ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

頭痛が辛くて耐えられない…。妊娠中でも頭痛薬を飲んでもいいの?

   

妊娠中は、女性ホルモンの変化や疲労、ストレスなど様々な要因で、頭痛を感じる女性が多いものです。ですが、妊娠中に不用意に薬を飲むと、お腹の赤ちゃんに悪影響が出る恐れがあるので注意が必要です。

では、よく効くカロナールやロキソニンは、飲んでも大丈夫なのでしょうか。そこで今回は、妊娠中に飲んでも大丈夫な頭痛薬や、薬を使わずに痛みを和らげる方法について、お話しします。頭痛薬を飲む時には、素人判断せず、お医者さまに相談するようにしてくださいね。

妊娠中でも飲める頭痛薬はあるの?

頭痛は妊娠中にもおこりやすいものですが、頭痛薬を服用する時期や薬の成分によっては、新生児高血圧症や羊水過多などの原因になることがあるので注意が必要です。

基本的に、妊娠中に飲める頭痛薬は、アセトアミノフェンもしくはイブプロフェインが主成分のものしかありませんアセトアミノフェンは痛みを抑制してくれますが、薬の効果が弱いので、服用しても母子に影響は出ませんイブプロフェインは痛みを知らせる物質を抑制してくれる薬で、即効性があります。

ただし、イブプロフェンに限っては、出産予定日から12週以内の妊婦さんには、処方されません。これは、薬の成分がお腹の赤ちゃんに移行し、胎児循環持続症という病気を発症する可能性があるからです。どちらの薬も、市販薬ではなく、産婦人科で処方してもらうようにしましょう

妊娠中に飲んではいけない頭痛薬を覚えておこう!

fa632a3207146a1b12e6bafbb2a17532_s

妊娠中には、市販薬でも処方薬でも避けたほうがいい頭痛薬があります。それは以下のような頭痛薬です。

ロキソニン

解熱鎮痛剤としてよく処方される

モービック

手術後や外傷時の痛みや炎症がある時に処方される

セレコックス

痛み止めとして処方されることが多い

ボンタール

生理痛や副鼻腔炎の治療時に処方される

そして、妊娠12週までは絶対に飲んではいけないのが、「アスピリン系頭痛薬」です。

また、妊娠超初期でも女性ホルモンのバランスの変化により、頭痛がおこることがあります。妊娠の自覚がないままアスピリン系の頭痛薬を飲むと、催奇性、出血、予定日の大幅超過など、よくない影響が出ることもあります

市販薬では「バファリンA」「バファリン顆粒」「ケロリン」などが、アスピリン系頭痛薬なので、妊活を始めた時点で飲むのは控えるようにしましょう。

カロナールは病院で処方されるから大丈夫?

病院で解熱鎮痛剤として処方されることが多い薬の一つに、「カロナール」があります。カロナールの主成分は、アセトアミノフェンなので、妊娠中に服用しても安全だといわれていました。

ですが近年の研究で、妊娠後期にカロナールを服用すると、お腹の赤ちゃんの動脈管が収縮することがわかったのです。この症状を、「新生児遷延性肺高血圧症」といいます。

お腹の赤ちゃんは呼吸ができないので、ママの血液から酸素を補給しています。新生児遷延性肺高血圧症になり、胎児だけにある動脈管が閉じてしまうと、呼吸できずにお腹の中で亡くなってしまうこともあるのです。そうしたリスクを考えると、カロナールも飲まないようにした方が良いかもしれません

妊娠中は市販の頭痛薬は飲まずにまずお医者さまに相談しよう!

091e304806355fddd8f07c5a4c2169ea_s

市販薬にも成分表期はありますし、薬剤師さんがいるドラッグストアなら、購入前に相談することもできるでしょう。ですが、お腹の赤ちゃんに悪影響が出る可能性がゼロではないのですから、頭痛が辛い時は病院に行き、お医者さまに薬を処方してもらう方が安心です。

また、頭痛薬を飲まなくても、偏頭痛なら痛い部分を冷やして暗い部屋で休む、緊張型頭痛なら首や肩の筋肉をほぐしたり、頭のツボをマッサージしたり、入浴で身体を温めるのも効果的です。そうした方法を用いながら、頭痛薬の服用は最小限にするように心がけましょう。

  関連記事

妊娠中の旅行の注意点&避けるべきスポットは?

旅行プランを考え中の妊婦さんへ!避けるべき場所・注意点を紹介します 授かり婚も珍 …

何度も流産をくり返す習慣性流産は治療できる?出産することは可能?

妊活中のママの中にも、妊娠すればそのまま出産できると思いこんでいる人は、案外多い …

うれしいはずの妊娠初期なのに不安がいっぱい。取り除く方法とは?

妊活に励んでいたママが、赤ちゃんを授かったとき、喜びにあふれていたはずです。です …

B型肝炎を妊婦健診で調べるのはどうして?感染してしまったらどうしたらいい?

B型肝炎は妊婦さんが感染すると赤ちゃんにも感染してしまいます 妊婦健診の中で、B …

溶連菌は子供だけの病気じゃない!妊婦さんがかかると危ない理由と対策など

溶連菌感染症という言葉を知っていますか?子供がかかりやすい病気のひとつで、かかる …

妊娠初期の腹痛や下腹部痛って何が原因なの?痛み方によっては要注意!?

妊娠初期にあたる5~15週ごろは特に、ママの体にさまざまな変化が起こります。する …

妊娠中に注意すべきタンパク尿とは?症状や対策について理解しよう

タンパク尿が出てしまった場合早めに対策を取らなければなりません! 妊娠中はタンパ …

むくみやすくなる妊娠15週目!早いと胎動が感じられる人も

妊娠15週の特徴は?突然の鼻血や身体のむくみの対処法についてもご紹介! 胎盤が完 …

つわりのとき、吐き気止めなどの薬は飲んで大丈夫なの?

つわりがおきたときに吐き気止めの薬を飲んでも大丈夫なの?と疑問を抱くママは多いの …

妊娠中にマグロは禁止って本当?その理由は?

妊娠中は、刺身や生ものを避けるようにいわれています。それは、食中毒にかかるリスク …