ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

尖圭コンジローマってどんな病気?お腹の赤ちゃんへの影響は?

   

妊婦健診で行われる血液検査に、性病の検査項目が含まれているのは、妊娠中あるいは出産時の母子感染リスクを、最小限にするためです。「尖圭コンジローマ」も、母子感染の可能性が高い病気の一つです。

そこで、尖圭コンジローマとはどんな病気なのか、原因や症状、妊娠中に感染した場合の胎児や出産への影響、治療法、注意点などについて紹介します。

尖圭コンジローマは性感染症の一種なので、ママだけでなく、パパも症状のチェックや場合によっては治療が必要になることも、覚えておきましょう。

尖圭コンジローマって、どんな病気なの?

尖圭コンジローマとは、性器や肛門の周りにイボができるという病気で、HPV(ヒトパピローマ)ウイルスに感染することでおこります。性感染症の中でも性器ヘルペスウイルス感染症や淋菌感染症、性器クラミジア感染症などに続いて、感染者の報告が多い病気で、患者さんの大半が10代後半から30代となっています。

性交渉の経験がある人なら、誰もが感染・発症する可能性を抱えているといっても、過言ではないでしょう。HPVウイルスは、性交渉やそれに類似する行為によって、皮膚や粘膜にある小さな傷から侵入します。

感染後、3週間から8ヵ月ほどの潜伏期間を経て発症します。また、尖圭コンジローマはパートナーも同時に感染していることが多く、妊婦健診で感染が告げられた時にはパパも検査を受けることを勧められます。

尖圭コンジローマに感染すると、どんな症状が出るの?

女性が尖圭コンジローマに感染すると、大小陰唇や膣前庭、肛門の周り、肛門内、膣、子宮頚部などにイボが発生します。イボは白やピンク、褐色、黒色と個人差があり、大きさも1~3mm前後のものから数cmまで様々です。

イボの形状は乳頭状や鶏のトサカのようなもの、カリフラワーに似たものなどいろいろです。人によっては、かゆみや痛みが伴うこともあります。男性の場合は、主に亀頭や陰茎、肛門の周りや肛門内、包皮の内側や陰のうなどにイボができます。

もし、パパとママのどちらかが感染者だった場合、同時に治療を受けなければ、お互いに移し続けることになります。もし尖圭コンジローマの感染がわかっているなら、直してから子作りすることをおすすめします。

妊娠中に尖圭コンジローマに感染したら、お腹の赤ちゃんへの影響は?

尖圭コンジローマの治療は、患部への薬の塗布と外科治療の二種類があります。妊娠中のママの患部が目に見えるところだった場合には、治療を行うことができます。

ですが、産道や子宮頚部にイボができている場合は、治療で完治できないこともあります。出産時に赤ちゃんがイボに触れると、母子感染する可能性が高いです。お医者さまによっては、そうした感染リスクを避けるために、帝王切開を勧めることもあります。

尖圭コンジローマにママが感染したことで、赤ちゃんの成長や障害に影響を与えることはありませんが、出産で母子感染すると喉頭乳頭腫を引きおこす可能性が残ります。きちんと経過観察をして、出産方法についても検討することをおすすめします。

尖圭コンジローマの予防や再発防止を心がけよう!

尖圭コンジローマを予防するには、性行為やそれに類する行為を行う時に、必ず避妊具を使うのが一番です。ですが、これでは赤ちゃんを授かることはできません。子どもが欲しいと思ったら夫婦で性病検査を受け、もし尖圭コンジローマに感染していたら、一緒に治療を受けるのが基本です。

そして一度治ったら、感染者と接触をしないのはもちろん、ウイルスに対抗できるよう免疫力を高める生活を心がけましょう。疲れやストレスをためない、体力をアップすることも再発防止に有効です。

  関連記事

専業主婦に憧れを抱いている全ての女性に知っておいてほしいこと

専業主婦には専業主婦の悩みがある!どちらが自分に向いている? 兼業主婦として働い …

B型肝炎を妊婦健診で調べるのはどうして?感染してしまったらどうしたらいい?

B型肝炎は妊婦さんが感染すると赤ちゃんにも感染してしまいます 妊婦健診の中で、B …

妊娠中に注意すべきタンパク尿とは?症状や対策について理解しよう

タンパク尿が出てしまった場合早めに対策を取らなければなりません! 妊娠中はタンパ …

妊娠検査薬で陽性反応!産婦人科と婦人科どこに行けばいい?違いは?

妊娠検査薬で陽性反応が出た際に多くの人が迷ってしまうのが、産婦人科と婦人科のどち …

妊娠初期に電磁波を受けるのは悪影響を及ぼす?こたつは控えた方がいいの?

妊娠すると気になってくるのが、「電磁波」の影響です。電磁波というのは目に見えない …

ホルモン剤であるエストリオールって、どんな薬?

不妊治療で処方されるホルモン製剤の一つに、「エストリオール」があります。では、数 …

デング熱とはどういった病気?妊婦や赤ちゃんが感染したらどうなるの?ハッカ油を使った虫よけ対策方法も教えます!

テレビでも騒がれたデング熱について詳しく知りましょう テレビなどでもかなり話題に …

妊婦健診は実際にはどんなことをするの?内容や費用はどのくらい?回数や頻度は決まっているの?

はじめての妊婦健診。どんなものなのかちょっと不安… 妊娠が判明すると、妊婦健診を …

マタニティマークはどこでもらえる?マークをつけることで危険な目にあうことも!?

マタニティマークの配布場所やカバンなどにつける際の注意点とは? 出典:厚生労働省 …

進行流産が妊娠初期におこるって聞くけどどんな状態?原因と処置方法を教えて!

流産とは、妊娠22週未満までに妊娠が終了してしまうことをいい、妊娠した女性の約1 …