ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

多胎妊娠のママが経験する可能性があるバニシングツインって何?

   

angel-1632265_1280

みなさんは、「バニシングツイン」という言葉を聞いたことがありますか?双子の妊娠を経験したママ以外には、なじみの薄い言葉かもしれません。

妊娠検査薬で陽性反応が出た時点では、まだお腹の赤ちゃんが双子かどうかはわかりません。その後、妊婦健診の際にエコー検査を受け、胎嚢や心音が確認できるようになって初めて、双子だと確認できるのです。

双子の妊娠は喜ばしいことですが、その時点でハイリスク妊娠の仲間入りをしたことを自覚しなければなりません。そこで今回は、双子妊娠でおこりうる、バニシングツインについて、お話しします。

バニシングツインって何?どのくらいの確率でおこるの?

バニシングツインとは、双子に限らず、多胎妊娠の初期段階で、お腹の赤ちゃんの一人以上を流産してしまうことをいいます。医学的には「双胎一時死亡」といわれており、亡くなった片方の赤ちゃんは、子宮内で吸収されて消えてしまいます。

母体にも大きな影響を与えることはなく、残った赤ちゃんはそのまま成長でき、出産を迎えることはできます。ただし、妊娠中期にバニシングツインがおこった時には、流産の処置が必要になることもあります。

多胎妊娠をしたママの中で、バニシングツインがおこる確率については、正確な研究データがありません。ですが、双胎妊娠の約10%に、バニシングツインがおこると考えられています。普通の妊娠であっても、妊娠初期までの流産の確率は10~15%ありますので、それと同じ程度の確率だということです。

バニシングツインの原因は?いつまでにおこるの?

バニシングツインがおこる原因は、現代の医学では解明されていません。ですが、一般的におこる初期流産と同じように、お腹の赤ちゃんの染色体異常などが原因と考えられています。そのため、一人の赤ちゃんだけを流産し、問題のない赤ちゃんの妊娠は継続できるのです。

いずれにせよ、ママが原因なのではなく、お腹の赤ちゃんによるものなので、予防することもできません。バニシングツインは、基本的には妊娠15週目までにおこります。中でも、お腹の赤ちゃんの心拍を確認できるようになる、妊娠9週目までにおこることが多いようです。

ですが、妊娠中期に入ってお腹の赤ちゃんの一人が亡くなることがあり、この場合は子宮に吸収されずに残ってしまいます。妊娠週数にもよりますが、元気な赤ちゃんの成長を経過観察しながら、出産時に亡くなっている赤ちゃんを一緒に取り出すこともあるようです。

バニシングツインになったら、残った赤ちゃんへの影響は?

多胎妊娠をしているママがバニシングツインを経験した時、悲しみを感じると同時に、残された赤ちゃんの命が気になることでしょう。

妊娠初期にバニシングツインがおこった場合は、残された赤ちゃんに影響が及ぶことはほぼなく、亡くなった赤ちゃんも子宮内で吸収されてしまうので、妊娠の経過や産後に問題がおこることはないとされています。

ですが、妊娠中期にお腹の赤ちゃんの一人が亡くなってしまった場合、二卵性双胎であれば胎盤が別々なので問題ないのですが、一卵性双胎の場合は一つの胎盤を共有しているので、残った赤ちゃんが死亡したり、脳障害をおこす可能性があります。そのため、お医者さまともよく話し合って、その後の対応を決めることになります。

誰にでもおこりうることなので、自分を責めないで

f4e02932ea92c4e860f6c5e984ef6b5a_s

妊婦健診にエコー検査が用いられるようになるまでは、ママや赤ちゃんの状態がわからなかったので、仮にバニシングツインを経験していても、それに気づかないでいられた女性が多かったはずです。

ですが、妊娠検査薬が市販され、フライング検査が増えている今、化学流産に気づく女性が増えたのと同じように、バニシングツインである事実を突きつけられるママも増加しています。

バニシングツインは、ママが原因でおこることではなく、予防もできない自然の摂理です。一人を失った悲しみは深いと思いますが、残された我が子をしっかり出産することに集中して、前向きな気持ちで妊婦生活を過ごしてくださいね。

  関連記事

妊娠週数の数え方とママの身体の変化を覚えておこう!

産婦人科で妊娠を告げられたときから、「妊娠○週○日」という目安が、ずっとついてま …

これもダメ?妊娠中にやってはいけない意外なこと!

赤ちゃんのことを第一に考えて! 妊娠中どうしても気にしてしまうのが、体に無理をか …

尖圭コンジローマってどんな病気?お腹の赤ちゃんへの影響は?

妊婦健診で行われる血液検査に、性病の検査項目が含まれているのは、妊娠中あるいは出 …

妊娠中の水疱瘡にはどのような危険がある?予防法は?

まだ水疱瘡にかかっていない妊婦さんは注意が必要!時期によっては胎児にも影響が 妊 …

もしかしてつわり?つわりの主な症状とは?

妊娠をするとつわりという現象がおこります。その症状として吐き気やおう吐といったも …

デング熱とはどういった病気?妊婦や赤ちゃんが感染したらどうなるの?ハッカ油を使った虫よけ対策方法も教えます!

テレビでも騒がれたデング熱について詳しく知りましょう テレビなどでもかなり話題に …

耳にするけどよく知らない…病院と助産院の違いとは?

妊娠に喜んだのもつかの間、次に考えなくてはいけないのが赤ちゃんを産むところです。 …

妊娠中の抗生物質を飲む際に、胎児に影響は大丈夫?妊娠初期は特に注意したい抗生物質の危険性とは?

妊娠から出産までの期間において、女性が留意するべき生活週間はとても多いものです。 …

健康が気になる妊娠初期こそビタミンEが含まれた食材を取って栄養をしっかり補給しよう

妊娠中の摂取が推奨される栄養素は数多くありますが、なかでも特に妊娠初期に欠かせな …

つわりに悩むあなたに…もう「梅干し」は試してる?効能や注意点、おすすめレシピなど

吐き気、だるさ、眠気…つわりは妊婦さんを悩ませるもっとも巨大な敵かもしれません。 …