ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中はアロマの選び方や使い方に注意が必要って本当?

   

380cfa27d29b0d7a762c7ff36ae9d7fc_s

薬をできるだけ使いたくない妊娠中だからこそ、ヨーロッパで自然療法として取り入れられているアロマテラピーを試してみようと考えるママもいることでしょう。アロマの香りが心身のリラックスさせるなら、積極的に取り入れてみるべきです。

とはいえ、アロマの中には、お腹の赤ちゃんのために避けた方がよいものもあります。そして、使い方にも注意が必要です。そこで、妊娠中にアロマテラピーを取り入れる場合の使い方や注意点について、紹介します。

妊娠中のアロマの楽しみ方を覚えておこう

b38b809ebea047c8b40871c3c42def77_s

アロマテラピーを楽しむ方法には、オイルを焚くことでの「芳香浴」、お風呂にオイルを数滴落とす「アロマバス」、オイルを使った「アロママッサージ」などがあります。

妊娠初期にアロマテラピーを楽しもうと考えているなら、肌に直接触れるアロマバスやアロママッサージは避け、芳香浴することをおすすめします。これは、アロマオイルの中に生理を促したり、ホルモンに影響を与える作用があるものがあり、直接肌に触れた刺激で、お腹の赤ちゃんに影響が及ぶ可能性があるからです。

芳香浴であれば問題ありませんが、一日中アロマオイルを焚き続けるのは、身体によいとはいえません。妊娠初期にマッサージをしたい時には、キャリアオイルを使うようにしましょう。

妊娠中にも使用できるアロマオイルとは?

3fb0c11f094cb08dd29c278713474616_s

妊娠中にアロマテラピーを楽しむ時には、時期に合わせて、ママとお腹の赤ちゃんに影響がないものを選ぶのがポイントです。

妊娠中におすすめなアロマオイル

グレープフルーツ

気分の落ち込みをリフレッシュし食欲を抑制する

オレンジなどの柑橘系

リラックス効果が高くイライラを沈め殺菌効果もある

ネロリ

不安を取り除き乾燥を防ぐと共に妊娠線の予防にもよい

この他にも、以下のようなものがおすすめです。

  • 真正ラベンダー
  • タンジェリン
  • ティートリー
  • プチグレン
  • フランキンセンス
  • マンダリン
  • ユーカリ
  • レモン
  • ローズウッドなど

妊娠4ヵ月を過ぎてからは、イランイランやサンダルウッド、ゼラニウム、メリッサなども使用可能です。

妊娠中は避けた方がよいアロマオイルとは?

30acecdf8db8585eab8e8b265afbac55_s

妊娠中に避けた方がよいアロマオイルについては、専門家にも統一見解はないようです。ですが、生理を促す通経作用やホルモンの分泌を活発化させる働きを持つものは、避けた方が無難です。中でも絶対に避けてほしいのが、「ジャスミン」です。これは、子宮収縮を促す作用があります

この他に避けた方がよいアロマオイルは下記のようなものがあります。

  • アニシードやアーニカ
  • オリガナム
  • オレガノ
  • キャラウェイ
  • キャロットシード
  • クミン
  • クラチセージ
  • クローブ
  • シダーウッド
  • シナモン
  • ジュニパーベリー
  • スペアミント
  • セージ
  • タイム
  • ナツメグ
  • バジル
  • パセリ
  • ヒソップ
  • ペニーロイヤル
  • ベルガモット
  • ミルラ
  • レモングラス
  • レモンユーカリなど

効果が不透明なものは、避けるようにしましょう。

上手にアロマを取り入れて効果を引き出そう!

d89b6c9dbc6a69d7daef1a8ce33734b7_s

妊娠中はアロマオイルを直接肌につけるのではなく、芳香浴で楽しむのが基本となりますが、その際は濃度に注意を払う必要があります。10mlのベースオイルに、選んだ精油を1~2滴落とす程度の量で使うようにしましょう

妊娠中の辛い症状に効果的なアロマオイル

アロマオイルの中には、妊娠中におこる症状に効果があるとされるものもあります。たとえば以下のようなものがよいとされています。

こむらがえり

サイプレスやマジョラム

むくみ

グレープフルーツやサイプレス、ゼラニウム

分娩の促進や陣痛の痛みの軽減

クラリセージやジャスミン、ゼラニウム、ラベンダーなど

こうした効果を調べて、適切な時期に使うようにしましょう。

  関連記事

思い通りの出産を行うためにも!適切な病院の選び方とは?

どんな出産を望むかで、選ぶ産院も変わります 一口に「産院」と言っても、3種類の産 …

プチプラから人気ブランドまでマタニティウェアを選ぶならここ!

妊娠中でもおしゃれは忘れたくない! シンプルなものが多い印象のマタニティウェアで …

妊娠中のバランスのよい食事とはどんなモノ?積極的に食べた方がいい3つの栄養素をご紹介

妊娠中にどんな食べ物がお勧めでどんな栄養をとればいいのか知っておきましょう 妊娠 …

妊娠中に生卵を避けたほうがいいと言われる理由とは?サルモネラ菌の危険性について

妊娠中には生卵はNGとされていますが、その理由や心配されることとは? 妊娠中は様 …

胎盤とは?完成する時期や役割、健康的な胎盤を作る方法をチェック

胎盤といえば、赤ちゃんが健康的に育つために欠かせないものということは、多くの方が …

手術よりも妊娠中絶薬のリスクは低い?入手方法とは?

妊娠は必ずしも喜ばしいことだけではありません。身体的、あるいは経済的に事情がある …

淋病ってどんな病気?お腹の赤ちゃんに感染するの?

妊婦健診では、母子感染を避けるために、様々な項目の血液検査を行います。ですが、性 …

妊娠中の服薬の副作用としておこる、催奇形性と胎児毒性について

市販薬の注意書きを読むと、妊娠中の服用を控えるように明記されているものが多いと思 …

妊娠中絶薬は日本でも使える?インターネットで購入することはできるの?

妊娠は、人によっては喜ばしいことではないケースがあります。また望んでいても、産み …

妊娠初期のつわりを楽にするおすすめの食事方法とは?

待ちに待った妊娠。赤ちゃんに会えると思うと楽しみで仕方がありませんよね。しかし喜 …