ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

余った粉ミルクを捨てるのは勿体無い!離乳食に活用できる?その方法とは

   

粉ミルクの賞味期限は缶を開封後1ヶ月以内です。スティックを試供品でもらったり、いざという時に備えて買い揃えていても18ヶ月です。

子供の早い成長を目の当たりにしながら育児に追われて、気付くともう賞味期限が切れていたなんてことありませんか。粉ミルクはお安いものではありませんし、捨てるのも面倒です。

何よりこのミルクで赤ちゃんが育っていくくらい栄養素たっぷりの粉ミルクを捨てるのは勿体無いですよね。この栄養たっぷりの粉ミルクを使って、手軽に美味しい離乳食を作ってみましょう。

粉ミルクは離乳食にも利用できる?

粉ミルクには三大栄養素といわれるたんぱく質、脂質、炭水化物が含まれています。それに加え初乳に含まれるラクトフェリンという赤ちゃんを病気から守るたんぱく質、脳の成長に欠かせない鉄分など、他にも多くの栄養素が含まれています。

鉄分は母乳からも不足しがちで、積極的にレバーや赤身の魚や肉を食べなければ補ず、極端に不足してしまうと鉄欠乏貧血をおこすとまで言われています。これらを簡単に補える手助けをしてくれるのが粉ミルクです。

また、まだ塩や醤油など多くの調味料を使いたくない赤ちゃんにも、この粉ミルクで味付けができます。赤ちゃんにとっては飲み慣れた味なので、離乳食初期に食べ慣れないお子さんなどにはオススメです。

粉ミルクを離乳食に利用する時のコツはある?

粉ミルクは名前の通り粉なので様々な料理に簡単に混ぜることができます。色々な料理の過程で混ぜることもできます。

また、混ぜる量を調節することで味の濃淡もつきます。粉ミルクを溶かして、牛乳の代わりに使うこともできますよ。牛乳よりは甘みがあるので、お子さんにはとても食べやすくなります。

大根などの野菜も少し癖があって食べづらいお子さんには、ミルクで煮込むことで雑味がなくなり甘く食べやすくなるのでおすすめです。中にはカレーをお子さん様に仕上げるのに粉ミルクでまろやかにするママもいるようです。

また、甘みがあるぶん砂糖を加えなくても美味しいデザートも作れます。このように粉ミルクを離乳食に混ぜたり、味付けしたりすることで簡単に栄養素が補給できて、使い慣れるととても便利な調味料になります。

もちろん赤ちゃんの成長を支えてるミルクですから、大人の料理で食べても栄養満点で、意外に違和感もなく食べられます。スキムミルク感覚でぜひ使用してみてください。

粉ミルクはどんな離乳食メニューに使える?

ではこの粉ミルク、どのように、どんな料理に使えるのでしょうか。まずは、簡単に主食のお粥やパンに溶かしたミルクを大さじ1加えることで簡単にミルク粥、ミルクパン粥が作れます。

また、それにカボチャやニンジン、じゃがいもしらすなど加えてバリエーション豊かにすることができます。じゃがいもやコーンと煮ればポタージュにもなりますね。

離乳食がすすめば、メープルシロップ、バター、卵を加えてフレンチトーストもできます。手づかみ食べの練習にぴったりです。また、大缶の残り物など大量消費にはクリームソースが一番です。

これは冷凍保存もできます。牛乳や生クリームがなくても小麦粉、バターで簡単にコクのあるクリームソースができます。離乳食完了していたり、大人も一緒に食べるのであればコンソメを入れるとより美味しく仕上がります。

また、寒天にしたり、ホットケーキミックスに混ぜて蒸しパンにしたり、クッキーにしたりデザートにもなります。余談ですが、大人もコーヒーなどに混ぜてクリープがわりにすると美味しいようですよ。

粉ミルクを離乳食に使う際の注意点はある?

