ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

口から溢れそうで気持ち悪い!ちょっとマイナーなつわり、よだれつわりの症状や対策は?

   

よだれつわり、というつわりを知っていますか?あまりよだれつわりで苦しんだ妊婦さんには出会えないのですが、これも立派なつわり。

しかも、重い場合は結構大変な思いをするんです。周りにいないため、共感されづらいのがツラいところのひとつでもありますが、もしよだれつわりになってしまったらどうしたらいいのか、症状や対策などについてまとめました。

よだれつわりって何?

よだれつわりは、通常よりも多くのよだれが出続け、口内に溜まってしまうつわりのことで、「唾液過多症」とも呼ばれています。飲み込める量の人から、飲み込むのが間に合わずあふれてしまうほどに出続ける人までさまざまです。

また、唾液の味が受付られなくなって気持ち悪くなったり、あまりにも出続ける感覚や飲み込む感覚で気分が悪くなる人も。また、唾液の質が変わってねばねばしたものになったり、唾液が溜まることで話すのが難しい、などの症状があります。ひどい場合は吐きつわりと併発し、嘔吐と唾液で二重に苦しむ場合もあります。

通常、つわりは妊娠16週ごろまでに落ち着くことが多いのですが、よだれつわりの場合、長く続くこともあり、出産直前までよだれが出てしまって大変だった、という妊婦さんもいるのです。そのため、早めに付き合い方を身に着けて慣れてしまわないと苦しんでしまうかもしれません。

よだれつわりの原因…それは「水毒」

水毒とは、体の中の水分の代謝障害がおこっている状態のこと。そのため、唾液だけでなく排尿や発汗に問題が出ることもあり、現代の女性の多くは軽い水毒状態ではないかといわれているんです。更に妊娠期間中は消化器官の働きが鈍るため、体の中にどろどろした水分がたまり、それがねばつきのある唾液となって出てくるといわれています。

よだれつわりになった時の対策は?

外出時はペットボトル、寝る時にはタオルなどを常備しよう

唾液を飲み込むのに問題がなければよいのですが、飲み込めない量が出てしまう人や、飲み込もうとすると気持ち悪くなってしまうひとは、唾液を吐きだすための道具を携帯しましょう。

外出時であれば、空のペットボトルにカバーをして中身が見えないようにし、飲むふりをしてそっと唾液を吐いてしまいましょう。また、寝る際には枕元にタオルや洗面器を置くなどして、わざわざ移動しなくてもよい工夫をしておくのがおすすめです。

漢方を処方してもらう

産婦人科によっては、相談することで漢方を処方してくれるところもあります。消化の促進や吐き気の抑制、鎮静作用、唾液の過剰分泌を抑えるなどの効果がある漢方として、「益智(やくち)」「小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりゅうとう)」や「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」 などがあります。

漢方は生薬なので、自己判断でもOKと思ってしまう妊婦さんもいますが、NGです。必ず医師の指導の下処方されたものを服用してくださいね。

ビタミンB6を摂取する

ビタミンB6が不足すると、唾液の分泌に異常が生じるといわれています。ただサプリなどに頼らず、なるべく普段の食事からとるように心がけてくださいね。ビタミンB6を多く含む食品は、にんにく、牛レバー、かつお、まぐろなどがおすすめです。ただしまぐろは種類によっては水銀を含んでいるので、量に気を付けましょう。

ツボを刺激する

手首にある、中泉というツボは、唾液の分泌を抑える効果があるといわれています。手の甲側で、人差し指と中指の骨の間からまっすぐ進み、手首のしわとぶつかるところにあります。手首の幅を見て、親指側から大体4分の1ほどのところにあります。気持ちが落ち着くツボでもあるので、親指でゆっくりさするように押してみましょう。

よだれつわりは脱水症状に注意!

唾液が必要以上に排出されるうえ、妊娠時の体はいつも以上に水分を欲しているので、気を付けないと脱水症状になってしまう恐れがあります。そのため、気を付けて水分をとるように心がけてくださいね。

なるべく温かい飲み物を飲むことで、体の代謝が上がり、血行が良くなって水分がサラサラ流れるようになるので、よだれつわりにも効果的ですよ!

よだれつわりに苦しんでいる妊婦さんは、ちょっと孤独な戦いかもしれません。しかし、必ず終わりはやってきます。インターネットで同じように苦しんだ妊婦さんの体験談を読んで、勇気をもらってもいいかもしれません。

また、他のつわりと同じようにつらい場合はかかりつけのお医者さんに相談してみましょう。なるべく気分が重くならないように、うまく乗り切って元気に赤ちゃんを迎える準備をしたいですね!

  関連記事

卵黄嚢って妊娠初期に見られる?その実態や確認できる時期は?

皆さんは卵黄嚢という存在をご存知でしょうか?お腹の赤ちゃんは、最初から「胎児」と …

妊娠初期症状と妊娠5~15週の体調の変化、赤ちゃんの様子を時系列順にまとめました

・妊娠初期は気を付けたいことがたくさん!知っておきたい情報とは? ママの体の中で …

初期中絶手術とは?人工妊娠中絶の方法や費用について

残念ながら、世の中には望んでいない妊娠で苦しむ女性がいて、その結果、人工妊娠中絶 …

妊娠中に食べた方がいい物は?妊娠中にどんな物を食べたら赤ちゃんにいいの?

妊婦さんに必要な栄養素がとれる食材とは? 妊娠中は元気な赤ちゃんを育てるためには …

妊娠中に漢方薬は飲んでもいいの?時期によって違うの?

妊娠中のママの身体は、女性ホルモンの分泌のバランスが急激に変化するため、免疫力が …

知らない人が多い!妊娠中にトキソプラズマに感染するとどうなるの?症状や妊婦さんへの影響とは?

具体的にどんな病気かよくわからないという人が多いのがトキソプラズマです 妊娠して …

妊婦は熱中症になりやすいので注意!対策も確認を

いざという時のために妊婦の熱中症対策について知っておきましょう 暑い時期に特に注 …

妊娠初期の過ごし方はどうする?その注意点とは?

妊娠をすると体調が変化しやすくなる!妊娠初期に気をつけることをチェック 厚生労働 …

ジカ熱が原因になることもある先天性の病気、小頭症とは?

妊婦さんは様々な病気の予防に心がけていることかと思いますが、テレビでジカ熱という …

妊娠7週目は赤ちゃんの心拍数が確認できる!母体の体調的には辛い時期に…

精神的・体調的にも不安定になりやすい時期! 妊娠7週目といえば、生理予定日から1 …