ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠初期におこる不全流産って何?原因や症状、処置方法を教えて!

   

妊娠したママの約15%が、流産を経験していることを知っていますか?流産とは、妊娠22週までにその状態が終わってしまうことを指し、中でも妊娠12週目までにそうなってしまうことを初期流産といいます。

初期流産の場合、「不全流産」になることが多く、病院で処置を受ける必要があります。そこで今回は、不全流産になる原因から症状、おこってしまった時の処置方法について説明します。不全流産を理解して、適切な処置を受けてくださいね。

不全流産ってどんな状態のことをいうの?その原因は?

初期流産の原因のほとんどは、受精卵の染色体異常です。これは、赤ちゃんの側に問題があっておこることなので、避けようがありません。その場合、妊娠が継続できないので、赤ちゃんやそれを包む胎嚢などの組織が自然に剥がれてしまい、体外に排出されます。

子宮内のものがすべて排出された状態を「完全流産」というのですが、中には全部が流れきらずに、胎内に組織の一部が残ってしまうことがあります。これを「不全流産」というのです。完全流産か不全流産かを判断するために、お医者さまは超音波検査を行います。

その上で、少しでも子宮内に組織が残っているようなら、それを取り除く処置を行います。これは、子宮内に残存物があることで出血が止まらない、あるいは感染症をおこす可能性があるからです。

不全流産だとどんな症状が出てくるの?

不全流産に限らず、流産が始まる時には、不正出血を伴います。最初はおりものに血が混じる程度ですが、進行するにしたがって出血量が増え、中には腹痛を伴うママもいます。

そして、不全流産になってしまうと、強い下腹部痛と大量の出血がおこることが多いです。痛みの感じ方には個人差があるのですが、陣痛のように痛みに強弱を感じる人もいるようです。流産が始まった時点で子宮頸管は開いた状態なので、そこから赤ちゃんは組織が出血となって流れ出てきます。

そのため、妊娠週数が進んでいる場合は、血の塊のようなものが出てくることもあります。進行流産は止めることはできませんので、出血や痛みなどの症状が治まるのを、待つしかないのです。

不全流産の処置方法は?手術しなければダメなの?

完全流産の場合は、子宮には何も残っていないので、その後の処置は必要ありません。ですが不全流産の場合は、子宮内に残存物が一部残っており、それが出血や感染症を引きおこるリスクが高いので、薬物療法か手術を行います。

子宮内の残存物が少なければ、子宮収縮材と抗生物質が投与され、自然に排出されるのを待つため、手術を受けずに済む可能性もあります。ですが残存物が多いと、「子宮内容除去術」という処置を受けることになります。

麻酔を使った手術になり、子宮内に残った組織を掻き出すという処置をとります。約10分ほどで終わり、その手術には健康保険が適用されます。入院期間も1~2日と短めなことが多いですが、数万円の費用がかかるようです。

不全流産しても、再び赤ちゃんを授かれる!

不全流産で子宮内容除去術を受けた場合は特に、1週間程度は安静に過ごすことをおすすめします。処置を行ったことで、出血や下腹部痛が残ることもあるので、身体の回復を最優先するのがベストです。

流産した後、1ヵ月もすれば生理は再開しますが、子宮内容除去手術を受けた際に子宮内膜が傷ついているので、すぐに妊娠しない方がよいです。次の妊娠までには、最低3ヵ月様子を見ましょう。

その間も基礎体温をつけておくと、自分の身体の回復の度合いを知る目安になります。流産は残念な出来事ですが、身体が回復すれば再び赤ちゃんを授かれる可能性があります。そのためにも、きちんと心身を休ませる期間をつくってあげてくださいね。

  関連記事

完全流産って何?次の妊娠に影響するの?

流産とは、妊娠22週未満で妊娠が中断してしまうことをいい、全妊婦さんの約15%に …

妊娠中に風疹にかかることはさけたい!予防法と対策を知っておこう

子供の時にかかったことがあるからと安心していても油断できないのが風疹です! 妊娠 …

尖圭コンジローマってどんな病気?お腹の赤ちゃんへの影響は?

妊婦健診で行われる血液検査に、性病の検査項目が含まれているのは、妊娠中あるいは出 …

妊娠中や授乳中に帯状疱疹にかかったら、赤ちゃんに影響する!?

「帯状疱疹」という病名は知っていても、どんな病気かを説明できる人は、それほど多く …

経膣エコーと経腹エコーって何が違うの?いつからできるの?

妊婦健診では、超音波検査(エコー検査)が行われます。これは、体内に送った超音波が …

妊娠中の水分補給!何を飲んだほうがいい?控えるべき飲み物は?

妊娠中は水分不足になりがちです。ママの身体は、血液を水分で薄めて赤ちゃんに栄養を …

2人目だと、1人目の時よりつわりが軽いって本当?

2人目の妊娠は、経験がある分、余裕をもって受け止められるママが多いのではないでし …

もしかしてつわり?つわりの主な症状とは?

妊娠をするとつわりという現象がおこります。その症状として吐き気やおう吐といったも …

妊娠中の抗生物質を飲む際に、胎児に影響は大丈夫?妊娠初期は特に注意したい抗生物質の危険性とは?

妊娠から出産までの期間において、女性が留意するべき生活週間はとても多いものです。 …

妊娠判明!赤ちゃんのために見直したい生活習慣まとめ

妊娠が分かると新しい生命がお腹に宿ったことに母としての喜びを感じ、夫婦一緒に赤ち …