ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

鉄分が豊富なレバーを、妊娠中に食べてはいけない理由は?

   

妊娠中に、鉄分不足になってしまうママは多いものです。鉄分が豊富な食材といえば、真っ先にレバーを思い浮かべるママもいると思いますが、実は妊娠中は食べるのを控えた方がよいとされてています。

鉄分が豊富なレバーをどうして妊娠中に食べてはいけないのか、食べ過ぎることでどんなリスクが考えられるのかについて、紹介します。これを参考に、お腹の赤ちゃんが健やかに育つ食生活を考えて、実践するようにしてくださいね。

レバーに含まれるビタミンAの過剰摂取が問題

203637

内閣府食品安全委員報告書や厚生労働省が、妊娠する3ヵ月前から妊娠中の女性に対し、レバーに多く含まれるビタミンAの摂取量について注意喚起をしたことは、みなさんもおご存知のことでしょう。

それによると、ビタミンAを過剰に摂取すると、嘔吐や腹痛、悪寒やめまいといった急性症状、皮膚乾燥などの慢性症状、全身の関節や骨の痛みなどが発症するリスクが高いほか、女性は特に催奇形性や骨密度の減少、骨粗しょう症が引きおこされる可能性があるとされています。

そのため、これから妊娠したいと考えている、あるいは妊娠中の女性に対し、ビタミンAを1日1500μgRE(5000IU)以上、薬品として投与することは禁忌とされました。レバーに含まれているビタミンAの含有量が、この基準を上回っているため、問題視されているのです。

レバーに含まれているレチノールの含有量を知ろう

14dc391c80f83f27b0c295b4a5c97bb3_s

ビタミンAの仲間には、動物由来の「レチノール」と、植物由来の「プロビタミンAカロテノイド」があります。レチノールは、プロビタミンAカロテノイドと比べると体外に排出されにくいため、過剰に摂取すると、お腹の赤ちゃんが奇形になったり、先天性異常が発症するリスクを高めてしまいます

内閣府の食品安全委員会は、妊娠中の女性の1日のビタミンA摂取量(レチノール当量)の上限を、2700μgREとしています。100gあたりのレチノール当量を列記してみると、鶏レバーで14000μgRE、豚レバーで13000μgRE、牛レバーで1100μgREとなっています。

つまり、鶏レバーや豚レバーを100g食べると、1日の摂取量の上限を超えてしまうということです。さらに、妊婦さんに推奨されているビタミンAの摂取量は650~780μgREですから、食べ過ぎはよくないのです。

レバーを食べる場合の摂取量の目安は?

537a49f97f56d3c6d8ce86ad397161ec_s

とはいえ、妊娠中の女性すべてに対し、レバーの摂取を禁止しているわけではありません。妊娠初期にビタミンAを過剰に摂取すると、奇形や先天性異常がおこりやすいのは事実です。

ですが、安定期に入った後は、1日のビタミン摂取量の範囲内で、週2~3回程度、レバーを食べるのは問題ありません。ただし、ビタミンAには植物由来のプロビタミンAカロテノイドもあり、果物や緑黄色野菜に含まれています。これらも合わせて、1日の摂取上限を超えないようにしなければならないのです。

鶏レバーを例にあげると、1日に串1本程度なら、食べても問題はありません。ただし、毎日食べ続けることはおすすめできませんので、たまの楽しみにするように心がけましょう。

お腹の赤ちゃんのために控えるように心がけて

c608f9808ef13cddb0803777eff9955a_s

内閣府の食品安全委員会が作成したファクトシートによれば、イギリスでは妊娠中あるいは妊娠を希望している女性に対し、ビタミンAを含むサプリメントの他、レバーやレバー製品を摂らないよう、奨励しているそうです。

これも、レバーを食べることで、ビタミンAの過剰摂取を避けることを目的としてのことです。ビタミンAの過剰摂取を避けるという意味では、レバーだけでなく、うなぎの食べ過ぎもよくありません

妊娠中は飲食を避けるようにいわれる食材が増えますが、これもお腹の赤ちゃんのためです。出産後まで、控えるように心がけましょう。

  関連記事

流産を引きおこすこともある胞状奇胎の原因と治療法とは?

赤ちゃんを授かるのはとても喜ばしいことですが、中には異常妊娠を経験するママもいま …

抗がん剤として使われているアナストロゾール(アリミデックス)は不妊治療に効果があるの?

アナストロゾール(アリミデックス)は、不妊治療の際、排卵誘発剤として使用される薬 …

妊娠初期症状と妊娠5~15週の体調の変化、赤ちゃんの様子を時系列順にまとめました

・妊娠初期は気を付けたいことがたくさん!知っておきたい情報とは? ママの体の中で …

妊娠初期におこる不全流産って何?原因や症状、処置方法を教えて!

妊娠したママの約15%が、流産を経験していることを知っていますか?流産とは、妊娠 …

妊娠中にチーズは食べてはいけないって本当?注意しなければならない種類とは

妊娠中はチーズに注意!食べられる種類と食べられない種類があります 妊娠中は食べな …

妊娠10週は出生前診断も可能になる時期。特に葉酸の摂取も必要

妊娠10週になったらチェックしたい情報。葉酸の摂取も忘れてはいけません! 妊娠も …

昆布出汁もダメ!?プレママが避けたい食品は?

妊娠期間中に避けておきたい食品についてお話しします! 妊娠中は、“食べるべきでは …

妊娠中に生卵を避けたほうがいいと言われる理由とは?サルモネラ菌の危険性について

妊娠中には生卵はNGとされていますが、その理由や心配されることとは? 妊娠中は様 …

妊娠中にうなぎを食べるのはいけないの?その理由は?

妊娠中は、お腹の赤ちゃんの成長と健康を守るため、ママの食生活にも何かと制限がかか …

妊娠中にバランスのいい食事を取りたい!簡単な献立の立て方とは?

妊娠したら、もう一人の体ではありません。病院や、妊婦さん向け雑誌でも「バランスの …