ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊婦は熱中症になりやすいので注意!対策も確認を

   

いざという時のために妊婦の熱中症対策について知っておきましょう

830b29127d94485634143da696e3b165_s

暑い時期に特に注意しなければならないのが熱中症です。

お腹が大きい時に熱中症で倒れてしまったということになると大変なので、普段から対策について考えておきましょう。

妊婦が熱中症になった場合の症状

妊娠をしていない人にとっても熱中症というのは大変な症状ですが、妊婦は症状が進みやすいということを理解しておかなければなりません。「なんとなく体調がおかしいな」と気付いたすぐあとに立っていられないほどの症状が出たり、めまいがして倒れ込んでしまうこともあるのです。

また、妊娠をしている間というのは体温調整がうまくいかないため、普通の人に比べて熱中症になりやすいということも頭に入れておきましょう。そのため、妊娠していない時以上に注意が必要です。

実際に妊娠をしてから汗をかきやすくなったと実感している人は多いはず。これは妊娠したことによって、基礎体温が上昇したからです。汗をかきやすくなるだけでなく体力も失われやすいので、普段から体力をつけておくということも熱中症予防に大切です。

熱中症のサインといえば、頭痛やだるさ、吐き気、体の熱さ、足がつるといったことなのですが、これらはつわりの症状ともよく似ています。そのため、熱中症のサインが出ても「いつものつわりか…」と考えてしまい、対策が遅れてしまう人も珍しくありません。これらの症状が表れた際にはつわりではなく熱中症かもしれないということも疑いましょう。

妊娠中に熱中症になった場合の胎児への影響

熱中症になってしまうとお腹の中の赤ちゃんにも少なからず影響を与えることになってしまいます。めまいを感じたり、立っていられないような状態になっているということは、体の中で血行が乱れたり酸素が不足しているということ。当然ながら赤ちゃんにとっても良い環境とは言えないでしょう。

すぐに症状が改善すればそれほど深く考える必要はありませんが、ママが熱中症で苦しんでいる間は、お腹の中の赤ちゃんにとっても苦しい時間であるということを理解しなければなりません。こういったことを防ぐためにも予防に力を入れることが大切なのです。

妊婦の熱中症対策

では具体的にどのような対策を取ればいいのかというと、暑い日にはできるだけ外出を控え、家の中で過ごすようにしましょう。ただ、近年は節電を心がけて家の中でもクーラーや扇風機をあまり使わずに過ごしてしまい、それが原因で熱中症になってしまうケースもあるようです。確かに節電は大切ではありますが、妊婦さんは自分の体のこともよく考えなければなりません。

それから、こまめに水分補給をするように心がけましょう。熱中症の症状が表れてしまうと水を飲むのも大変になってしまうので、喉が渇いていなくても定期的に水を飲むようにしたほうがいいです。

人によっては、どうしても炎天下を歩かなければならないこともあるかもしれません。ただ、長時間歩き続けると熱中症のリスクが高くなるので、定期的に涼しい場所で休憩をしたり、少しでも異常を感じたらすぐに室内に入るようにしましょう。

また、熱がこもりにくい服装をすることも大切です。首元がしまっていたり、体にぴったりフィットするような服を着てしまうとどんどん体温が上昇してしまい、熱中症になりやすくなってしまいます。特に外出する際には涼しい服装を心がけてみてはどうでしょうか。

体力づくりのために毎日ウォーキングを取り入れているという妊婦さんも多いですが、暑い時間帯の運動はやめたほうがいいですね。夕方や朝方などの涼しい時間帯に運動をし、熱中症対策を取りましょう。

  関連記事

せっかく買ったのに合わなかった…じゃもったいない!マタニティウェアの失敗しない選び方とは?

妊娠中はマタニティウェアがおすすめ!その選び方についてご紹介します マタニティウ …

妊娠中の水分補給!何を飲んだほうがいい?控えるべき飲み物は?

妊娠中は水分不足になりがちです。ママの身体は、血液を水分で薄めて赤ちゃんに栄養を …

葉酸が多い食品と食材ってどんな物?妊娠中に必要な摂取量と効率的に摂る方法や調理法についてもご紹介

妊娠中の女性が必要な葉酸の量は1日480㎍とされていますが、妊活中と妊娠初期は1 …

妊娠初期にとりたい栄養素は?おすすめ食材ってどんなものがあるの?

妊娠初期にはつわりの症状に悩まされる人も多く、食欲が無くなってしまう事も増えます …

妊娠したら、今までの化粧品が合わない!肌質の変化への対処法は?

妊娠することで女性におこる変化をあげてくださいと聞かれたら、見ためや母性の出現な …

妊娠中に花粉症に薬を飲んでも大丈夫?薬を飲まずに対処する方法や症状にてついて知っておこう

花粉症の症状は、妊娠中のホルモンバランスの乱れなどが原因となり、妊娠前よりもひど …

気づかないと母子ともに危険がある、子癇前症の原因と治療法とは?

妊娠は喜ばしいことですが、妊娠特有の病気を発症するリスクを常に抱えているものです …

妊娠初期に飲んでいい薬と飲んではいけない薬って何?飲んでしまった場合の影響とは?

少しでも頭が痛いと感じたら頭痛薬を飲んだり、ビタミン剤を飲んでいるという人は多い …

いつから着るべき?マタニティウェアの注意点とおしゃれの小技

ママも赤ちゃんも負担がかからないのがいいですね 赤ちゃんができたら気になるのが、 …

妊娠中にも続けたい!妊娠時期別のストレッチ方法とは?

妊娠中は、ママの体型の変化が激しく、行動も制限されることから、運動不足に陥りがち …