ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

吐きつわりにはズバリ「生姜」がおすすめ!生姜の効能とおすすめ簡単レシピ

   

妊娠初期のつらいつわり…早く終わってほしい気持ちでいっぱいになりますが、なかなか終わらないのがつわりでもありますよね。特に吐きつわりは、栄養もとれなかったり体重が減ってしまったりなど、赤ちゃんが心配になるママも多いはず。

なんとか乗り切るために、少しでも気分や体調がよくなるものは積極的に取り入れたいところです。実は、そんな吐きつわりの時に助けてくれるのが「生姜」なんです!

生姜には「吐き気」をとめる作用があるんです♪

つわりとは妊娠の初期におこる嘔吐(吐き気)・頭痛・食欲不振・胃もたれなどを伴う不快な症状のことを言います。一般的に妊娠11週頃まで続きその後軽快していくと言われますが、個人差があり出産間近までつわりに悩まされる妊婦さんもいます。

薬も十分に飲めない時期に不快な症状に悩まされることは大きなストレスになることでしょう。そういった不快なつわり症状を和らげるために生姜が有効になります。

生姜に含まれている辛み成分の一つである「ジンゲロール」。この成分は、吐き気や頭痛を引きおこす神経伝達物質のセロトニンの働きを緩和してくれるんです。

ジンゲロールは生の生姜から摂った方がより吐き気防止の効果が高いといわれていますが、生姜パウダーでも効果があったとオーストラリアの大学で実験結果がでているので、食べやすい方法で生姜を取り入れてみましょう。

また、ジンゲロールはビタミンB6と共に食べることで吐き気を抑える効果が高まります!ビタミンB6が豊富な食べ物はにんにく、鶏ひき肉、牛肉のレバー、かつお、バナナ、アボカドなどですので、上手に合わせて取り入れることで少しでもつわりを楽に過ごしたいですね。

妊娠中の生姜には他にも嬉しい効果が♪ただし注意点も…

生姜といえば、体を温める効果があることでも有名ですよね。妊娠中は冷えが大敵!生姜の効果で体を内部から温めることでお腹の赤ちゃんを守ってくれますね。また、生姜の辛み成分は胃腸の働きを整えてくれます。

妊婦さんには嬉しい効果満載の生姜ですが、その即効的な効果からついつい過剰にとりすぎてしまう妊婦さんも少なくありません。生姜はとりすぎると逆に体に害を及ぼすこともあります。

過剰摂取により現れる症状

  • 腹痛 
  • 動悸
  • 下痢 
  • 胃痛
  • 不快感
  • 腹部膨満感

一番気を付けなければならないのは生姜の過剰摂取により流産のリスクが高まる可能性があると言われていることです。アメリカの医学学会誌の研究報告では生姜の過剰摂取が赤ちゃんの性ホルモン異常に影響し、流産に繋がる危険性があるとしています。

生姜の正しい摂取量の上限は1日10gまでが良いとされており、スライスで5~6枚程度(1枚1~2g)すりおろしで小さじ2杯以下、生姜汁で小さじ1杯程度に抑える必要があります。

妊婦さんが食べるべき生姜の量は、1日5gほどといわれており、大量に食べ過ぎると流産を引きおこす恐れも!また、生姜は刺激の強い食べ物なので、腹痛や下痢になってしまう場合もあります。5gは生姜のスライス5~6枚ほどですので、目安にしてみてくださいね。

適切な量を守っていても習慣的に摂取する中で違和感が生じた場合はすぐに摂取をやめ主治医に相談しましょう。

おすすめの生姜レシピ3選

生姜おろしうどん

冷やしうどんなら食欲がない時ものどごしがよくて食べやすいですね!冷凍うどんなどを上手に使って手抜き料理がおすすめです。材料はうどん、めんつゆ、ネギなどの薬味、生姜のすりおろし、レモン。

器によそってめんつゆをかけ、好きな薬味と生姜、絞ったレモン汁をかければ完成です。生姜の辛みを、レモンの酸味が和らげてくれる上にすっきりと食べられますよ。レモンではなく、すだちや梅干しなどもおすすめ。

バナナと生姜のスムージー

バナナには、吐き気止め効果を高めてくれるビタミンB6が豊富!生姜と一緒にスムージーにしてしまえば、朝食などにぴったりです。

事前にバナナを凍らせておき、ヨーグルトか豆乳、そして生姜スライス2~3枚と一緒にミキサーにかけます。甘みを足したい場合はリンゴジュースを足すと飲みやすくなりますよ!

自家製ジンジャーエール

炭酸が平気な人は、ジンジャーエールを作るのがおすすめ。市販のものだと、香りづけになっているだけで実際には生姜が入っていないことが多いので、作ってしまいましょう。

一番簡単なのは、甘い炭酸水(レモン味なら更に飲みやすいです)におろした生姜を加えるだけ!少し余裕がある人は、スライスした生姜、砂糖、水を小なべで10分ほど煮て、レモン汁を加えた「ジンジャーシロップ」を作ってしまいましょう。この場合は、無糖の炭酸水がいいですね。

生姜を美味しく食べてつわりを乗り越えよう

生姜には冷え症の改善・整胃腸作用・吐き気改善・頭痛の軽減以外にも免疫力の向上やコレステロール値の低下に効果があるとされ、薬の飲めない妊婦さんにとっては強い味方となる食材です。しかし、過剰摂取によるリスクがあることもしっかりと頭に入れておかなければなりません。

吐きつわりは、つわりの中でも一番つらいもの。実際に生姜で効果を感じた!という人も多くいるようなので、悩んでいる妊婦さんは是非試してみてくださいね。

適切な量を守り、効果的で美味しく食べることのできる調理法を知ることで無理なく安心して摂取することができます。美味しい生姜料理を味方につわりを乗り切っていきましょう。

  関連記事

健康が気になる妊娠初期こそビタミンEが含まれた食材を取って栄養をしっかり補給しよう

妊娠中の摂取が推奨される栄養素は数多くありますが、なかでも特に妊娠初期に欠かせな …

妊娠すると今までの口内ケアではダメ?適切な方法とは?

妊娠すると体にいろいろな変化がおこりますが、口の中も例外ではありません。妊娠した …

妊娠初期に電磁波を受けるのは悪影響を及ぼす?こたつは控えた方がいいの?

妊娠すると気になってくるのが、「電磁波」の影響です。電磁波というのは目に見えない …

妊娠中の抗生物質を飲む際に、胎児に影響は大丈夫?妊娠初期は特に注意したい抗生物質の危険性とは?

妊娠から出産までの期間において、女性が留意するべき生活週間はとても多いものです。 …

抗がん剤として使われているアナストロゾール(アリミデックス)は不妊治療に効果があるの?

アナストロゾール(アリミデックス)は、不妊治療の際、排卵誘発剤として使用される薬 …

つわりのとき、吐き気止めなどの薬は飲んで大丈夫なの?

つわりがおきたときに吐き気止めの薬を飲んでも大丈夫なの?と疑問を抱くママは多いの …

上の子の断乳前に妊娠してしまった!授乳は続けて大丈夫?

女性の身体は、授乳中は妊娠しにくいといわれています。ですが、生理が再開して夫婦生 …

妊娠中にうなぎを食べるのはいけないの?その理由は?

妊娠中は、お腹の赤ちゃんの成長と健康を守るため、ママの食生活にも何かと制限がかか …

おなかの赤ちゃんの疾患がわかる!カラードップラー検査のすごいところって?

妊娠中に定期検診に行くと、頻繁に行うのが超音波検査機によるエコー検査です。エコー …

進行流産が妊娠初期におこるって聞くけどどんな状態?原因と処置方法を教えて!

流産とは、妊娠22週未満までに妊娠が終了してしまうことをいい、妊娠した女性の約1 …