ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中の風邪はどうやって治せばいい? 赤ちゃんへの影響や病院にいくタイミングについて

   

妊娠中は女性ホルモンの分泌バランスが変わるので、免疫力が低下すると言われています。そのため体調を崩しやすく、妊娠中にママが風邪をひいてしまうことも珍しくありません。

一方で妊娠中は、服用できる薬が制限されます。そして、風邪で体力が落ちたことがきっかけで、ウイルスに二次感染する可能性もあります。

そう考えると、服薬はもちろん、ママの身体に起こっているさまざまな症状によって、お腹の赤ちゃんに悪影響が及ぶのではないかと、不安に感じてしまいがちです。

だからこそ、妊娠中にかかった風邪の治し方や、注意が必要な状態を理解しておくことが大切なのです。

そこで今回は、妊娠中のママが風邪をひいてしまった時の対処法や、病院に行くべきタイミングについてお話しします。

妊娠中の風邪、赤ちゃんに影響はある?

風邪は正式名称を「かぜ症候群」と言い、「普通感冒」や「流行性感冒(インフルエンザ)」「咽頭炎」「気管支炎」など、上気道に起こる急性の炎症のことです。

初期症状には、咳や鼻づまり、鼻水、くしゃみ、喉の痛みなどがあります。風邪をひくと、原因であるウイルスを退治するため、「炎症性サイトカイン」などの物質を体内で生産し始めます。

その結果、頭痛やだるさ、発熱、食欲不振などが起こります。また、腹痛や下痢、嘔吐を伴う風邪もあります。

基本的にウイルスが赤ちゃんに直接感染するということはありませんが、上記のような症状が影響を与えることもあるので楽観はできません

それでは、特に心配な症状と考えられる影響について、説明していきましょう。

高熱の場合

お腹の赤ちゃんの体温は通常、ママよりも0.5℃ほど高くなっています。そして赤ちゃんは常に代謝熱を産生しており、胎盤を通じて母体にその熱を放射することで、体温を調節しています。

ですがママが風邪をひいて、38℃以上の高熱が3日以上続くと、羊水の温度が上がってしまうのです。すると赤ちゃんも体温が高くなり、心拍数も増えてしまいます。

赤ちゃんの体温上昇が原因で、流産や胎児死亡、神経管欠損が起こったケースも報告されています。

咳がひどい場合

激しい咳が長く続くと、どうしても腹圧がかかるので、お腹が張りやすくなってしまうものです。また、激しい咳によってママが酸欠状態に陥った場合は、お腹の赤ちゃんに供給する酸素量が減ってしまいます。

お腹の赤ちゃんも同じように酸欠になってしまうと、虚弱体質になったり、脳の成長に影響が出ることがあります。咳が2~3日で治まらない場合は、早めに病院に行くようにしましょう

下痢をしている場合

風邪による下痢が続くと、腸の刺激や腹圧がかかりやすいなどの理由で、お腹が張りやすくなります。また、嘔吐を伴う下痢や、腹痛もある水下痢の場合、ウイルス感染症の可能性を否定できません。

下痢とともに出血する、あるいはお腹の張りが強まっている時は、切迫流産や切迫早産も疑われるので注意が必要です

妊婦の風邪はどう治したらいい?

妊娠時期にもよりますが、風邪をひいても、できるだけ薬は使わずに治したいと思うママも多いはずです。

そこで、自宅で簡単に実践できる風邪の治し方を、いくつかご紹介していきます。まずは、できることから実践してみてください。

安静が一番! 体を温めてゆっくり休もう

妊娠中に風邪をひいた時には、まず安静にするのが第一です。風邪をひいたママは、さらに免疫力が下がってしまうので、動きすぎて体力を消耗すると、二次感染のリスクが高まるからです。

そして安静にする際には、身体を温めることを意識してください。寒気を感じたら、背中の肩甲骨の間を温めると、身体がポカポカしてくるはずです。ひたすら横になって、症状が治まるのを待ちましょう。

