ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

美味しく食べて赤ちゃんの便秘も解消してあげよう!ヨーグルトの離乳食レシピ

   

子どもの離乳食は初期から中期、後期までと、長いスパンで作り続けていくものですよね。そんな中で、ママやパパ方は日々レシピ作りにも苦労されていることと思います。

そんな離乳食、出来ればより栄養もあって、子供の健康に良いお料理を作ってあげたいところ。

今回はそんな離乳食の中でも、「ヨーグルト」を作った離乳食をご紹介します。ヨーグルトは便秘などにもとても効果があり、免疫力を高めてくれる食品でもあるため、離乳食に最適です。さっそくご紹介していきたいと思います。

ヨーグルト離乳食はいつから食べさせれば大丈夫?

離乳食でママやパパたちが気になるポイントの一つとして、「この食材はいつから与えてもいいのか?」などの、その食材を与えても良い時期があげられます。

身体にも良くて、免疫力もつくヨーグルトですが、赤ちゃんの離乳食で与える場合は、全脂無糖のものであれば初期(生後5カ月~)から可能となっています。

初期からいいの?アレルギーは?と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、ヨーグルトは実は牛乳よりもタンパク質の分子量が少なく、アレルギーのリスクが低いとも言われています。

ヨーグルト離乳食の保存と冷凍は可能?

身体に嬉しい効果がふんだんに配合されていて、なおかつアレルギーをおこすリスクも低いと言われているヨーグルト。もしも子供に与えてみて問題がなければ、是非お家の冷蔵後や冷凍庫等にストックしておきたいもの。

まず冷蔵保存ですが、もしも開封した場合はなるべく2~3日で食べきるようにすると良いでしょう。

また、冷凍の場合ですが、ヨーグルトをそのまま食べる場合にはあまりおススメは出来ません。これは冷凍することでヨーグルトがダマ状になってしまいがちになるからです。

しかし、調理方法によっては冷凍しても全く問題なく食べれるレシピ等ありますし、冷凍であればヨーグルトは1カ月程度持ちますので、冷凍もおススメできます。

ヨーグルト離乳食の簡単レシピ

ヨーグルト離乳食初期レシピ

バナナヨーグルト

材料
  • バナナ  1本(出来れば熟したものが良い)
  • ヨーグルト (全脂無糖のもの)
作り方
  1. バナナをボウルに入れて、フォークでよくすりつぶしていきます
  2. とろみが出るまですりつぶしたら、そこにヨーグルトを入れます
  3. ヨーグルトとバナナが良く混ざり合ったら完成です!

小分けにして冷凍し、次回レンジで温めても、また違った触感になって美味しいですよ!

ヨーグルトの離乳食中期レシピ

美味しいかぼちゃのおやき

材料
  • かぼちゃ  30g
  • ヨーグルト  10g
  • 片栗粉  小さじ1杯
  • バター   小量
作り方
  1. かぼちゃが柔らかくなるまで茹でます
  2. ゆであがったら、水気を切って粗熱が取れるまで置いておきましょう
  3. 熱が十分に取れたら、ヨーグルトと混ぜ合わせます
  4. 3に片栗粉を投入し、よくこねて棒状にしましょう
  5. 小さくまるめて平たくし、フライパンにどんどん焼いていきます
  6. 火が通ったらできあがり!
ヨーグルトの離乳食後期レシピ

ヨーグルトのポテトサラダ

材料
  • じゃがいも
  • ブロッコリー
  • プレーンヨーグルト
  • 塩   ひとつまみ
作り方
  1. じゃがいもを、お箸がサクっと通るまでゆで上げます
  2. 茹であがったら水気を取り、粗熱を取りましょう
  3. ブロッコリーも茹であげ、小さくカットしておきます
  4. 大きなボウルを用意し、1と3を入れてすりつぶします
  5. 4にヨーグルトと塩をひとつまみ入れて、よく混ぜます
  6. 器に入れて出来上がり!

ヨーグルト離乳食を作るコツは?

ヨーグルトの離乳食を作る時のコツとしては、じゃがいもやカボチャなど、ペースト状にしやすい食材と一緒に調理しておくと、小分けにして冷凍することも出来て、家事や仕事などで忙しいママパパにもとっても便利です。

また、ヨーグルト単体として与える時は、冷凍保存してしまうと解凍時にダマになっていしまいますので避けて下さいね。

ヨーグルトの酸味を活かしていろんな食材を混ぜてみよう

いかがでしたでしょうか?ヨーグルトはそのまま食べても美味しいですし、主食にも、おやつにもなるため、子供は嬉しいですね。

また、プレーンヨーグルトは大人も食べることが出来ますから、一緒に食べて消費することも出来るため、とってもおススメ。

また、便秘解消にもとっても効果があるため、赤ちゃんの腸内環境を良好に保ってくれるほか、免疫力もつくので、様々な病気から風邪予防などにも最適です。

ヨーグルト離乳食をレシピに取り入れて、子どもの健康をさらにサポートしてあげてくださいね。

  関連記事

ツナ缶で赤ちゃんの記憶力も良くなる!?ツナ缶の離乳食レシピ

赤身魚であるマグロやカツオを原材料とするツナ缶は、記憶力を向上させる働きのあるD …

加工食品だけど離乳食初期から挑戦できちゃう!オートミールの離乳食レシピ

みなさんは、オートミールってご存知ですか?オートミールとはシリアルのことで、オー …

離乳食の味付けにみりんは使用しても大丈夫?みりんを使った離乳食レシピ

肉じゃがやひじきの煮物、里芋の煮っころがしなど、みりんは煮物を作る際によく使われ …

離乳食の3回食って一体何?いつからはじめるべき?与えるタイミングは分量は?

離乳食のトレーニングでは、大人と同じ1日に3食の食事回数を習慣化させる必要性があ …

赤ちゃんの離乳食にジャムを使っても大丈夫?ジャムを使った離乳食レシピ

ママが朝食でパンを食べる時にジャムを塗ったりしますよね。 赤ちゃんにも同じ朝食を …

たんぱく質やビタミンもたっぷり含まれたグリンピースの離乳食レシピ

グリーンピースは鮮やかな緑が綺麗で、食事を華やかにしてくれる食材です。グリーンピ …

パン粥レシピに挑戦して、定番離乳食のおかゆからマンネリ解消!

赤ちゃんに食べさせる離乳食の主食といえばおかゆが定番ですが、毎日のメニューがおか …

牛乳アレルギーの子でも安心して食べれる?豆乳の離乳食レシピ

お子さまの離乳食が始まると、アレルギーが心配になられる方も多いかと思います。豆乳 …

大豆のアレルギーの心配は大丈夫?しょうゆを使った離乳食レシピ

離乳食は生後5~6カ月頃から始めることが可能です。「初期・中期・後期・完成期」と …

離乳食にはたんぱく質が必須!たんぱく質がもたらす効果とは?

赤ちゃんにとって完全栄養食から離乳する段階は、成長への第一歩です。母乳には、鉄分 …