ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

上の子の断乳前に妊娠してしまった!授乳は続けて大丈夫?

   

女性の身体は、授乳中は妊娠しにくいといわれています。ですが、生理が再開して夫婦生活があれば、妊娠するのは不思議なことではありません。

とはいえ、上の子が授乳中だと、喜んでばかりもいられないママもいることでしょう。それは、妊娠初期に授乳を続けることで流産する可能性があるという説が流れているからです。

専門家の間でも、妊娠中の授乳については意見が分かれているといいます。そこで今回は、妊娠初期の授乳について考えてみます。

妊娠中の授乳はOK?NG?専門家の意見は?

妊娠初期は、流産のリスクも高いので、何かと心配が多い時期です。授乳することで分泌されるオキシトシンは、子宮収縮を促すホルモンなので、上の子への授乳を続けるかどうか、迷うママもいることでしょう。

妊娠中の授乳はNGと専門家が考える理由

妊娠中の授乳はNGと考える専門家がいるのは、その危険性を訴えているからです。妊娠中に授乳を続けることに関しては、お医者さまや助産師さんでも意見が分かれており、自分が通っている病院の方針に合わせるママが多いようです。

妊娠中の授乳はOKと専門家が考える理由

妊娠中でも授乳OKとする専門家は、流産とオキシトシンの分泌が関連しているとは言い切れないと主張しています。

実際、年子で出産したママの中には、「タンデム授乳」といって、二人に母乳を飲ませた例もあり、その間に断乳はしていません。まずは妊婦健診で、自分の体調を診察してもらい、主治医に相談してみましょう。

授乳を継続してもいい人、ダメな人がいる

妊娠初期であっても体調が安定し、ママ自身が授乳を続けたいのであれば、継続しても問題はないと思います。ですが、離乳食が始まっているのなら、徐々に授乳の回数は減らしていくことをおすすめします。

というのも、離乳食が進めば進むほど、栄養や水分は自力で摂れるようになり、授乳は上の子の精神安定剤代わりということが多くなるからです。少しずつ授乳の間隔を離し、夜眠る前だけにする方が、つわりがあるママの身体にも負担が少ないでしょう。

また、気持ちはあっても、授乳を止めた方がいいケースもあります。それは、妊婦健診の際に切迫流産の可能性を指摘された時です。流産に進むかもしれない状況で、子宮収縮を促すオキシトシンが分泌されるのは、あまりにもリスクが高いです。

妊娠を機に断乳をするのもおすすめ

もし、上の子が1歳を超えていて、習慣で授乳を続けているなら、下の子の妊娠を機に、断乳にチャレンジしてみることをおすすめします。

断乳の進め方ですが、まず授乳回数を変えずに、1回ごとの授乳時間を短くしてみてください。離乳食が始まっている上の子は、母乳で満腹を得ているわけではないので、時間で切り上げるようにします。そして、時間短縮しても問題なければ、少しずつ授乳回数を減らしていきます。

まず1回減らして2~3日様子を見て、問題なければもう1回減らすというように、上の子にストレスがかからないように配慮します。その際、抱っこするなどのスキンシップは増やしてあげましょう。

1日の授乳回数が1~2回になったら、3日間授乳を止めてみます。うまくいけばそのまま卒乳できますし、ダメでも1日1~2回の授乳に戻せばよいだけです。それをくり返しながら、卒乳のタイミングを待ってあげましょう。

ママへの身体の負担を考慮して決断しよう

とはいえ、妊娠初期はつわりが出るママも多く、かといって上の子がいれば家事や育児は待ったなしなので、初めての妊娠の時以上に身体に負担がかかることになります。

寝不足や夜中の授乳で疲労を溜めてしまうことも、切迫流産の原因になりかねません。上の子に授乳するのは、体調が安定した日中か、夜寝る前など、体調を見ながら調整しましょう。

また、腹が張っている時、出血している時は、絶対に授乳してはいけません。妊娠初期は無理ができないことを自覚して、出来る範囲で上の子の気持ちに応えるようにしてください。

  関連記事

妊娠後期の辛い肩こりの原因と対処法を知っておこう!

それまでは経験がなかったのに、妊娠後期のママが肩こりに悩むようになるのは、よくあ …

エコー写真の正しい見方や、超音波検査の際に分かることとは?

妊娠中に赤ちゃんの姿を目で確認できるのが、産婦人科でもらうエコー写真です。これは …

妊娠中でも海外旅行に行きたい!その注意点とは?

挙式・披露宴から新婚旅行までにブランクがあったり、授かり婚の場合、妊娠中でも海外 …

妊娠中や授乳中に帯状疱疹にかかったら、赤ちゃんに影響する!?

「帯状疱疹」という病名は知っていても、どんな病気かを説明できる人は、それほど多く …

妊娠すると今までの口内ケアではダメ?適切な方法とは?

妊娠すると体にいろいろな変化がおこりますが、口の中も例外ではありません。妊娠した …

妊婦さんに王様の抱き枕が人気って本当?使用するメリットとデメリットは?

>>抱き枕で妊娠中の寝苦しさを解消しよう 妊娠週数が進むとお腹が大きくなり、仰向 …

嬉しいはずなのに気持ちが沈む…。妊娠うつに効く食事改善法とは?

妊娠は夫婦にとっても、双方の実家にとっても喜ばしい出来事のはずです。ですが、妊娠 …

妊娠中に自転車に乗るのは問題ない?乗る場合の注意点は?

都心に暮らす人にとって、自転車は便利な移動手段です。そのため、通勤や買い物に自転 …

「稽留流産」は妊娠初期におきやすい。症状・対処法を解説します

気をつけていてもなかなか防ぐことが難しい「稽留流産」 妊娠している時に一番気をつ …

妊婦は熱中症になりやすいので注意!対策も確認を

いざという時のために妊婦の熱中症対策について知っておきましょう 暑い時期に特に注 …