ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

血液検査でC型肝炎に感染していることが判明!胎児への影響は?

   

c8694082c15f598d57f4741417a58103_m1

妊婦健診では、定期的に血液検査を行っています。これは、お腹の赤ちゃんが健康に発育するのに不可欠なママの血液の状態を、チェックすることが目的です。

そして、血液検査をしたことで、ママが自覚していなかった病気を見つけることにも一役買っています。そのため、妊婦健診をきっかけに病気を知るママも少なくありません。

C型肝炎も、お腹の赤ちゃんへの感染が心配されるため、検査項目に含まれています。もしママがC型肝炎だった場合、お腹の赤ちゃんにどんな影響があるのかについて、紹介します。

C型肝炎ってどんな病気?症状は?

C型肝炎ウイルスに感染することで、肝臓に炎症がおこる病気のことをいいます。C型肝炎ウイルスに感染しても、約30%の人は治癒してウイルスは体内に残りません。その場合は、お腹の赤ちゃんへの母子感染を含めて、他人にうつす心配はありません。

ですが、約70%は「C型ウイルス持続感染者(HCVキャリア)」となります。治療せずに放置すると、軽度な肝機能低下が長く続く慢性感染を発症し、その後肝硬変や肝臓がんに移行するケースが多いです。

C型肝炎に感染しても、ほとんどが自覚症状に気づかないほど軽く、発熱や全身倦怠感、黄疸といった急性肝炎を発症することはありません。そのため、自分がHCVキャリアである自覚がないまま、妊娠するママも少なくないのです。

ママがC型肝炎にかかっている場合、赤ちゃんへの影響は?

ママがC型肝炎に感染したとしても、お腹の赤ちゃんの成長に影響を与えることは、ほとんどありません。胎盤経由あるいは出産の時に母子感染する確率も、約10~20%ほどといわれています。

その多くは、産道感染といわれているので、帝王切開を勧めるお医者さまもいるようです。ですが、帝王切開でも母子感染のリスクはありますし、赤ちゃんに感染しても3歳までに自然治癒する可能性も残されています。

また、出産後に母乳を飲ませることでC型肝炎に感染するリスクは上がらないといわれていますので、母乳育児を諦める必要もないでしょう。C型肝炎の感染経路は、血液です。唾液や汗、性交渉などから感染することはありません。感染がわかったらすぐに、治療を始めましょう。

赤ちゃんへの感染はいつわかる?治療を始めるタイミングは?

妊娠中、ママのC型肝炎の抗体は、胎盤を通してお腹の赤ちゃんにも移行します。ママから移行した抗体は、生後12ヵ月程度まで赤ちゃんに残っているので、その間に検査をしても、感染の有無を確かめることはできません。

また、前述したように感染しても3歳までに自然治癒するケースも多いので、そのころを目安に検査をしてみましょう。生後2~3ヵ月でも血液検査は受けられますが、治療を始めるのは3歳以降になります。

治療にはインターフェロン療法が用いられますが、免疫や炎症の調節に働きかける薬なので、高熱などの副作用が表れることがあるため、お医者さまの管理下での治療が必要です。C型肝炎の約半数は、インターフェロン療法でウイルスがなくなるとされています。

C型肝炎への感染がわかったら注意事項を守ろう!

ママがC型肝炎に感染していても、母乳育児や赤ちゃんとのスキンシップを行うことに制約はありません。ただし、血液を介して感染するリスクは、生涯あります。HCVキャリアであるママの血液が触れないように、生活の中で注意しましょう。

具体的にはハブラシを共有しない、産後の悪露や生理中のナプキンなどの処理、血液のついたインナーなどは、他の家族が触れないように注意してください。また、服薬などの治療については、お医者さまの指示に従うようにしましょう。

  関連記事

止まらない食欲あるいは減退!妊娠初期の食欲対策はどうすればいい?

ママが妊娠に気づかない超初期の段階から、食欲不振になったり、逆にアップしてしまう …

妊娠中に気をつけたいサイトメガロウイルスってどんなもの?

妊娠中の感染に注意しなくてはならないウイルスの1つがサイトメガロウイルスです 日 …

妊娠中にまつげエクステをしても大丈夫?注意点はあるの?

妊娠中は肌が敏感になるので、メイクが辛いと感じる女性が多いものです。また、出産後 …

完全流産って何?次の妊娠に影響するの?

流産とは、妊娠22週未満で妊娠が中断してしまうことをいい、全妊婦さんの約15%に …

むくみやすくなる妊娠15週目!早いと胎動が感じられる人も

妊娠15週の特徴は?突然の鼻血や身体のむくみの対処法についてもご紹介! 胎盤が完 …

妊娠中の浮気が発生する原因と予防方法

妊娠をしたからといって旦那さんをおろそかにしてしまうと浮気の危険性が… 妊娠中と …

妊娠中の「安静に」ってどういうこと? 過ごし方は?

妊娠中の状態によっては、医師から安静にするよう言われることがあります。では、「安 …

思い通りの出産を行うためにも!適切な病院の選び方とは?

どんな出産を望むかで、選ぶ産院も変わります 一口に「産院」と言っても、3種類の産 …

妊娠中の飛行機利用は何をどう気をつければいいの!?

妊婦さんによる飛行機の利用についてお話しします! 「妊娠中、飛行機は避けた方がい …

妊娠初期の過ごし方はどうする?その注意点とは?

妊娠をすると体調が変化しやすくなる!妊娠初期に気をつけることをチェック 厚生労働 …