ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中にマグロは禁止って本当?その理由は?

   

41e500d5820e022865562c10c6fde1a2_s

妊娠中は、刺身や生ものを避けるようにいわれています。それは、食中毒にかかるリスクと、そして魚に含まれている水銀の摂取を避けるためです。そのため、魚は加熱調理して食べることを奨励しているわけですが、中には妊婦さんに摂取する制限を設けている魚もあります。

その一つが、マグロなのです。ではなぜ、妊娠中はマグロを食べ過ぎない方が良いのでしょうか。食べ方や摂取量に気を付ければ、問題はないのでしょうか。そうした妊娠中のママの疑問にお答えします。

マグロを含めた魚からの水銀摂取の問題点

7f418be16ff229275d0670150ea529e0_s

DHAやたんぱく質が多く含まれている魚介類は、お肉と比べるとヘルシーで、妊娠中にも食べてほしい食材の一つです。ですが、魚介類の中にも摂取を控えた方がよい種類があります。それは、マグロやキンメダイといった遠海魚や深海魚です。これらの魚には、メチル水銀が含まれているからです。

メチル水銀は、大人であれば食べても体外に排出することができます。ですが、妊娠中のママの胎盤を通して、お腹の赤ちゃんにメチル水銀が運ばれてしまうと、それを体外に排出するのが難しく、神経障害や発達障害がおこるリスクを高めてしまうのです。

また、胎児のうちにメチル水銀を摂取すると、出生後に1/1000秒以下ではありますが、音に対する反応が遅れるという報告もあります。

なぜマグロを食べない方がよいのか

image_kids_03

 
メチル水銀は、自然界の中にあるもので、どの魚介類にも含まれているものです。ですが、マグロのように食物連鎖の上位にいる大きな魚は、小さな魚たちが食べる・食べられるという関係の中で蓄積されてきたメチル水銀を、自分の体内に留めておくことになります。

そのため、小さな魚よりもメチル水銀を多く含んでいるのです。こうした状況はマグロに限られるものではなく、キダイやキンメダイ、メカジキ、哺乳類のクジラなどにも、同じようにメチル水銀は多く含まれています

それにより、お腹の赤ちゃんを健康に出産するために、妊娠中は食べない方がよいとされています。そうした背景があることから、厚生労働省でも、マグロの食べ過ぎに対し、注意を呼びかけています。

マグロを食べる時に気を付けたいことは?

22d86ffa210f58ef0c61606266e6975d_s

とはいえ、妊娠中のマグロの摂取を禁止しているわけではありません。摂取量の目安を守ることで、メチル水銀がお腹の赤ちゃんに運ばれるリスクを減らすことはできます。

そこで、マグロを食べる時には、種類によってメチル水銀の含有量が異なるので、摂取量の目安を知り、適正な食べ方をするように心がけましょう。

メバチマグロ

1週間で80gまでが目安です。

クロマグロ

1週間で80gまでが目安の摂取量になります。

ミナミマグロ

1週間で160gまで食べることができます。

マグロ80gとは、お刺身なら1人前、切り身なら1切れ程度ですので、週に一度くらい食卓にのる程度なら、神経質にならなくてもよいでしょう。ただし、マグロを食べた週は、他の魚介類のメニューは避けた方が無難です。

マグロに限らず、魚の摂取量を意識しよう

bfde6e9fc0eb47ee5cd9d473e9094393_s

妊娠していることに気づかず、目安の摂取量以上のマグロを食べてしまったことを、気に病むママもいることでしょう。ですが、妊娠初期にはまだ胎盤はでき上がっていないので、妊娠がわかった時から摂取量に気を付ければ、お腹の赤ちゃんに重篤な影響が出ることはありません

妊娠がわかった時点から、マグロを含めて、魚介類の摂取量に気を付けておけば、胎盤ができあがる妊娠4ヵ月の時には、ママの体内にあったメチル水銀の多くが、体外に排出されているはずです。マグロ好きなママも、妊娠中は摂取量を守り、生ではなく加熱調理して食べることで食中毒にかかるリスクも、減らしてあげてください。

  関連記事

体重管理のために、妊娠時期別の摂取カロリーについて知っておこう!

妊娠すると、ママだけでなく、お腹の赤ちゃんの成長のための栄養分が必要になります。 …

妊娠初期にみられる絨毛膜下血腫の原因と治療法は?

妊娠初期は、いろいろな原因で出血することが多いです。中でも多いのが、「絨毛膜下血 …

反復流産は不育症?赤ちゃんを産むことはできないの?

妊娠を経験した女性の約10~15%が、流産経験者だということを知っていますか?受 …

つわりのピークを迎える方も多い妊娠9週!頻尿にも注意して

妊娠9週になると母体に様々な変化が!便秘や頻尿にも気を付けましょう 妊娠9週目に …

妊娠すると今までの口内ケアではダメ?適切な方法とは?

妊娠すると体にいろいろな変化がおこりますが、口の中も例外ではありません。妊娠した …

妊娠中や授乳中に帯状疱疹にかかったら、赤ちゃんに影響する!?

「帯状疱疹」という病名は知っていても、どんな病気かを説明できる人は、それほど多く …

妊娠中に牛乳を飲んではいけない?注意点もご紹介!

妊娠中にカルシウム摂取のために牛乳を飲むのは良いこと?悪いこと? 人間の体にとっ …

嬉しいはずなのに気持ちが沈む…。妊娠うつに効く食事改善法とは?

妊娠は夫婦にとっても、双方の実家にとっても喜ばしい出来事のはずです。ですが、妊娠 …

妊娠中にいきなり発症…妊婦さんを襲うアナフィラキシーショックの恐ろしさとは

アナフィラキシーショックという言葉を知っていますか?スズメバチに刺されたり、アレ …

妊娠中に自転車に乗るのは問題ない?乗る場合の注意点は?

都心に暮らす人にとって、自転車は便利な移動手段です。そのため、通勤や買い物に自転 …