ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中に運転しても大丈夫…だけど守ってほしいコトがあるんです!気を付けるべき行動や時期など

   

妊娠していても、車が必須の地域に住んでいたり、上の子や夫の送迎で車を運転しなくちゃいけないことはありますよね。一般的には妊娠しているからと言って、車を運転してはいけない、という決まりはありません。

しかし、妊娠中の運転、となると「控えた方がいい」という意見が多いのも確かです。それはどうしてなのか、妊婦さんの運転について時期ごとに気を付けるべき・守るべきことや対策などについてまとめました。

妊娠中の運転、控えた方がいい理由はやはり“体調管理の難しさ”!

車の運転は、非常に頭や気を使う行為です。周囲の状況、自分の位置など複数の情報をきちんと理解して動かす冷静さがないと、大きな事故につながりかねません。そのため、体調が悪い時や寝不足の時はどんな人でも運転をしないように指導されますよね。

しかし、妊娠していると、基本的には「体調不良」なのです。常にだるくて頭がぼーっとしていたり、熱っぽかったり、頭痛や腰痛に悩まされたり…。また、「今日は調子がいい!」と感じていたとしても、ふとした拍子に気分が悪くなる、ということもありますよね。

妊娠中は、一定の体調を管理するのがきわめて難しい時期。そのため、ちょっとした体調の変化に対応できるように対策することが重要です。

妊娠初期の運転

つわりの時の運転は対策を

つわりは、ただでさえ気分が悪くなりがち。かなり重い人や、「今日はつわりがきついなあ」と感じるときは運転をしないようにしましょう。比較的軽い人でも、急に気持ちが悪くなったときのための対策を。もしレモンなど酸っぱいものですっきりするなら、レモン味のキャンディーやグミなどを常備しておきましょう。

初期は振動に注意

妊娠初期は流産に気を付けたい時期。初期の流産は胎児側に問題があることがほとんどとはいえ、やはりできれば避けたいですよね。ごつごつした石の道を通るのは避け、平坦な道を行くように。また、車そのものの振動が強すぎる場合は、なるべく乗らないで他の手段をとりましょう。

寝不足や眠りづわりの人はあきらめて

車の事故は、「眠くなってしまった」という原因でおきるものが非常に多いです。眠りというものはとても対処しづらく、また市販の眠気覚ましなどはカフェインが多量に含まれているので、妊婦さんは使用しないほうがいいのです。

妊娠中は寝不足に陥りやすく、いつもよりも昼間にふと眠くなってしまうことも多くなるので、そういった状況の時や眠りづわりの人は症状が治まるまで運転は控えましょう

妊娠中期の運転

妊娠中期は、安定期に入り、赤ちゃんも自分の体調も落ち着いてきたころ。そのため、運転しやすい時期といえます。ただし、少しずつお腹が目立ってきてちょっとした締め付けがきつかったり、シートベルトが苦しく感じてしまうことも。

マタニティ用のシートベルトを購入したり、腰骨のあたりで締めたりなど工夫をしましょう。また、胎動を感じ始めるころは、ついそちらに意識が向きがち。運転中の胎動でびっくりしてしまったり、逆に喜びのあまり気もそぞろ…なんてことにならないように、心構えをしていましょう。
 

妊娠後期の運転

お腹が大きいことによる弊害に注意!

妊娠後期になると、かなりお腹が出てきます。そのため、体も動かしづらく、また足元が見えないなどの危険もあります。お腹が大きいとハンドル操作にも影響が出て、車線変更がしづらくなったり、運転が乱れてしまったりすることが。

また後方確認などは体をよじる必要がありますが、思った以上に後ろを向けず、確認がおろそかになってしまう可能性も出てきます。乗っている際にこういった変化を感じた場合は、それ以降は運転を控えましょう。

臨月に入ったら運転はSTOP

いよいよ臨月になると、いつ赤ちゃんが生まれてもおかしくない時期です。なかなかないこととはいえ、運転中に産気づいてしまう可能性もないとはいえません。万が一運転中に陣痛がおきたり破水してしまったら、ほとんどの人が冷静ではいられないはず。

また、臨月には眠りが浅くなったり、トイレが近くなったり、足のむくみで感覚が鈍くなるなどの症状が出てきます。これらも運転には危険な症状なので、やはり臨月に入ったら運転をするのはやめておく方がよいでしょう。

他にも、運転は長時間行わず、近距離かつ短時間に留める、いつでも運転を交代できるように大人二人以上で乗る、急いで運転することのないように時間に余裕をもって行動する…など、気を付けたいことはいろいろあります。

でも一番大切なのは体に負担をかけないように運転するにはどうすべきかを自分で考えながら行動することです。妊娠中の女性の事故は、妊娠していない女性よりも4割多いという研究結果もあるといわれています。

大切な赤ちゃんと自分自身を守るために、けして無理はせず、常に冷静に判断できる状態を心がけて運転しましょうね。

  関連記事

プレママのお出掛けに!必須アイテム&便利グッズとは

プレママのバックに絶対準備しておきたいアイテムとは? 妊娠中でも、たまには気晴ら …

妊娠初期に出血、その原因とは?なかには大きなトラブルの兆候も

妊娠中は粘膜が充血しやすく、ちょっとした刺激でも出血が起こりやすい状態です。実は …

妊娠初期に茶色のおりものが出る原因と対処法とは?

茶色のおりものが正常かどうかをチェックする方法 妊娠初期に、これまで見たことがな …

エコー写真の正しい見方や、超音波検査の際に分かることとは?

妊娠中に赤ちゃんの姿を目で確認できるのが、産婦人科でもらうエコー写真です。これは …

妊娠初期に電磁波を受けるのは悪影響を及ぼす?こたつは控えた方がいいの?

妊娠すると気になってくるのが、「電磁波」の影響です。電磁波というのは目に見えない …

妊娠報告、会社にはいつどのようにするべき?チームや同僚、取引先へはいつ報告するのがいいの?

念願叶って妊娠したけれど、今までお世話になってきた会社へ妊娠報告をする際に、どの …

妊娠初期におこるつわりの原因は?いつからいつまで続くの?

つわりは妊娠初期に現れる体の不調のことで、人によって症状が現れる期間は異なります …

妊娠初期症状と妊娠5~15週の体調の変化、赤ちゃんの様子を時系列順にまとめました

・妊娠初期は気を付けたいことがたくさん!知っておきたい情報とは? ママの体の中で …

妊娠初期はそのまま仕事続けても大丈夫?つわり対策は?

現代の日本では、共働き家庭が専業主婦家庭を大幅に上回っています。そのため、働く女 …

妊娠初期の過ごし方はどうする?その注意点とは?

妊娠をすると体調が変化しやすくなる!妊娠初期に気をつけることをチェック 厚生労働 …