ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

いろんな種類があるけど、どれを選んだらいいの?もやしの離乳食レシピ

   

スーパーで年間を通してお手頃価格で売られている「もやし」。安定した低価格さから、家計の強い味方になっている家庭もあるのではないでしょうか。

もやしには大豆もやしや緑豆もやし、ブラックマッペなど色んな種類があります。ひょろっとした見た目ですが、ビタミンCや食物繊維も含まれている食材なんですよ。

今回はこのもやしを使った離乳食について、いつから食べさせられるのか、保存の方法や調理のコツ、もやしの離乳食レシピなどを紹介します。

もやしの離乳食はいつから食べさせれば大丈夫?

もやしは繊維質が多い野菜になります。そのため離乳食になれていない初期には向いていません。離乳食中期ごろから与え始めるといいでしょう。

繊維質が多いもやしは、赤ちゃんにとっては消化しにくいため、最初に与え始める時は柔らかく茹でて細かく刻んでから与えるようにしましょう。またもやしの中でも大豆もやしは大豆が発芽したものです。

豆腐などから大豆アレルギーがあると分かっている場合は、注意が必要です。もやしはアレルギーをおこしやすい食材ではないですが、最初に与える時は少量から始めるようにしてくださいね。

もやしの離乳食の保存と冷凍は可能?

もやしは通常野菜室で保存しますが、傷むのが早い野菜になります。そのためなるべく早く調理するようにしましょう。もやしは冷凍保存することもできます。

離乳食の下ごしらえは手間がかかるので、多めにまとめて下ごしらえをしておくと、忙しい時の調理も楽にできますよ。冷凍する時は、柔らかく茹でてから細かく刻んだものを保存しましょう。

1回量ずつ分けて、製氷皿に入れたり、ラップにくるんできんちゃく状にして保存しておくと、使う時に便利です。冷凍保存する場合は、2週間を目安に使い切りましょう。

もやしの離乳食の簡単レシピ

もやしの離乳食の中期レシピ

もやしのゴマサラダ

材料
  • もやし10g
  • にんじん10g
  • キュウリ10g
  • ゴマ少量
  • 塩少量
作り方
  1. にんじんとキュウリは皮を剥いて千切りにします。もやしはひげと根を取っておきます。
  2. 1ともやしを一緒に柔らかくなるまで茹でます。
  3. 水気を切ったら、細かく刻んでおきます。
  4. 3にゴマ、塩を加えて混ぜ合わせます。お皿に盛りつけたら完成です。

野菜のとろとろ煮

材料
  • もやし10g
  • 大根10g
  • にんじん10g
  • 細粒だし小さじ1
  • 片栗粉少量
作り方
  1. 大根、にんじんは皮を剥いて小さく刻みます。
  2. もやしはひげと根を取って細かく刻みます。
  3. 鍋に1と2、具材がかぶるくらいの水を入れて、柔らかくなるまで煮ます。
  4. 細粒だしを入れて味を調え、水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成です。
もやしの離乳食の後期レシピ

もやしとほうれん草のおかか和え

材料
  • もやし10g
  • ほうれん草10g
  • 削り節小さじ2
  • しょうゆ少量
作り方
  1. もやしはひげと根を取り、柔らかくなるまで茹でる。水気を切って小さく刻んでおきます。
  2. ほうれん草は葉先を選び、柔らかく茹でたら水にさらします。水気を切って小さく刻んでおきます。
  3. 1,2と削り節、しょうゆを加えて、混ぜ合わせます。お皿に盛ったら完成です。

もやしと豆腐の味噌汁

材料
  • もやし10g
  • キャベツ10g
  • 豆腐20g
  • 和風だし200ml
  • みそ少量
作り方
  1. もやしはひげと根を取り、小さめに刻んでおきます。
  2. キャベツも小さく刻んでおきます。
  3. 豆腐は5mm角に切っておきます。
  4. 鍋に和風だしと1、2、3を入れて、具材が柔らかくなるまで煮ます。
  5. みそを加えて味を調えたら完成です。

もやしの離乳食を作るコツは?

もやしを離乳食に調理するコツは、まずはひげと豆を取り除くことです。大人であればそのままでも食べられますが、赤ちゃんにとっては食べづらいものです。手間はかかりますが、茹でる前に処理をしてあげましょう。

茹でる前には、たっぷりの水にもやしを入れて軽く混ぜて洗うと、もやしのクセが無くなってスッキリした味になります。

また茹でた後も冷水につけると、変色を防いでくれ、アク抜きにもなります。ただし調理の前にはしっかりと水気を取ることが大切です。水気を取ることで、もやしのクセも一緒にとることができますよ。

お手頃価格のもやしを使った離乳食を作ろう

もやしは食材の味が淡白なので、どんな食材とも合わせやすいですね。調理方法もサラダやスープから炒め物まで様々な方法で調理ができます。

上で紹介したレシピ以外でも、卵とじにしたり、豚肉などと炒め物にしても美味しく食べられるのでオススメです。

もやしの離乳食に慣れてきたら、少しずつ大きめに刻んだものも与えてみましょう。お手頃価格のもやしを上手に使って、低価格で栄養も摂れる美味しい離乳食を作ってあげましょう。

  関連記事

柔らかい食間で離乳食初期からでも楽しめるレタスの離乳食レシピ

シャキシャキとした食感が美味しいレタス。普段からサラダはもちろん、チャーハンに入 …

栄養価の高いの高い新鮮なアジを選んで離乳食を作ろう!アジの離乳食レシピ

みなさんは、離乳食のレシピとして、お魚を上手に取り入れていますか?魚料理はとても …

色とりどりのパプリカを使って華やかに、美味しく楽しめるパプリカの離乳食レシピ

赤や黄色、オレンジといった鮮やかな色合いがきれいなパプリカは、ピーマンよりも苦み …

どのくらいの量を食べさせたらいいの?カッテージチーズの離乳食レシピ

たんぱく資源の中でもカルシウムが豊富に含まれているチーズ。赤ちゃんが口にする離乳 …

栄養価も高い海苔!味付け海苔などは食べさせても大丈夫なの?海苔の離乳食レシピ

海苔はおにぎりや巻き寿司など、様々な和食に使われる海藻です。海苔は身体を作る上で …

赤ちゃんの貧血対策にも効果的!鉄分がたっぷり含まれた鶏レバーの離乳食レシピ

赤ちゃんは生後8~9か月頃になると、鉄分が不足しやすくなると言われています。その …

茹でる時のコツは?豆の食感を楽しんでもらいたい枝豆の離乳食レシピ

夏に旬を迎える「枝豆」。そのまま茹でるだけでも料理の具材に使っても美味しく食べら …

はじめての保育園デビュー!おすすめのお弁当レシピとは?作り方のコツや注意点は?

子供が大好きなママ・パパからのお弁当、見た目や栄養バランスに気を付けて、おいしく …

出世魚としても例えられる冬のお魚ブリ!アレルギーやヒスタミン食中毒の心配は?ブリの離乳食レシピ

冬が旬の魚「ぶり」は、赤身魚に分類されます。良質なタンパク質と脂質を豊富に含んで …

サラダやソースでも楽しめる!バリエーション豊かなトマトの離乳食レシピ

トマトはテレビなどでも取り上げられているように、ビタミンAやビタミンCが豊富で、 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss