ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ベーキングパウダーは離乳食に使用できる?ベーキングパウダーを使った離乳食レシピ

   

ベーキングパウダーはパンケーキや蒸しパンなどを作る際によく使われる材料です。ふくらし粉とも呼ばれ、小麦粉を使用したお菓子をふわふわに膨らませる効果があります。

ベーキングパウダーは重曹や酒石酸、ミョウバンなどを原料としています。水を加えると炭酸ガスが発生し、加熱するとこの炭酸ガスが生地を膨張させてくれます。

ベーキングパウダーは甘いお菓子に入っていることが多く、赤ちゃんにはよくないイメージがあるかもしれませんが、上手に使えば実は離乳食にも取り入れることができます。

どのように気をつけながら赤ちゃんに食べさせればよいのかを見ていきましょう。

ベーキングパウダーを使った離乳食はいつから食べさせれば大丈夫?

ベーキングパウダーは生後9~11ヶ月の離乳食後期頃から食べさせることができます。

ベーキングパウダーの原材料の中にはデンプンが含まれていますが、このデンプンはコーンスターチの場合と小麦デンプンの場合があります

小麦デンプンを使用しているものの場合、小麦アレルギーを引きおこす可能性があるので表示をよく確認しましょう。表示がない場合はメーカーに問い合わせるとよいかもしれません。

小麦アレルギーの不安がある場合は前もってかかりつけの医師に相談をするとより安心です。

ベーキングパウダーを使った離乳食の保存と冷凍は可能?

ベーキングパウダーは長期間保存できる食品です。開封後は冷蔵庫に入れて保存しましょう。湿気を帯びると劣化が進んでしまうので、密閉できる保存袋に入れておくとより安心です。

ベーキングパウダーは開封して空気に触れると化学反応をおこし、膨らませる効果が少しずつなくなってきてしまいます。そのため早めに使い切るようにして下さい。

冷凍庫で保存をするとドアを開閉する時に生じる温度変化が大きいため、結露をしてしまう可能性があります。

ベーキングパウダーが劣化してしまう原因にもなるため、冷凍庫での保管は避けましょう。ベーキングパウダーを入れて作ったパンケーキや蒸しパンは冷凍保存することができます。

ベーキングパウダーを使った離乳食の簡単レシピ

ベーキングパウダーを使った離乳食後期レシピ

ふわふわ人参パンケーキ

材料
  • 強力粉70g
  • ベーキングパウダー3g
  • 卵1個
  • 牛乳50cc
  • 人参20g
作り方
  1. 人参は皮を剥き、細かいみじん切りにする。
  2. 耐熱皿に人参と水小さじ1(分量外)を入れ、ラップをして電子レンジで柔らかくなるまで加熱する。
  3. ボウルに卵を入れて泡だて器でよく混ぜる。
  4. 強力粉とベーキングパウダーを加えて混ぜ、さらに牛乳と人参を加えて混ぜ合わせる。
  5. フライパンに1口大に流し入れ、両面をこんがりと焼き上げて出来上がり。

バナナ蒸しパン

材料
  • 薄力粉75g
  • ベーキングパウダー小さじ1
  • 卵1個
  • 無糖ヨーグルト50g
  • 植物油大さじ1/2
  • バナナ1/3本
作り方
  1. バナナは皮を剥き、細かく刻んでおく。
  2. ボウルに薄力粉とベーキングパウダーを入れ、泡だて器で軽く混ぜる。
  3. 卵・無糖ヨーグルト・植物油・バナナを加え、よく混ぜ合わせる。
  4. カップに入れてフライパンに並べる。水を2cm程度入れて蓋をする。
  5. 強火で加熱し、沸騰したら中火にして10分ほど蒸し上げる。ふわふわに膨らんだら出来上がり。

