ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

流産を引きおこすこともある胞状奇胎の原因と治療法とは?

   

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

赤ちゃんを授かるのはとても喜ばしいことですが、中には異常妊娠を経験するママもいます。「胞状奇胎」も異常妊娠の一つで、妊婦さんのうち400~500人に1人の割合でおこるといわれています。

発症率が低いので、知らない妊婦さんも多いのですが、発症すると妊娠を継続するのが難しく、さらに絨毛がんを発症するリスクを抱える病気です。そこで今回は、胞状奇胎とは何か、その原因と症状、治療方法、その後の妊娠が可能かについて、お話しします。

胞状奇胎って何?種類があるの?

卵管で精子と卵子が受精し、子宮内膜に受精卵が着床すると、妊娠が成立します。着床した受精卵は、胎児へと変化する「胎芽細胞」、胎盤や卵膜に変化する「絨毛組織」に分かれ、子宮内膜に根をはっていきます。このうち、絨毛組織だけが異常に増殖してしまい、水泡状になって子宮内を覆いつくしてしまう病気を、「胞状奇胎」というのです。

そしてこの胞状奇胎は、受精後に卵子核が不活性化する、あるいは消滅することで精子核のみが分裂・増殖していく「全胞状奇胎」と、正常な一つの卵子に二つの精子が侵入しておこる「部分胞状奇胎」の2種類に分かれます。胞状奇胎は、20歳以下の若年妊娠、または40歳以上の高齢妊娠に、発症する確率が高いといわれています。

胞状奇胎の原因と症状は?

胞状奇胎がおこる原因は、染色体異常と考えられています。人間の染色体は、多くが父親に由来するとされています。そのため、何らかの原因でパパの遺伝子だけになってしまうと、受精卵は正常に発育できないのです。

胞状奇胎は、受精卵が異常な分裂・増殖をする病気ですから、栄養膜や胎盤もきちんと形成されず、栄養が十分に届かないことで、受精卵は子宮内で劣化していきます。

胞状奇胎は着床後に異常がおこるので、妊娠初期から様々な症状がみられます。具体的には、つわりが重い茶色っぽいおりものが出る出血がある下腹部痛があるむくむ蛋白尿が出る高血圧になるなどです。妊婦健診でエコー検査を受けた際に、異常が見つかるケースも増えているようです。

胞状奇胎には治療法はあるの?

妊娠中のママが胞状奇胎になると、妊娠を継続することはできません。実際には部分胞状奇胎の場合は、胎児が認められ、その染色体が正常で、胞状奇胎と正常妊娠の双胎であれば、妊娠を継続できる可能性はあると考えられています。

ですが、胞状奇胎が絨毛がんに移行することが多く、リスクを伴うため、処置を勧められることがほとんどです。つまり、胞状奇胎の治療方法は摘出手術しかないということです。

胞状奇胎だけを除去する「子宮内容除去手術」が一般的ですが、40歳以上の妊婦さんの場合は、胞状奇胎を除去しても絨毛がんに移行するリスクが高いので、「子宮全摘出手術」を勧められることがあります。健康保険が適用されますので、費用は5万円程度の病院が多いそうです。

胞状奇胎でも治療後の妊娠は可能!

a672ed0950cbac807531656f89335453_s

胞状奇胎は染色体異常によっておこるので、残念ながら予防することはできません。ですが、胞状奇胎は何度もくり返す病気ではないと考えることもできます。

そして、手術後半年から1年の経過期間をおけば、再び妊娠することもできます。知名度は低いものの、胞状奇胎はそのままにしておくと、絨毛がんを発症し命に関わる可能性がある、母体にもリスクがある病気なのです。

もし、妊娠初期に胞状奇胎のような症状が見られたら、妊婦健診を待たずに病院で検査を受けましょう。また、妊娠前から葉酸サプリを飲むなど、自分の卵子の質を上げる努力をしておくのもおすすめです。

妊娠中は自分の身体の変化をこまめにチェックして、不安がある時にはお医者さまに相談する習慣をつけましょう。


>>卵子の質向上のためにも妊娠前から葉酸サプリを摂取しよう!

  関連記事

妊娠中の浮気が発生する原因と予防方法

妊娠をしたからといって旦那さんをおろそかにしてしまうと浮気の危険性が… 妊娠中と …

妊娠5週目はつわりがひどい時期なので安静に過ごすことが大事

つわりやホルモンの影響で不安定になりやすい時期…。 生理不順の方などは妊娠4週目 …

妊娠中にも続けたい!妊娠時期別のストレッチ方法とは?

妊娠中は、ママの体型の変化が激しく、行動も制限されることから、運動不足に陥りがち …

妊娠初期症状と妊娠5~15週の体調の変化、赤ちゃんの様子を時系列順にまとめました

・妊娠初期は気を付けたいことがたくさん!知っておきたい情報とは? ママの体の中で …

妊娠中牡蠣は食べてもいいの?胎児に及ぼす影響や牡蠣を食べることのメリットは?

妊娠中はとてもデリケートな時期なので、食事に気を使う機会も増えますよね。その際に …

妊婦がインフルエンザにかかると怖いんです!!妊娠中にできるインフルエンザ対策&対処法

冬に大流行するインフルエンザ。高熱や重い風邪のような症状は、通常でもかかってしま …

マタニティマークはどこでもらえる?マークをつけることで危険な目にあうことも!?

マタニティマークの配布場所やカバンなどにつける際の注意点とは? 出典:厚生労働省 …

妊娠中にMRI検査を受けても大丈夫って本当?時期によっても違う?

近年は働く女性が増えていることもあり、産休に入るまで仕事を続けるママも多いです。 …

プレママのうちに知っておきたい!乳幼児医療費助成制度のこと

乳児に限らず、子どもは成長の過程でケガや病気を避けて通ることはできません。そんな …

デング熱とはどういった病気?妊婦や赤ちゃんが感染したらどうなるの?ハッカ油を使った虫よけ対策方法も教えます!

テレビでも騒がれたデング熱について詳しく知りましょう テレビなどでもかなり話題に …