ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

反復流産は不育症?赤ちゃんを産むことはできないの?

   

meditation-277889_960_720

妊娠を経験した女性の約10~15%が、流産経験者だということを知っていますか?受精卵が染色体異常の場合、化学流産も含めて、妊娠12週までに流産してしまうものなのです。

ですが、自然流産が続くと「反復流産」といわれ、不育症の可能性を否定できなくなります。そこで今回は、反復流産とは何か、その発症率と原因、治療できるか否かについて、お話しします。

反復流産を放置すると、習慣流産に進むこともあるので、早めの病院で原因と見つけ、きちんと対処しましょう。

反復流産って何?発症率はどのくらい?

反復流産とは、自然流産を2回くり返すことをいいます。すべての妊婦さんのうちの約1%、100人に1人の割合で発症するといわれています。自然流産を3回くり返すことを「習慣流産」といい、反復流産も含めて不育症治療の対象となります

不育症は、妊娠はしても流産や死産を2回以上くり返し、赤ちゃんをもてない状態と定義されているので、流産のみならず、妊娠22週以降の死産や、生後1週間以内の新生児死亡も含まれます。

妊娠することができない不妊症とは異なり、妊娠はできてもそれを維持し、無事出産できないのが不育症です。中でも反復流産は、原因をいち早く見つけて対処すれば、出産を迎えられる可能性があるので病院で検査を受けましょう。

反復流産の原因は何?

0667e4aaa15304f0de04e48f0c9d27ac_s

日本産科婦人科学会では、反復流産の原因を「夫婦の染色体異常」「抗リン脂質抗体」「子宮形態異常」「胎児染色体異常」と考えているようです。

夫婦の染色体異常

夫婦の染色体異常とは、加齢などが原因でおこるもので、夫婦のどちらか、あるいは両方にみられることで、化学流産が多くなります

抗リン脂質抗体

抗リン脂質抗体とは自己免疫疾患の一つで、お腹の赤ちゃんを異物とみなして攻撃することで、流産につながるというものです。

子宮形態異常

子宮形態異常は、子宮奇形や子宮筋腫、子宮頚管無力症、子宮腔癒着症などにより、子宮内で着床障害がおこるものです。

胎児染色体異常

胎児染色体異常は、染色体異常を持った精子あるいは卵子が受精卵になるものの、そのまま成長することができずに流産するものです。

反復流産は治療できるの?

medic-563423_960_720

反復流産の原因の中には、治療できるものと治療できないものがあります。

抗リン脂質抗体が原因の場合

抗リン脂質抗体が原因で反復流産がおこっている場合は、低用量のアスピリンを服用するか、低用量のヘパリンを注射することで、血液の凝固を和らげます

子宮形態異常の場合

子宮形態異常の場合は、約80%が治療しなくても出産に至るので経過観察になることが多いですが、子宮内の状態によっては手術をすることもあります。

夫婦の染色体異常の場合

夫婦の染色体異常の場合は、根本的な治療がないことから、体外受精を視野に入れ、不妊治療に進むことになります

胎児染色体異常

胎児染色体異常については、体外受精顕微授精を行わない限り、自然妊娠では避けようがありません。

まずは反復流産の原因を検査で調べ、それに対応する治療を始めましょう

お医者さまに相談しながら次に臨もう

反復流産を経験したママは、自分を責めることが多いようです。ですが、流産を経験して出産したママはたくさんいますし、染色体異常の赤ちゃんが流れてしまうのは、ママには避けようがないことなのです

反復流産の原因は、ママだけにあるわけではないのです。だからこそ、夫婦できちんと検査を受け、流産の原因を特定して対処することが、習慣流産に進まないためにも大事なことなのです。

もし、母体側に原因があったとしても、治療をすることで出産することは十分に可能です。落ち込んでいても、状況は改善しません。

場合によっては、妊娠前に治療が必要なこともあるので、持病がある人はかかりつけのお医者さまに、そうでない場合は産婦人科のお医者さまに、妊娠の計画について相談してみることをおすすめします

  関連記事

うれしいはずの妊娠初期なのに不安がいっぱい。取り除く方法とは?

妊活に励んでいたママが、赤ちゃんを授かったとき、喜びにあふれていたはずです。です …

妊娠初期の腹痛や下腹部痛って何が原因なの?痛み方によっては要注意!?

妊娠初期にあたる5~15週ごろは特に、ママの体にさまざまな変化が起こります。する …

妊娠中にMRI検査を受けても大丈夫って本当?時期によっても違う?

近年は働く女性が増えていることもあり、産休に入るまで仕事を続けるママも多いです。 …

妊娠中の抗生物質を飲む際に、胎児に影響は大丈夫?妊娠初期は特に注意したい抗生物質の危険性とは?

妊娠から出産までの期間において、女性が留意するべき生活週間はとても多いものです。 …

プチプラから人気ブランドまでマタニティウェアを選ぶならここ!

妊娠中でもおしゃれは忘れたくない! シンプルなものが多い印象のマタニティウェアで …

妊娠判定が陽性なのに、胎嚢が見えない原因は何?

市販の妊娠検査薬の精度が上がったことで、産婦人科を受診する際には、陽性反応が出て …

妊娠12週は食べ過ぎによる体重増加に注意!

体が落ち着いてくる時期ではありますが、だからといって食べ過ぎないように この頃か …

妊娠中の高熱にはどう対処したらいい?病院に行くタイミングは?

妊娠中に高熱が出てしまうといろいろ心配になってしまうもの…。 妊娠中は妊娠してい …

女性なら誰でも取れるのが産休!条件や育休との違いは?

知っていそうで知らない産休について詳しくご紹介します! それまで仕事をしていた女 …

妊娠中にローストビーフを食べてはいけない?妊婦はトキソプラズマに注意

妊娠前や妊娠中はママが食べるものにも注意していかなければなりません。食べ物の中に …