脱水症に注意! 水分補給はしっかりと

発熱すると、汗をかきます。喉が渇いたという自覚がなくても、こまめに水分補給してください。これは、ママが脱水症状を起こさないことが重要だからです。

その際、水より経口補水液を飲む方が良いでしょう。市販のものもありますが、水500mlに砂糖を10~20g、お塩を1.5g、レモンを適宜加えることで、自宅で簡単につくれます。

材料がすべて透き通るまで混ぜて溶かし、冷蔵庫で保管しながら、つくったその日のうちに飲み切ってください。

スポーツ飲料は糖分が多く、脱水症状の改善には効果が薄いので、おすすめしません。

食事に気をつけて内側から回復

風邪をひいている時は、胃腸の働きも弱っているものです。そのため、おかゆやおじや、煮込みうどんなど、胃腸に負担をかけずに食べられるメニューを意識して摂りましょう。

その際、身体を温めてくれる食材を意識して使うのも有効です。

  • 紅茶にすりおろしたショウガを入れる
  • はちみつ大根をなめる
  • ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜が入った温かいスープを飲む

ニラやネギ、タマネギ、塩、味噌、黒砂糖、唐辛子なども、適量であれば身体を温めるのに一役買ってくれます。

なかなか良くならない場合は産婦人科へ

妊娠中に風邪をひいたと気づいたら、すぐに薬を飲むのではなく、安静にして消化の良いものを食べ、しっかり水分補給をして、自然に回復するのを待つのが基本です。

ですが、自宅で対処法を実践しても改善する兆しがない、以下のような心配な症状がある時には、病院で診察を受けた方がよいです。

  • 38℃以上の熱が2日以上続く
  • 熱が40℃を超えている
  • 微熱が1週間以上続く
  • 咳がひどくて眠れていない
  • 咳が数日たっても治まらない
  • 咳をするたびにお腹が張る
  • 水分を摂ってもすぐに下痢してしまう
  • 嘔吐がひどくて水も飲めない
  • 下痢に腹痛や出血を伴っている

そして、妊娠中に風邪を引いた時には、まず産婦人科で診察を受けましょう。かかりつけの先生なら、お腹の赤ちゃんに負担がかからない薬を処方してくれるので安心です。

ただし、産婦人科に行く前に電話をして、自分の病状をきちんと伝えることを意識してください。

流行性感冒(インフルエンザ)などが疑われる場合、集団感染を避けるために、病院が来院時間を指定することがあるからです。そして、必ずマスクを着用して、産婦人科に行きましょう。

妊娠中に市販の風邪薬は飲んでも平気?

風邪の症状が辛い時には、自宅にある市販薬を飲もうかと考えるママもいるかもしれません。ですが、妊娠中は市販薬を飲まないというのがセオリーです

というのも、市販されている風邪薬の中に、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす成分が含まれていることがあるからです。

特に注意が必要なのは、「イブプロフェン」という痛み止めの成分です。妊娠時期にもよりますが、妊婦さんがイブプロフェンを服用したことで、赤ちゃんに奇形をもたらしたケースが報告されています。

漢方薬なら問題ない? 自己判断の危険性

市販薬の注意書きにイブプロフェンではなく、別の薬品名が書かれていると、素人では安全かどうかは判断できません。

化学薬品ではなく、葛根湯などの漢方薬ならば大丈夫ではないかと考えるひともいることでしょう。

しかし、漢方薬であるが故にどんな風邪の症状でも効果があるとは言い切れませんし、薬の服用については自分で決めるのでなく、病院に行って適切なものを処方してもらうに限ります。それが、母子の健康と発育を守るのには一番です。

そもそも妊娠中に風邪をひきやすいのはなぜ?

