ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

女性なら誰でも取れるのが産休!条件や育休との違いは?

   

知っていそうで知らない産休について詳しくご紹介します!

ddd3dad613828f087d6aaaa8edf03129_s

それまで仕事をしていた女性は、産休についてもチェックしておくといいですね。どれくらいの期間産休が取れるのか?手続きの方法は?と、疑問に思っている方も多いはず。スムーズに産休を取るためにも知っておきたい情報についてご紹介します。

産休とは?

産休とは、正しくは「産前産後休暇」といいます。つまり、出産前と出産後に取得できる休みのことです。この間は出産の準備をし、育児に慣れるための大切な期間とも言えるでしょう。

産休取得の条件とは

産休は雇用形態に関わらず誰でも取得する権利があります。これは労働基準法で定められていることなので、「自分はアルバイトだから申請しても取れないだろう」と考えないようにしましょう。

パートやアルバイト、派遣社員として働いている方の中には産休の申請をした際にそれを理由に解雇されてしまうのではないかと心配している人もいるかもしれません。ですが、こういったことは禁止されています。

産前休暇・産後休暇について

産休には産前休暇・産後休暇という2種類があります。産前休暇とは、出産前の休暇で、6週間以内に出産の予定があれば取得することが可能です。なお、双子以上の場合は負担が重いということで14週間前から請求できます。

次に産後休暇についてですが、こちらは出産後に取る休暇のことです。法律で出産後8週間の間は女性を働かせてはいけないと決められています。ただし、産後6週間を過ぎた時点で本人に働きたいという希望があり、更に医師がそれを認めた場合には就業可能です。

派遣社員でも産休や育休はとれるの?メリットとデメリットは何? | ハグー!
近年は、非正規雇用で働く人が増えています。そのため、派遣社員として働きながらママになろうとしている女性は、案外多いものです。とはいえ、派遣社員は正社員のように福利厚生が充実しているとは言い難いので、産休や育休がとれないのではないかと、不安に思う人も多いはずです。 そこで今回は、派遣社員でも産休や育休が取れるのかどうか、その場合はどんな条件が必要なのか、取得するメリットとデメリットについてなど、幅広く紹介します。申請する前に、しっかり理解しておきましょう。 派遣社員でも産休はとれるの?その条件とは? そもそも産休っていつから取れるの? 産休とは、産前休業と産後休業を合わせた休み期間のことで、産前は6週間前から、産後は8週間とることができます。双子を妊娠している場合は、産前は14週前から休業に入れますし、本人が請求しお医者さまが認めた場合は産後6週間で職場復帰が可能という制度です。 派遣社員が産休を取れる条件は? さて、派遣社員が産休を申請できるかどうかですが、正社員同様に取得が可能なので問題はありません。そして、産休の申請先は派遣されている企業ではなく、登録している派遣会社になります。 派遣会社に登録した労働者で、妊娠している女性であれば産休の申請はできますが、産休中に契約期間がきれると契約終了となります。派遣会社によっては、産休中は直接雇用に切り替えてくれる企業もあるので、登録前に調べておきましょう。 派遣社員でも育休をとれるの?そのための条件とは? 育児休業制度も産休同様、派遣社員でも取得することができます。ただし、育休を取るために必要な下記の3つの条件を満たしていなければなりません。 同一の事業主に引き続き1年以上雇用されていること 子どもの1歳の誕生日を過ぎても引き続き雇用される見込みがあること 子どもの2歳の誕生日の前々日までに労働契約期間が満了し、かつ契約更新されないことが明らかでないこと 育休の申請も、派遣会社に行います。育休の申請期限は育休開始予定日の1ヵ月前までと法的に決まっているので、産休に入る前に派遣会社に申請しておく必要があります。 ただし、派遣会社の育休の取り決めが、以下のように明記されていると、休暇が取れない可能性があります。 派遣元に雇用された期間が1年未満である 1年以内に派遣元との雇用関係が終了する予定である

育休と産休はどう違う?

産休というと、どうしても育休と同じようなものだと考えてしまう方もいるでしょう。ですが、大きな違いがいくつかあります。まず、産休は女性しか対象とならないものの、育休は一歳未満の子供を育てる男性・女性の労働者が対称になるということ。

それから、給付金がもらえるタイミングも育児休業給付金は育児休業に入ってから3か月後であるのに対し、産休手当(出産手当金)は出産後1~2ヵ月になります。また、育休は1年以上継続して雇用されている方でなければ取得ができないのに対し、産休は全ての女性が取得できます

手続きの仕方

育児休業を取り始める予定日と、終了予定日を決めます。これらを明記した書面を会社に提出する必要がありますが、この用紙は会社側で用意してくれる場合もあるので先に確認しておいたほうがいいでしょう。