このように簡単に使える便利な粉ミルクですが、注意も必要です。

もし母乳育児一本で今まで粉ミルクを使ってこなかったお子さんにはアレルギーの注意が必要です。母乳とほぼ同じ成分といっても、母乳ではないのでアレルギーのでるお子さんもいます。

粉ミルクの種類の違いでも注意をしてください。ですから初めて粉ミルクを使用される場合、まずは少量から初めてください。そして、他の初めての食材と同じで日中の小児科が空いている時間帯に食べさせてあげてください。

いつもと違う様子がでたらすぐに医療機関にかかってください。

また、保存方法ですが基本的には1週間程度は冷凍保存が効くと言われています。しかし、電子レンジで解凍する際に粉ミルクの栄養成分が壊れてしまうこともあるようです。

なのでせっかくの粉ミルクの栄養素をそのままとってもらうためには、その都度粉ミルクを加えるのが一番だと思います。お粥やパンだけ冷凍しておき、食べるときに調乳したミルクを加えるのが最適かもしれません。

余った粉ミルクも無駄なく使っていこう

このように粉ミルクは簡単に、栄養たっぷりで安心安全な離乳食が作れます。例えば下のお子さんで余った粉ミルクがある場合、上のお子さんの料理に混ぜてあげてもとてもいい栄養を与えてあげることができます。

同時に大人も普段取れない栄養がとれます。母乳育児の場合も防災グッズとして粉ミルクを用意しているご家庭も多いのではないでしょうか。

賞味期限が切れてしまったり、大缶が使い切らない時はこのようなお子さんも喜ぶ栄養たっぷりのご飯が手軽に粉ミルク1つで作れます。

お子さんの成長もママも助けてくれる粉ミルクの離乳食、ぜひ試してみてください。

  関連記事

電子レンジや蒸し器があれば簡単に作れちゃう蒸しパン離乳食レシピ

ふんわりモチモチとした食感が癖になる「蒸しパン」。大人でも好きな人が多い、おやつ …

離乳食の味付けにみりんは使用しても大丈夫?みりんを使った離乳食レシピ

肉じゃがやひじきの煮物、里芋の煮っころがしなど、みりんは煮物を作る際によく使われ …

no image
柔らかくふわふわとした食間が離乳食に最適のはんぺんの離乳食レシピ

離乳食の種類はたくさんあるけれど、どんな離乳食がいいのか?そして意外と子供って離 …

身体の免疫機能を保つ効果のあるチンゲン菜の離乳食レシピ

赤ちゃんが産まれて、母乳やミルクなどの次のステップとして、離乳食があげられます。 …

血行を良くしたり、風邪予防にも効果的!?青ネギの離乳食レシピ

青ネギは葉ネギや万能ネギと呼ばれることもある野菜で、京都の九条太ネギや九条細ネギ …

白身魚は離乳食初期からでも楽しめるカレイの離乳食レシピ

煮つけや塩焼き、から揚げなど和食に活躍してくれる「カレイ」。春から冬まで色んな種 …

赤ちゃんせんべいって一体何?いつから食べさせるべき?赤ちゃんせんべいの進め方

はじめてのおやつには赤ちゃんせんべいをあげる方が多いと思います。初めての離乳食も …

フランスパン・バケットは離乳食に利用できる?フランスパン・バケットの離乳食レシピ

子どもの離乳食作りは手間がかかりますし、食べてくれたり食べてくれなかったりと色々 …

出世魚としても例えられる冬のお魚ブリ!アレルギーやヒスタミン食中毒の心配は?ブリの離乳食レシピ

冬が旬の魚「ぶり」は、赤身魚に分類されます。良質なタンパク質と脂質を豊富に含んで …

栄養価たっぷり!カリウムも豊富!甘くて美味しいメロンの離乳食レシピ

離乳食が始まるとそのレシピ作りに追われるママやパパも少なくないかと思います。また …