実は、妊娠中に免疫力が下がるのは、女性ホルモンの影響だけではありません。お腹の赤ちゃんは、パパの遺伝子を半分持っているので、ママの免疫力が正常のままだと異物とみなして、拒絶反応が起こってしまうからです。

免疫力の低下は、それを避けるためにママの身体に備わったメカニズムなわけです。

また、つわりや寝不足などで体力が落ちることも、ウイルス感染しやすくなる原因となります。

妊娠中は風邪をひきやすいだけでなく、かかると治りにくいので、予防を心がけるのが得策です。

長引くときはただの風邪じゃないことも…

最初は風邪でも、長引くことで他のウイルスに二次感染するケースも少なくありません。

そもそもかぜ症候群のウイルスは200種類を超えており、体力の低下から別の感染症にかかるママもたくさんいるのです。

風邪と間違われることの多い病気をまとめておきますので、自分の症状をチェックして、心配な時には病院で診察を受けましょう。

トキソプラズマ

「トキソプラズマ」という原虫に感染することで発症するのが、「トキソプラズマ症」です。

人間を含む哺乳類と鳥類を宿主にしており、トキソプラズマに感染している肉を、十分に加熱しないで食べることで経口感染します

また、トキソプラズマに感染している猫のフンが、感染源になることもあります。この場合も経口感染だけで、空気や経皮によってはうつりません。

トキソプラズマ症を発症すると、微熱やリンパ節の腫れ、体調不良など、風邪の初期に似た症状が出ます。

知らない人が多い!妊娠中にトキソプラズマに感染するとどうなるの?症状や妊婦さんへの影響とは?

赤ちゃんへの影響と予防法

もしお腹の赤ちゃんが胎盤を通して感染すると、「先天性トキソプラズマ症」を発症してしまいます

妊娠初期には流産のリスクが高まり、妊娠中期には低出生体重や脳炎、黄疸、肝脾腫、リンパ節膨張を発症することがあります。

妊娠後期だと精神運動発達の遅れや水頭症、網脈絡膜炎、脳内石灰化など特有の症状があらわれたり、痙攣・貧血・血小板減少・黄疸・肝機能障害を引き起こすこともあります。

妊娠前に血液検査を受けて感染していないことを確認したうえで、肉を食べる時にはきちんと加熱調理をする、猫のトイレを片づけたり、庭いじりなどで土を触る時には必ず手袋を着用し、作業が終わったら石けんを使ってきちんと手を洗う習慣をつけましょう。

ペットのいる妊婦さん必見!赤ちゃんを守るペットとの暮らし方

インフルエンザ

インフルエンザウイルスに感染することで起こる、呼吸器感染症のことをいいます。A型・B型などの種類があり、毎年冬場に流行します。

感染すると1~3日の潜伏期間を経て、全身の倦怠感や悪寒を伴う高熱が起こり、急激に悪化します。合わせて、咳や咽頭痛、鼻水、吐き気、嘔吐、下痢が伴うこともあります。感染経路は、「飛沫」「接触」「空気」の3つです。

妊娠中にインフルエンザになってしまった時、タミフルは使用しても大丈夫?お腹の赤ちゃんに影響はあるの?

赤ちゃんへの影響と予防法

新潟大学脳研究所によると、妊娠中のママがインフルエンザに感染することで、お腹の赤ちゃんが将来、統合失調症を発症する確率が高くなるといわれています。

流行性感冒(インフルエンザ)はもともと、かぜ症候群の中でも症状が重いので、妊娠中に発症すると重症化しやすいものです。

そのため、治療のために「リレンザ」を投薬されることになります。リレンザは、お腹の赤ちゃんには影響を与えないといわれているので、処方された通りに服用しましょう

予防方法としては、以下のようなことがあげられます。意識して、実践しましょう。

  • 外出の機会を減らす
  • 人混みを避ける
  • 外出時にはマスクを着用する
  • 帰宅後の手洗いとうがいを徹底する
  • できれば外出先から戻ったらすぐに入浴する
  • 部屋の湿度を50~60℃に保つなど

