ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中にうなぎを食べるのはいけないの?その理由は?

   

妊娠中は、お腹の赤ちゃんの成長と健康を守るため、ママの食生活にも何かと制限がかかりがちです。食べることを控えてほしいとされる食材の中に、うなぎがあります。うなぎは栄養価が高いのに、どうして食べてはいけないのか、不思議に思う妊娠中のママも多いのではないでしょうか。

そこで、妊娠中にうなぎを食べてはいけないのか、その理由は何かについて紹介します。元気で健康な赤ちゃんを産むためにも、正しい知識を知り、日頃の食生活の参考にしてくださいね。

うなぎに含まれるビタミンAのこと

5b2600d3cebae6043e90a1f9cfd1396d_s

妊娠中にうなぎを食べない方がよいとされるのは、含まれている栄養素に問題があるからです。うなぎには、ビタミンEやビタミンB1、鉄分、カルシウム、カリウムなど様々な栄養素が含まれています。

中でも注目なのがビタミンAで、うなぎ100gあたり5000IU(1500μgRE)が含まれています。ビタミンAは脂溶性で、目の健康を保つ、皮膚や粘膜の健康を維持するといった働きを担っています。そのため、妊娠していない大人が滋養強壮のために食するのは、とてもよいことです。

ですが、内閣府食品安全員会の報告書や厚生労働省は、妊娠中のビタミンAの摂取量について注意を喚起しています。それが、妊娠中にうなぎは食べない方がよいとされる、根拠となっています。

妊娠中に「ビタミンA」を過剰摂取するとどうなるのか

201a7789ef1aa6132ddcf384d6bb68f4_s

内閣府食品安全員会が発表した報告書によると、ビタミンAを過剰摂取してしまうと、腹痛や悪寒、嘔吐、めまいなどの急性症状がおこったり、全身の関節や骨が痛む、皮膚が乾燥するといった慢性症状がおこるようです。

さらに、催奇形性や骨密度の減少、骨粗しょう症の発症にも関わりが深いことがわかったため、妊娠を希望するあるいは妊娠3ヵ月以上のママに対しては、薬品によるビタミンAの投与は1日5000IU(1500μgRE)未満にしなければならないと定められています。

うなぎ100gには、5000IU(1500μgRE)のビタミンAが含まれていますから、リスクが高まることは否定できません。実際に、ビタミン補給剤を禁忌とされる含有量以上摂取したことで、奇形の赤ちゃんが産まれたことも報告されています。

妊娠中のうなぎの食べ過ぎは高リスク

7950f04b0d98810bbf2d3c6fe3e56067_s

厚生労働省の調査によると、妊娠する3ヵ月前から妊娠3ヵ月までの間に、1日10000IU(3000μgRE)以上のビタミン補給剤を継続して摂取した女性が出産した場合、赤ちゃんに奇形が発現する確率がアップしたそうです。

高濃度なビタミンAを含有するうなぎをはじめとした食品やサプリメントの摂り過ぎは、お腹の赤ちゃんを奇形にするリスクを高めることにつながるのです。こうしたリスクを避けるためにも、うなぎを食べる回数を減らす努力は、ママもすべきではないでしょうか。

ただし、ビタミンAのすべてが悪いわけではなく、うなぎを含めた動物由来のビタミンAである「レチノール」に問題があるだけです。果物や野菜に含まれるビタミンAである「プロビタミンAカロテノイド」の摂取には、問題がありません。

妊娠中はうなぎを控えるのがベスト

0cffb8c2b1c5f3fde65ba42bf58186b2_s

厚生労働省は妊婦さんに対し、1日に摂取するビタミンAの量を670μgREと推奨しています。これをうなぎに置き換えて考えた場合、上限は40g程度です。うな丼に乗っているうなぎは1人前80g程度なので、1日の上限はうな丼なら半人前というところです。

ですが他の食材にもビタミンAが含まれているものがあるので、全体のバランスの中で考慮する必要があります。たまにうなぎを食べる程度なら問題はありません。

しかし、他にサプリメントを飲んでいる場合は、含まれている成分や栄養素の含有量をチェックして、過剰にならないよう調整する必要があります。できるだけ、妊娠中はうなぎを控えることをおすすめします。

  関連記事

反復流産は不育症?赤ちゃんを産むことはできないの?

妊娠を経験した女性の約10~15%が、流産経験者だということを知っていますか?受 …

妊娠中に生野菜やサラダは食べないほうがいいって本当?

妊娠中はたくさんの栄養素を摂取することが重要です。栄養が豊富に含まれる食材といえ …

プレママでもディズニーに行きたい!避けるべき期間・アトラクションとは?

妊娠中のディズニー、おすすめシーズンやNGアトラクションの紹介! 妊娠中の体は、 …

気づかないと母子ともに危険がある、子癇前症の原因と治療法とは?

妊娠は喜ばしいことですが、妊娠特有の病気を発症するリスクを常に抱えているものです …

パパの助けが必要!つわりが酷い、そんなときにパパができること

つわりは人によって重さは異なるものの、妊婦さんの大多数が経験するものです。新しい …

子宮頸がん検診で異常が見つかった!妊娠は継続できるの?

妊婦健診には、いろいろな検査項目があり、子宮頸がん検査もその一つです。妊娠の喜び …

妊娠13週目は体調の良い日も増えてきて散歩もおすすめ

お腹が膨らみ始める時期でもあるので、体調の変化には注意しましょう! 多くの妊婦さ …

つわりが酷くて身の回りのことが何も手に付かない時はどう乗り越えればいいの?

つわりの症状の出方は人それぞれで、その辛さは本人にしかわからないものです。 つわ …

妊娠12週は食べ過ぎによる体重増加に注意!

体が落ち着いてくる時期ではありますが、だからといって食べ過ぎないように この頃か …

妊娠中のバストの変化に!マタニティブラの種類は?どう選べばいい?

妊娠前に比べて圧迫感がありませんか? 妊娠中に気をつけたいのが、下着の事情です。 …