豆腐とほうれん草のパン

材料
  • 絹ごし豆腐100g
  • 薄力粉150g
  • ベーキングパウダー小さじ1
  • 植物油大さじ1
  • ほうれん草20g
作り方
  1. 鍋に湯(分量外)を沸かし、ほうれん草を茹でる。細かく刻んでおく。
  2. ボウルに絹ごし豆腐と植物油を入れ、泡だて器で滑らかになるまで混ぜる。
  3. 薄力粉・ベーキングパウダー・ほうれん草を加え、ゴムベラで混ぜ合わせる。
  4. 5等分にしてフライパンに並べる。
  5. 蓋をして弱火で20分ほど蒸すように焼き上げて出来上がり。

べーキングパウダーを使った離乳食を作るコツは?

ベーキングパウダーを入れて作った生地は時間が経つと膨らみにくくなってしまいます。そのため焼く直前に生地を作るようにしましょう。

ベーキングパウダーには焼きミョウバンと呼ばれる物質が含まれるものがあります。

焼きミョウバンにはアルミニウムが含まれ、摂りすぎると膀胱や腎臓の機能障害をおこす危険性があります。またアルツハイマー病を引きおこす可能性も指摘されています。

離乳食で使用する際は「焼きミョウバン不使用」や「アルミフリー」と表示があるものを選ぶとより安心です。

ベーキングパウダーを使って離乳食に応用を効かせよう

ベーキングパウダーはパンケーキや蒸しパンをふわふわに膨らませてくれる効果があり、とても重宝する材料です。

小麦デンプンを使用しているものもあるので、小麦アレルギーの心配がある場合は注意が必要です。また離乳食で使う際は「焼きミョウバン不使用」「アルミフリー」と表示のある製品を選ぶようにするとより安心です。

ベーキングパウダーを上手に取り入れて、赤ちゃんとバリエーションのあるおいしい食事を楽しんでくださいね。

  関連記事

消化がよくないので調理と量に注意しながらめかぶを楽しもう!めかぶの離乳食レシピ

離乳食を日々作っているすべての方へ。毎日の離乳食作りは、想像以上にレシピを考える …

濃厚な味わいが特徴のメカジキの離乳食レシピ

旨味や甘味があり、濃厚な味わいが特徴のお魚、「メカジキ」。メカジキは別名「カジキ …

赤ちゃんの貧血対策にも効果的!鉄分がたっぷり含まれた鶏レバーの離乳食レシピ

赤ちゃんは生後8~9か月頃になると、鉄分が不足しやすくなると言われています。その …

疲労回復効果も高いアスパラガスの離乳食レシピ

春から初夏にかけて旬を迎える「アスパラガス」。歯ごたえがあって彩りもキレイなアス …

大人向けの食材として活躍することの多いカツオ!実は離乳食にも!カツオの離乳食レシピ

赤身魚のカツオは、タタキや刺身で食べることが多いことから大人向けの魚だというイメ …

夏バテ予防にも効果的!?食虫などの心配は?じゃがいもの離乳食レシピ

年中食べられて、いろんな使い方の出来る「じゃがいも」。安くて美味しい、子どもから …

忙しい時でも時短料理ができるスープ離乳食のレシピ

離乳食も最初のお粥に慣れてきたら、次は野菜にステップアップしていきましょう。野菜 …

パン粥レシピに挑戦して、定番離乳食のおかゆからマンネリ解消!

赤ちゃんに食べさせる離乳食の主食といえばおかゆが定番ですが、毎日のメニューがおか …

暖かくなる季節に向けてお弁当メニューで食中毒の心配は大丈夫?食中毒対策に最適なお弁当レシピは?

暖くなってくると心配になるのが、食中毒です。特にお弁当は湿気が溜まりやすく雑菌に …

苦味の強いピーマンは栄養も満点で風邪防止にも役立つ、ピーマン離乳食レシピ

緑色が美しく夏になると旬を迎える「ピーマン」。ピーマンにはミネラルやビタミン類、 …