ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

アレルギーに注意!卵を使った離乳食の進め方とは?

   

初めて赤ちゃんに卵を食べさせる時にはどんなことに注意すればいい?

0913bf3733bc7b8ca2c422eeced8723b_s

離乳食を始める際には注意しておかなければならない食材があります。それは、アレルギーが出やすいものです。中でも気をつけなければならないのが卵で、卵を使った離乳食を作る際にはアレルギーの心配をしなければなりません

特に子どもの食物アレルギー反応が出やすいと言われるを始めるときは、どのように進めるのが良いのか悩みがつきものです。

卵といえば非常に栄養価が高いことから積極的に取り入れようと思っていた方もいるかもしれませんが、今回ご紹介する卵の離乳食の進め方を参考にしながら安全に取り入れてみてくださいね。

ここではアレルギーが心配される食材や、離乳食で卵を始めるときにはどんなことに気を付けて、どのように与えたらよいのかを紹介したいと思います。

離乳食でいつから卵を使用しても大丈夫?

離乳食で卵を使い始めるのに適している時期は、離乳食を生後5~6ヶ月頃からスタートさせたとして、卵黄をはじめるのが生後7ヶ月頃、そして卵白をはじめるのが生後9ヶ月頃が良いとされています。

卵料理はアレンジがききますし、彩も豊かになるので、離乳食のレパートリーを増やすためにも早く使いたいと感じることもありますが、アレルギー反応が出やすい食材なので安易に与えてはいけないのです。

また、最初に卵を与えるときは、卵を使用したお料理ではなくでも大丈夫です。卵を使用した加工品、子ども用のボーロはお勧めです

混ぜられているということで、少量を与えることができるので一粒与えてアレルギー反応がないかどうか様子を見ることができますし、お手軽です。

白身と黄身はどちらから与えるべき?

卵といえば卵黄と卵白がありますが、それぞれで与え始めても良い時期が違います。というのも、それぞれ消化のしやすさに違いがあるからです。卵黄に比べると卵白の方は消化されにくく、アレルギー反応も出やすいのでまずは卵黄から食べさせてみましょう。

卵の離乳食の進め方では固ゆで卵の状態にし、卵黄だけを食べさせるのですが、最初はとにかく少量から始めることが大切です。耳かき一杯程度を目安にすると良いですね。

その時にすぐに反応がなくても、後からアレルギー反応が出てしまうことがあるため追加で与えるのは避けましょう。

卵白については卵黄が問題なく食べられるようになってから、1ヵ月以上後に食べさせます。こちらも耳かき一杯程度から挑戦しましょう。

そのまま与えるのではなく、越したものをスープなどにまぜて与えるのがおすすめです。

卵黄も卵白もアレルギー反応が出ることなく食べることができれば、全卵を使った離乳食を作って食べさせてあげることができます。朝食のメニューの一品が増え、お弁当を持ってお出かけしても食べられるものが増えるはずです。

また、アレルギー反応が出たとしても徐々に症状が改善されることも多々ありますので、アレルギー専門医にかかり指示を仰ぐとよいでしょう

はじめて卵を与えるときのポイントは?

はじめて離乳食で卵そのものを与えるときは、他の食材と混ぜた離乳食ではなく、固ゆでしたゆで卵の卵黄部分をほんの少しだけ与えるようにします。

大人は何気なく食べている食材の卵ですが、子どもにとって卵はそのくらい慎重に与えなくてはいけない食材です

生卵には注意が必要

また、火が完全に通っていない卵料理は子どもに向いていません。半熟のゆで卵はおいしいですが、子どもがお腹を壊してしまう原因にもなりますので、離乳食や幼児食の間はしっかりと火を通した卵を食べさせるようにしましょう。

ゆで卵が食べられるようになったのであれば、生卵も良いのでは?と考えてしまう方もいるかもしれませんが、生卵は1歳をすぎるまでおすすめできません。

そして少し卵黄を与えてアレルギー反応が出なかったからといって、毎食卵を与えるのはやめましょう。

確かに卵黄を食べてアレルギー反応は出ませんでしたが、慣れていない食材を連続して食べることはやっぱり子どもにとっては負担になります。一日置きくらいの間隔で、少しづつ食材に慣らしてあげるようにするとよいでしょう

離乳食で卵を始める際の注意点は?