産休を利用する際の注意事項

いつから産休を取ろうかまだ決めていないという方でも、妊娠がわかったら早めに会社に相談をしたほうがいいです。重いものを運ぶような仕事を担当していた場合、配置換えなどを行ってもらわなければなりませんよね。

仕事の引き継ぎにかかる時間も人によって違いますが、数ヵ月かかってしまうこともあるはずです。産休を取ったあとも他の仲間が困らないように対策を取ってから抜けるのがマナーとも言えます。

育児休業給付金をもらえる条件って何?育休中は延長できるの? | ハグー!
育児休業給付金とは、子どもが1歳になる前日までの育児休業期間、取得するママもパパも無給になるので、本人が雇用保険から支給される手当のことをいいます。ママとパパが別々に育児休業をとることも、二人同時に取得することも可能です。 とはいえ、育児休業給付金にも受給条件があり、申請が必要です。そこで今回は、育児休業給付金を申請するための条件や方法、受け取れる金額の目安、延長が可能かどうかについて、お話しします。 育児休業給付金を申請するための条件とは? 育児休業給付金は、子どもが産まれれば誰でもとれるというものではありません。受給にあたって、以下のような条件を満たす必要があります。 雇用保険に加入していること 育児休業に入る前の2年間のうち、1ヵ月に11日以上働いた月が12ヵ月以上 育児休業中に勤務先から月給の80%以上の給与をもらっていないこと 育児休業の日数が対象期間内に毎月20日以上あること 育児休業終了後に仕事に復帰する意思があること この条件を満たしていれば、正社員だけでなく、契約社員やパート・アルバイトでも育児休業給付金を受け取ることができます。また、育児休業給付金はパパとママがそれぞれ育休をとった場合だけでなく、二人同時に取っても支給されます。その場合、「パパ・ママ育休プラス」といい、赤ちゃんが1歳2ヵ月になるまで、それぞれ1年間の育児休業を取得できます。 育児休業給付金の手続きと金額の目安が知りたい! 育児休業給付金の手続きは、勤務先が行うのが一般的です。勤務先から申請書類を受け取り、必要事項を記入した上で返送します。 ただし、出産手当金は一度申請するだけでOKですが、育児休業給付金は2ヵ月ごとに追加申請が必要です。育児休業の予定期間に合わせて、必要な枚数の書類をあらかじめ受け取っておくことをおすすめします。 気になる支給額ですが、2014年4月より育児給付金が引き上げられています。育児休業を取得してから6ヵ月の間は、休業開始前の賃金の67%が、それ以後は50%となります。 ここでは、休業前の標準報酬月額÷30日で標準報酬日額を算出し、そこに日数と割合をかけて計算します。ただし、支給率が67%だった時の1ヵ月の支給額は28万6023円、50%の場合は21万3450円が上限となっています。支給額は対象者によって変わるので、事前に調べておきましょう。

  関連記事

マタニティマークはどこでもらえる?マークをつけることで危険な目にあうことも!?

マタニティマークの配布場所やカバンなどにつける際の注意点とは? 出典:厚生労働省 …

妊娠中は車の運転を避けるべき?運転する場合の注意点とは?

妊娠初期はいざ知らず、お腹が大きくなってからも、住んでいる地域や仕事の状況によっ …

ホルモン剤であるエストリオールって、どんな薬?

不妊治療で処方されるホルモン製剤の一つに、「エストリオール」があります。では、数 …

赤ちゃんの小頭症のリスクを上げるジカ熱とは?症状や治療などについて

ブラジルで流行しているジカ熱というものが話題になっています。これは、蚊を媒体にし …

妊娠中にまつげエクステをしても大丈夫?注意点はあるの?

妊娠中は肌が敏感になるので、メイクが辛いと感じる女性が多いものです。また、出産後 …

つわりが酷い時に摂取したいビタミンB6の効果とは?妊娠中に必要な栄養素はほかにもある?

妊娠期間で多くの人が経験するトラブルである「つわり」。つわりにも様々な症状があり …

「稽留流産」は妊娠初期におきやすい。症状・対処法を解説します

気をつけていてもなかなか防ぐことが難しい「稽留流産」 妊娠している時に一番気をつ …

妊娠判明!赤ちゃんのために見直したい生活習慣まとめ

妊娠が分かると新しい生命がお腹に宿ったことに母としての喜びを感じ、夫婦一緒に赤ち …

手術よりも妊娠中絶薬のリスクは低い?入手方法とは?

妊娠は必ずしも喜ばしいことだけではありません。身体的、あるいは経済的に事情がある …

妊娠中の抗生物質を飲む際に、胎児に影響は大丈夫?妊娠初期は特に注意したい抗生物質の危険性とは?

妊娠から出産までの期間において、女性が留意するべき生活週間はとても多いものです。 …