風疹ウイルス

風疹は3日麻疹とも呼ばれ、風疹ウイルスに感染することで発症します。感染すると、発熱や発疹、リンパの腫れなどがあらわれます。

風疹ウイルスは、感染者の咳やくしゃみを浴びて、飛沫感染することでうつります。空気感染することはありません。

妊娠中に風疹にかかることはさけたい!予防法と対策を知っておこう

赤ちゃんへの影響と予防法

妊娠中のママが風疹にかかると、お腹の赤ちゃんもウイルスに感染してしまい、「先天性風疹症候群」を発症します

その結果、低体重や眼球異常、難聴、心臓の奇形、中枢神経障害、小頭症といった、奇形が起こるリスクが高まります。

また、一時的に血小板減少性紫斑病や肝脾腫、肝炎、溶血性貧血、間質性肺炎、大泉門膨隆などが見られることもあります。

予防するためには、妊娠前に家族も含めて風疹のワクチンを受けるほか、人混みを避け、外出時には常にマスクを着用するといった対策が必要です。

妊娠中期に注意しなければならない先天性風疹症候群とは?

予防はしっかり、でも備えも肝心

冬期間に風邪が流行るのを、止めることはできません。ですが、日ごろの生活習慣に配慮することで、風邪をひかないように予防することはできます。

まず、風邪が流行っている時期は外出を最小限にして、どうしても出かけなければいけない時には感染予防に効果のあるマスクを装着しましょう

手を洗う時には石けんを使い、うがいは緑茶やウーロン茶ですると殺菌効果が高くなります。また、以下のようなことも風邪の予防につながります。

  • 身体を冷やさない
  • バランスのとれた食事をする
  • 睡眠を十分にとるなど
  • 生活習慣を見直す

これらに気をつけていても風邪にかかってしまうことはあります。そんな時には、しっかり休養して、薬を使わずに回復させることを目指しましょう。

休んでいるのに体調が回復しない時や心配な症状があるなら、我慢せずにかかりつけの産婦人科の先生に診察してもらうのがベストです

風邪以外の感染症にかかっている可能性もあるので、さまざまな病気の知識を身につけておき、予防や早期治療を行えるようにしておいてくださいね。

  関連記事

初期中絶手術とは?人工妊娠中絶の方法や費用について

残念ながら、世の中には望んでいない妊娠で苦しむ女性がいて、その結果、人工妊娠中絶 …

進行流産が妊娠初期におこるって聞くけどどんな状態?原因と処置方法を教えて!

流産とは、妊娠22週未満までに妊娠が終了してしまうことをいい、妊娠した女性の約1 …

妊娠中にMRI検査を受けても大丈夫って本当?時期によっても違う?

近年は働く女性が増えていることもあり、産休に入るまで仕事を続けるママも多いです。 …

妊娠中に注意すべきタンパク尿とは?症状や対策について理解しよう

タンパク尿が出てしまった場合早めに対策を取らなければなりません! 妊娠中はタンパ …

鉄分が豊富なレバーを、妊娠中に食べてはいけない理由は?

妊娠中に、鉄分不足になってしまうママは多いものです。鉄分が豊富な食材といえば、真 …

妊娠検査薬で陽性反応!産婦人科と婦人科どこに行けばいい?違いは?

妊娠検査薬で陽性反応が出た際に多くの人が迷ってしまうのが、産婦人科と婦人科のどち …

妊娠中に気をつけたいサイトメガロウイルスってどんなもの?

妊娠中の感染に注意しなくてはならないウイルスの1つがサイトメガロウイルスです 日 …

妊娠12週は食べ過ぎによる体重増加に注意!

体が落ち着いてくる時期ではありますが、だからといって食べ過ぎないように この頃か …

妊婦さんに王様の抱き枕が人気って本当?使用するメリットとデメリットは?

>>抱き枕で妊娠中の寝苦しさを解消しよう 妊娠週数が進むとお腹が大きくなり、仰向 …

妊娠届出書はどのタイミングでもらうの?その方法とは?

妊婦健診には、健康保険が適用されません。そのため、地方自治体ごとに、様々な助成を …