ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中にひじきを食べるのがよくないとされる理由は何?

   

かつての日本では、妊娠中の女性に対し、「ひじきには鉄分やミネラル、食物繊維が豊富だから、たくさん食べた方がいい」と食事指導していました。ですが近年は、妊娠中の女性や幼児は、ひじきを食べない方が良いといわれています。

ではなぜ、身体によさそうなひじきを、妊娠中のママは食べない方がよいのか、食べる時にはどんな点に注意したらよいのかについて、紹介します。正確な情報と対処法を知ることで、妊娠中の食生活の参考にしてくださいね。

ひじきにはヒ素が含まれている!

2004年、イギリスの食品規格庁が「ひじきにはヒ素が含まれている」と報告しました。ヒ素と言えば、猛毒です。ヒ素は、「有機ヒ素」と「無機ヒ素」に大別されます。有機ヒ素とは炭素を含化合物で、無機ヒ素には炭素は含まれていませんが、毒性が高いとされています。

ひじきに含まれているヒ素の量は、有機ヒ素が19.4mg、無機ヒ素が63.1mg、合わせて82.5mgです。この中の無機ヒ素が、他の海藻と比較すると高濃度で蓄積されており、妊娠中に摂取することで、ママ自身やお腹の赤ちゃんに悪影響が及ぶのではないかと、懸念されているのです。

ただし、食材としてひじきを使う場合、乾燥したものをいったん水で戻します。その際に水中にヒ素が溶け出します。乾燥ひじきを1時間水で戻すと、約68%のヒ素が溶け出すという報告もあるのです。

妊娠中にヒ素を摂るリスクとは?

とはいえ、お医者さまの中には、妊娠中のママと3歳未満の幼児は、ひじきを食べるべきではないという説を唱える方がいるのも事実です。その理由は、妊娠中の女性が無機ヒ素を摂取すると、胎盤を通して赤ちゃんに移行してしまい、それが原因で催奇奇形や脳障害をおこす可能性があるからだそうです。

また、妊娠中のママがひじきを食べ続けることで慢性のヒ素中毒になったり、それがお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすことが懸念されるといいます。こうした報告がある以上、食べないという極端な結論を出す必要はありませんが、摂取量については気を付けた方がよさそうです。

妊娠中は他にも摂取量に気を付けたい食材がいくつもありますから、献立表をつくって、チェックする習慣をつけるとよいかもしれません。

ヒ素リスクを減らしてひじきを食べる方法

とはいえ、ひじきにヒ素が含まれているのは事実です。調理の過程でできるだけ取り除き、不安を解消しましょう。まず、乾燥ひじきを水で戻す時には、1時間以上置くことです。そして、水で戻したひじきを、さらに5分ほど茹でます

このプロセスを経ることで、さらにヒ素の含有量を減らすことができます。この茹で汁は捨て、調理の時には新たに水やお湯を加えてください。また、料理でひじきを食べる量を減らすためにも、ニンジンや大豆、油揚げといった食材を、組み合わせて調理する習慣をつけましょう。

ひじき自体の摂取量を減らしながら、満足感のある一品に仕上がるはずです。他の栄養素も補えるので、まさに一石二鳥といえるのではないでしょうか。

あまり神経質になりすぎないことも重要

0149a4bf44e0fb939e4c1ba6bbce2ea7_s

とはいえ、ひじきは日本で昔から食べられてきた食材です。海外でひじきを食べる時には調理法も異なるでしょうから、必要位以上に神経質になることはありません。調理方法を工夫したり、摂取する量に気を付ければ、常備菜として力を発揮してくれるはずです。

また、ひじきには鉄分やミネラル、カルシウム、ビタミンなども豊富に含まれています。毎日大量に食べるのはおすすめできませんが、週に何度か副菜として食べる分には問題ありません。その点を考慮して、適度にひじきをメニューに取り入れてみてください。

  関連記事

妊娠判明!赤ちゃんのために見直したい生活習慣まとめ

妊娠が分かると新しい生命がお腹に宿ったことに母としての喜びを感じ、夫婦一緒に赤ち …

妊娠中に自転車に乗るのは問題ない?乗る場合の注意点は?

都心に暮らす人にとって、自転車は便利な移動手段です。そのため、通勤や買い物に自転 …

絨毛膜下血腫は妊娠初期におこりやすいって本当?お腹の赤ちゃんへの影響は?

安定期に入る前の妊娠初期に出血がみられると、赤ちゃんに何かあるのではないかと、心 …

嬉しいはずなのに気持ちが沈む…。妊娠うつに効く食事改善法とは?

妊娠は夫婦にとっても、双方の実家にとっても喜ばしい出来事のはずです。ですが、妊娠 …

妊娠中の抗生物質を飲む際に、胎児に影響は大丈夫?妊娠初期は特に注意したい抗生物質の危険性とは?

妊娠から出産までの期間において、女性が留意するべき生活週間はとても多いものです。 …

妊娠中の浮気が発生する原因と予防方法

妊娠をしたからといって旦那さんをおろそかにしてしまうと浮気の危険性が… 妊娠中と …

口から溢れそうで気持ち悪い!ちょっとマイナーなつわり、よだれつわりの症状や対策は?

よだれつわり、というつわりを知っていますか?あまりよだれつわりで苦しんだ妊婦さん …

妊婦健診で検査される梅毒ってどんな病気?感染がわかったらどうなるの?

出典:ja.wikipedia.org   妊娠初期には、さまざまな項 …

あせもと勘違いしがちの汗荒れ。原因を知り、適切に対処しよう!

汗でかゆみを伴う発疹が出るのは、すべて「あせも」だと思っていませんか?実は、あせ …

流産を引きおこすこともある胞状奇胎の原因と治療法とは?

赤ちゃんを授かるのはとても喜ばしいことですが、中には異常妊娠を経験するママもいま …