離乳食で卵を始めるときは、平日の午前中の時間に食べさせると良いです。卵に限らずアレルギーが気になる食材に共通することですが、もしも子どもが卵を食べてアレルギー反応が出てしまった時、すぐに病院に連れて行くことができるからです。

もちろん、かかりつけの小児科の診療時間はそれぞれ異なると思いますので、チェックしてから始めるとよいでしょう。いくら手順を守って卵を始めたからといっても、アレルギー反応が出てしまった場合、その症状は子どもによって異なります。

口の周りが少し赤くなったけれど、時間が経ったら消えてなくなったというような軽い症状もあれば、重い症状が出てしまう子どももいます。

症状によっては病院での処置が必要になることもありますし、心配な症状が出た時に、小児科に相談ができるというのは大きな安心感につながります。どの日、どの時間に始めるかが注意点です

また、離乳食に注意していたとしても市販のお菓子の中に卵が含まれているものもあるためこちらも気をつけておく必要があります。幼児向けに作られたお菓子の中には卵黄のみを使って作られているものもあるのですが、まだ卵白に挑戦していない段階でこういったお菓子を取り入れるのは危険です。

いくら卵黄のみを使っているといっても製造過程で多少の卵白が入ってしまうことは防げないでしょう。卵を使ったお菓子を食べさせるのは卵黄と卵白の両方が食べられるようになってからにしたほうが安心です

大人はなにも気にせずにたくさん食べている卵ではありますが、アレルギーが出やすい食材であるということを十分に理解した上で取り入れましょう。

安全に配慮しながら卵デビューをしよう

卵が食べられると食事のバリエーションも増えますし、栄養もよりたくさんとれるようになります。しかし、卵はアレルギー反応が出やすい食材なので必ず安全に配慮をして始める必要があります。

また、卵アレルギーを持っている子どもは多いので、アレルギー反応が出てしまったからといって落ち込むことなく、子どもに合った対策を専門医と共に考えていくとよいでしょう

ママの緊張感は子どもにも伝わりますので、おおらかな気持ちで卵デビューできると良いですね。

  関連記事

甘みのある食材と合わせても美味しいたらの離乳食レシピ

離乳食もお粥や野菜に慣れてきて1か月くらい経てば、タンパク質源に挑戦し始めます。 …

大人向けの食材として活躍することの多いカツオ!実は離乳食にも!カツオの離乳食レシピ

赤身魚のカツオは、タタキや刺身で食べることが多いことから大人向けの魚だというイメ …

魚アレルギーの怖い症状!白身?赤身?魚卵は?離乳食も注意

私たち日本人にとって、とても身近な食材である「魚」。魚は健康的にとても良い食材で …

離乳食でいちごを使ってよい時期は?おすすめレシピはある?

春に旬を迎えるいちごは、子どもが大好きなフルーツの一つです。離乳食を始めた赤ちゃ …

フランスパン・バケットは離乳食に利用できる?フランスパン・バケットの離乳食レシピ

子どもの離乳食作りは手間がかかりますし、食べてくれたり食べてくれなかったりと色々 …

自然の甘みで赤ちゃんを喜ばせよう!果物がたくさん入った離乳食レシピ

生後5カ月~6カ月頃に始める離乳食。初めての食材を赤ちゃんが食べてくれるかどうか …

安くて栄養価も高い!モロヘイヤの離乳食レシピ

7~8月の夏に旬を迎える「モロヘイヤ」。栄養価が高く、安くて嬉しい食材です。青菜 …

はじめての保育園デビュー!おすすめのお弁当レシピとは?作り方のコツや注意点は?

子供が大好きなママ・パパからのお弁当、見た目や栄養バランスに気を付けて、おいしく …

赤ちゃんの離乳食に朝ごはんは必要?朝ごはんを始める時期や与える時のコツは?

月齢5ヶ月から6ヶ月にもなれば、そろそろ離乳食のスタートです。育児書をバイブルに …

離乳食にはたんぱく質が必須!たんぱく質がもたらす効果とは?

赤ちゃんにとって完全栄養食から離乳する段階は、成長への第一歩です。母乳には、鉄分 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss