ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊婦は熱中症になりやすいので注意!対策も確認を

   

いざという時のために妊婦の熱中症対策について知っておきましょう

830b29127d94485634143da696e3b165_s

暑い時期に特に注意しなければならないのが熱中症です。

お腹が大きい時に熱中症で倒れてしまったということになると大変なので、普段から対策について考えておきましょう。

妊婦が熱中症になった場合の症状

妊娠をしていない人にとっても熱中症というのは大変な症状ですが、妊婦は症状が進みやすいということを理解しておかなければなりません。「なんとなく体調がおかしいな」と気付いたすぐあとに立っていられないほどの症状が出たり、めまいがして倒れ込んでしまうこともあるのです。

また、妊娠をしている間というのは体温調整がうまくいかないため、普通の人に比べて熱中症になりやすいということも頭に入れておきましょう。そのため、妊娠していない時以上に注意が必要です。

実際に妊娠をしてから汗をかきやすくなったと実感している人は多いはず。これは妊娠したことによって、基礎体温が上昇したからです。汗をかきやすくなるだけでなく体力も失われやすいので、普段から体力をつけておくということも熱中症予防に大切です。

熱中症のサインといえば、頭痛やだるさ、吐き気、体の熱さ、足がつるといったことなのですが、これらはつわりの症状ともよく似ています。そのため、熱中症のサインが出ても「いつものつわりか…」と考えてしまい、対策が遅れてしまう人も珍しくありません。これらの症状が表れた際にはつわりではなく熱中症かもしれないということも疑いましょう。

妊娠中に熱中症になった場合の胎児への影響

熱中症になってしまうとお腹の中の赤ちゃんにも少なからず影響を与えることになってしまいます。めまいを感じたり、立っていられないような状態になっているということは、体の中で血行が乱れたり酸素が不足しているということ。当然ながら赤ちゃんにとっても良い環境とは言えないでしょう。

すぐに症状が改善すればそれほど深く考える必要はありませんが、ママが熱中症で苦しんでいる間は、お腹の中の赤ちゃんにとっても苦しい時間であるということを理解しなければなりません。こういったことを防ぐためにも予防に力を入れることが大切なのです。

妊婦の熱中症対策

では具体的にどのような対策を取ればいいのかというと、暑い日にはできるだけ外出を控え、家の中で過ごすようにしましょう。ただ、近年は節電を心がけて家の中でもクーラーや扇風機をあまり使わずに過ごしてしまい、それが原因で熱中症になってしまうケースもあるようです。確かに節電は大切ではありますが、妊婦さんは自分の体のこともよく考えなければなりません。

それから、こまめに水分補給をするように心がけましょう。熱中症の症状が表れてしまうと水を飲むのも大変になってしまうので、喉が渇いていなくても定期的に水を飲むようにしたほうがいいです。

人によっては、どうしても炎天下を歩かなければならないこともあるかもしれません。ただ、長時間歩き続けると熱中症のリスクが高くなるので、定期的に涼しい場所で休憩をしたり、少しでも異常を感じたらすぐに室内に入るようにしましょう。

また、熱がこもりにくい服装をすることも大切です。首元がしまっていたり、体にぴったりフィットするような服を着てしまうとどんどん体温が上昇してしまい、熱中症になりやすくなってしまいます。特に外出する際には涼しい服装を心がけてみてはどうでしょうか。

体力づくりのために毎日ウォーキングを取り入れているという妊婦さんも多いですが、暑い時間帯の運動はやめたほうがいいですね。夕方や朝方などの涼しい時間帯に運動をし、熱中症対策を取りましょう。

  関連記事

妊娠中に電車通勤するママの心得!安全に電車通勤するためにチェックしておきたいことは?

妊娠がわかって、仕事を辞めるママはいまや少数派でしょう。産休に入るまでは仕事を続 …

妊娠届出書はどのタイミングでもらうの?その方法とは?

妊婦健診には、健康保険が適用されません。そのため、地方自治体ごとに、様々な助成を …

妊娠と赤ちゃんのアトピー・アレルギーの関係とは?遺伝はする?卵・牛乳はNG?

妊娠中に食べるものや両親のアトピーやアレルギーは遺伝するのか? 妊娠をすると様々 …

妊娠初期の過ごし方はどうする?その注意点とは?

妊娠をすると体調が変化しやすくなる!妊娠初期に気をつけることをチェック 厚生労働 …

妊娠中のバランスのよい食事とはどんなモノ?積極的に食べた方がいい3つの栄養素をご紹介

妊娠中にどんな食べ物がお勧めでどんな栄養をとればいいのか知っておきましょう 妊娠 …

耳にするけどよく知らない…病院と助産院の違いとは?

妊娠に喜んだのもつかの間、次に考えなくてはいけないのが赤ちゃんを産むところです。 …

溶連菌は子供だけの病気じゃない!妊婦さんがかかると危ない理由と対策など

溶連菌感染症という言葉を知っていますか?子供がかかりやすい病気のひとつで、かかる …

B型肝炎を妊婦健診で調べるのはどうして?感染してしまったらどうしたらいい?

B型肝炎は妊婦さんが感染すると赤ちゃんにも感染してしまいます 妊婦健診の中で、B …

嬉しいはずなのに気持ちが沈む…。妊娠うつに効く食事改善法とは?

妊娠は夫婦にとっても、双方の実家にとっても喜ばしい出来事のはずです。ですが、妊娠 …

妊娠初期の立ち仕事はリスクが高い?無理なく続ける方法は?

共働き家庭が増えているいま、サービス業に従事している女性が妊娠するのは珍しいこと …