 …

ビタミン不足に助っ人しても役立つカリフラワーの離乳食レシピ

離乳食のレシピに困ってきたら、是非活用してもらいたいのがカリフラワーです。カリフ …

アレルギーの発生も予防してくれる!?夏に果物ぶどう離乳食レシピ

夏から秋にかけて旬を迎える「ブドウ」。甘みが強く、プルプルとした食感も美味しいブ …

離乳食の味付けにみりんは使用しても大丈夫?みりんを使った離乳食レシピ

肉じゃがやひじきの煮物、里芋の煮っころがしなど、みりんは煮物を作る際によく使われ …

離乳食にはたんぱく質が必須!たんぱく質がもたらす効果とは?

赤ちゃんにとって完全栄養食から離乳する段階は、成長への第一歩です。母乳には、鉄分 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss