ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

日持ちしない水菜も保存テクニックを抑えて活用しよう!水菜の離乳食レシピ

   

日々の離乳食作りを考えた時に、出来れば栄養価の高い食材を取り入れて子供に与えていきたいものです。栄養価の高いものと考えると、必然的に「野菜」が浮かんできますが、今回はそんな野菜たちの中から、水菜についてご紹介します。

水菜は色も薄いため、栄養がそんなに無いのでは?と思われる方が多いのですが、それは誤解です。水菜にはなんと、血液を作るうえで欠かす事の出来ない「鉄分」が豊富に含まれているのです。

その量はなんとほうれん草の約2倍もの鉄分が含まれていると言われています。さっそくご紹介していきたいと思います。

水菜の離乳食はいつから食べさせれば大丈夫?

そんな、栄養価の高い水菜ですが、茎が多くて繊維がたくさんあるイメージですよね。

まさにその通りで、水菜には繊維がたくさんあります。ですが、ペースト状にして与えるなどすれば、なんと離乳食初期からでもこどもに食べさせてあげることが出来ますよ。

離乳食初期はペースト状にするなどの一工夫をして、中期、後期になるにつれて、ゆっくりと水菜のシャキシャキ感を子供にも感じてもらいましょう。

水菜の離乳食の保存と冷凍は可能?

水菜は冷蔵保存も冷凍保存も可能です。すぐ使う場合は冷凍保存でもOKですが、水菜は意外と量が多めに販売されていることが多いので、使い切るのはなかなかに難しく、日が経つと傷んでダメにしてしまいがちな食材でもあります。

そんな時に重宝するのが冷凍保存です。水菜をペースト状にして小分けにして保存したり、茹でて刻んだ状態のものを小分けにして保存するなどしておけば、1カ月程度の日持ちが可能ですよ。

水菜の離乳食の簡単レシピ

水菜の離乳食初期レシピ

水菜のとろとろお粥

材料
  • 水菜  (1食分)
  • 10倍がゆ  (1食分)
作り方
  1. 10倍がゆを炊いて、よくすりつぶしておきましょう
  2. 水菜を茹でてペースト状にしておきます
  3. 鍋に1と2を入れて、よく混ぜ合わせます(火は必要ありません)
  4. 3がよく混ぜ合わさったら器に入れて完成!

茎はペースト状にしてしまえば問題ないですが、気になる場合は葉の部分だけ使うようにしましょう。

水菜の離乳食中期レシピ

納豆の水菜のおかず

材料
  • 納豆(刻んだものかひきわり納豆を使用)
  • 水菜
  • だし  ひとつまみ程度
作り方
  1. 水菜を食べやすい大きさに刻んでおきます
  2. 鍋に水を150ml程度入れて、火にかけます
  3. 2にダシをひとつまみ入れて、水菜も投入しましょう
  4. 水気が多いと感じたら少し水を取り除き、納豆を入れましょう
  5. すべての具材がよく混ぜ合わさったら、完成です!
水菜の離乳食後期レシピ

水菜と大根の煮もの

材料
  • 水菜
  • 大根
  • にんじん(各野菜は一食分程度が目安です)
  • だし  ひとつまみ程度
  • 水   150ml
作り方
  1. 各野菜を1センチ程度の間隔にして切っていきます
  2. 鍋に水を入れて沸騰させます
  3. 沸騰したら野菜をにんじん・大根・水菜の順番で煮込んでいきます
  4. だしを入れて、さらに煮込みます
  5. 野菜が十分に柔らかくなったら出来上がり!

水菜の離乳食を作るコツは?

水菜の離乳食を作る時のコツですが、離乳食初期の段階では水菜の繊維のことを考えて、なるべく葉の部分を使うようにしましょう。ただし、ペースト状にするなどの一工夫があれば、離乳食初期からでも茎が食べられますよ。

また、水菜は冷蔵保存の場合はあまり日持ちがしないため、より長く日持ちさせるためにも冷凍保存がおススメです。茹でて刻んだものなどを小分けにして冷凍しておくと、調理がとっても楽になりますよ。

水菜には栄養ふがたっぷり含まれているので進んで活用しよう!

いかがでしたでしょうか?水菜にはほうれん草の2倍もの鉄分が含まれていて、その他にも風邪予防に繋がるベータ―カロテンなども豊富です。

また、骨を丈夫にしてくれるカルシウムも豊富なことから、小さな赤ちゃんの身体の成長に欠かせない栄養がふんだんに含まれています。

これらすべての成分は、小さなこどもにとっても大切な栄養成分でもありますので、上手に調理して、日々の離乳食にどんどん取り入れていきましょう。また、後期に入ったら水菜特有のシャキシャキ感を味わわせてあげるのも楽しみですね。

  関連記事

離乳食に塩は利用できる?塩を使った離乳食レシピ

こどもが産まれてまもなくすると、離乳食が始まりますね。子どもが少しずつ成長してい …

夏が旬のナス!手軽の購入できて栄養価も抜群!ナスの離乳食レシピ

ナスは7から9月にかけて旬を迎える野菜です。低タンパク・低カロリーで、そのほとん …

お寿司でも大人気!マグロの離乳食レシピ

日本人にとって有名で身近なマグロ。お寿司やお刺身、大人や子供にもマグロは人気があ …

独特の風味が強いニラをアレンジしたニラの離乳食レシピ

独特の香りと歯ごたえがあり美味しい「ニラ」。1年中スーパーで購入することができ、 …

そら豆って離乳食で使える!?気になるそら豆の離乳食レシピ

そら豆は5、6月に旬を迎える食材です。きれいな緑色をしているので食事に彩りを添え …

小さいけど栄養たっぷり!彩りも綺麗なミニトマトの離乳食レシピ

ミニトマトにはリコピンと言う栄養素が含まれています。リコピンは抗酸化作用といって …

食材からしか摂取できない必須アミノ酸を多く含んだ白身魚の離乳食レシピ

離乳食はいつごろからどんな食材を食べさせたらいいのか判断が難しいですよね。今回は …

卵で免疫力アップも期待できる!?卵の離乳食レシピ

卵は黄色が鮮やかで料理を華やかにしてくれる食材です。卵には筋肉などを作る上で欠か …

大人向けの食材として活躍することの多いカツオ!実は離乳食にも!カツオの離乳食レシピ

赤身魚のカツオは、タタキや刺身で食べることが多いことから大人向けの魚だというイメ …

鮮度がいいうちに調理するのがコツ!インゲンの離乳食レシピ

一見、離乳食に使用するのは難しいそうなイメージがあるインゲン。インゲンは食物繊維 …