ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ベーキングパウダーは離乳食に使用できる?ベーキングパウダーを使った離乳食レシピ

   

ベーキングパウダーはパンケーキや蒸しパンなどを作る際によく使われる材料です。ふくらし粉とも呼ばれ、小麦粉を使用したお菓子をふわふわに膨らませる効果があります。

ベーキングパウダーは重曹や酒石酸、ミョウバンなどを原料としています。水を加えると炭酸ガスが発生し、加熱するとこの炭酸ガスが生地を膨張させてくれます。

ベーキングパウダーは甘いお菓子に入っていることが多く、赤ちゃんにはよくないイメージがあるかもしれませんが、上手に使えば実は離乳食にも取り入れることができます。

どのように気をつけながら赤ちゃんに食べさせればよいのかを見ていきましょう。

ベーキングパウダーを使った離乳食はいつから食べさせれば大丈夫?

ベーキングパウダーは生後9~11ヶ月の離乳食後期頃から食べさせることができます。

ベーキングパウダーの原材料の中にはデンプンが含まれていますが、このデンプンはコーンスターチの場合と小麦デンプンの場合があります

小麦デンプンを使用しているものの場合、小麦アレルギーを引きおこす可能性があるので表示をよく確認しましょう。表示がない場合はメーカーに問い合わせるとよいかもしれません。

小麦アレルギーの不安がある場合は前もってかかりつけの医師に相談をするとより安心です。

ベーキングパウダーを使った離乳食の保存と冷凍は可能?

ベーキングパウダーは長期間保存できる食品です。開封後は冷蔵庫に入れて保存しましょう。湿気を帯びると劣化が進んでしまうので、密閉できる保存袋に入れておくとより安心です。

ベーキングパウダーは開封して空気に触れると化学反応をおこし、膨らませる効果が少しずつなくなってきてしまいます。そのため早めに使い切るようにして下さい。

冷凍庫で保存をするとドアを開閉する時に生じる温度変化が大きいため、結露をしてしまう可能性があります。

ベーキングパウダーが劣化してしまう原因にもなるため、冷凍庫での保管は避けましょう。ベーキングパウダーを入れて作ったパンケーキや蒸しパンは冷凍保存することができます。

ベーキングパウダーを使った離乳食の簡単レシピ

ベーキングパウダーを使った離乳食後期レシピ

ふわふわ人参パンケーキ

材料
  • 強力粉70g
  • ベーキングパウダー3g
  • 卵1個
  • 牛乳50cc
  • 人参20g
作り方
  1. 人参は皮を剥き、細かいみじん切りにする。
  2. 耐熱皿に人参と水小さじ1(分量外)を入れ、ラップをして電子レンジで柔らかくなるまで加熱する。
  3. ボウルに卵を入れて泡だて器でよく混ぜる。
  4. 強力粉とベーキングパウダーを加えて混ぜ、さらに牛乳と人参を加えて混ぜ合わせる。
  5. フライパンに1口大に流し入れ、両面をこんがりと焼き上げて出来上がり。

バナナ蒸しパン

材料
  • 薄力粉75g
  • ベーキングパウダー小さじ1
  • 卵1個
  • 無糖ヨーグルト50g
  • 植物油大さじ1/2
  • バナナ1/3本
作り方
  1. バナナは皮を剥き、細かく刻んでおく。
  2. ボウルに薄力粉とベーキングパウダーを入れ、泡だて器で軽く混ぜる。
  3. 卵・無糖ヨーグルト・植物油・バナナを加え、よく混ぜ合わせる。
  4. カップに入れてフライパンに並べる。水を2cm程度入れて蓋をする。
  5. 強火で加熱し、沸騰したら中火にして10分ほど蒸し上げる。ふわふわに膨らんだら出来上がり。

豆腐とほうれん草のパン

材料
  • 絹ごし豆腐100g
  • 薄力粉150g
  • ベーキングパウダー小さじ1
  • 植物油大さじ1
  • ほうれん草20g
作り方
  1. 鍋に湯(分量外)を沸かし、ほうれん草を茹でる。細かく刻んでおく。
  2. ボウルに絹ごし豆腐と植物油を入れ、泡だて器で滑らかになるまで混ぜる。
  3. 薄力粉・ベーキングパウダー・ほうれん草を加え、ゴムベラで混ぜ合わせる。
  4. 5等分にしてフライパンに並べる。
  5. 蓋をして弱火で20分ほど蒸すように焼き上げて出来上がり。

べーキングパウダーを使った離乳食を作るコツは?

ベーキングパウダーを入れて作った生地は時間が経つと膨らみにくくなってしまいます。そのため焼く直前に生地を作るようにしましょう。

ベーキングパウダーには焼きミョウバンと呼ばれる物質が含まれるものがあります。

焼きミョウバンにはアルミニウムが含まれ、摂りすぎると膀胱や腎臓の機能障害をおこす危険性があります。またアルツハイマー病を引きおこす可能性も指摘されています。

離乳食で使用する際は「焼きミョウバン不使用」や「アルミフリー」と表示があるものを選ぶとより安心です。

ベーキングパウダーを使って離乳食に応用を効かせよう

ベーキングパウダーはパンケーキや蒸しパンをふわふわに膨らませてくれる効果があり、とても重宝する材料です。

小麦デンプンを使用しているものもあるので、小麦アレルギーの心配がある場合は注意が必要です。また離乳食で使う際は「焼きミョウバン不使用」「アルミフリー」と表示のある製品を選ぶようにするとより安心です。

ベーキングパウダーを上手に取り入れて、赤ちゃんとバリエーションのあるおいしい食事を楽しんでくださいね。

  関連記事

風邪を引いてしまったときにも効果的!?梨の離乳食レシピ

夏から秋にかけて甘みが増してグッと美味しくなる「梨」。シャリシャリして瑞々しい梨 …

記憶力や学習能力を高める効果もあるしらすの離乳食レシピ

食卓にもよく出るシラス。ご飯にかけるだけでも美味しく食べられ、キュウリなどの野菜 …

栄養価も高くどんなジャンルも幅広く楽しめる玉ねぎの離乳食レシピ

玉ねぎはとても身近な食材で、スーパーに行けば年中必ず置いてある食材です。炒め物、 …

夏が旬のナス!手軽の購入できて栄養価も抜群!ナスの離乳食レシピ

ナスは7から9月にかけて旬を迎える野菜です。低タンパク・低カロリーで、そのほとん …

子どもを守るためには放射能の予防が大事!食べ物にも気を付けて!

放射能は目に見えないため、漠然とした恐怖を感じている方も多いことでしょう。福島第 …

缶詰のものでも使用できる?アレルギーに注意しながら食べたい桃の離乳食レシピ

6月頃から9月頃に旬を迎える桃は、みずみずしてくてふっくらと柔らかく、優しい甘み …

秋が旬の魚!サンマが赤ちゃんの健康にもたらす効果とは?離乳食で活用する方法とは!?

離乳食のトレーニングは、ゆくゆくは大人と同じ食事を摂取することにあります。できる …

アレルギーの発生も予防してくれる!?夏に果物ぶどう離乳食レシピ

夏から秋にかけて旬を迎える「ブドウ」。甘みが強く、プルプルとした食感も美味しいブ …

ビタミンCたっぷりだけど離乳食に使用できる?レモンの離乳食レシピ

離乳食が進むにつれていろいろな食材を試していき、食べられるものが増え野菜類が試し …

アレルギーの心配も少ないカブは初めての野菜チャレンジにも!カブの離乳食レシピ

冬に旬を迎える「カブ」。茹でると柔らかくなり、甘みも増してとても美味しい食材です …