ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中の旅行の注意点&避けるべきスポットは?

   

旅行プランを考え中の妊婦さんへ!避けるべき場所・注意点を紹介します

maternity-830683_1920

授かり婚も珍しくない昨今では、新婚旅行を妊婦として迎える女性も少なくはないでしょう。また、ご主人と二人きりで過ごせる最後の思い出作りに、ロマンチックな旅行のプランを練っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

マタニティ旅行、略して“マタ旅”という言葉もありますので、以前に比べ妊婦さんの旅行に抵抗を感じる方も少なくなっているのかもしれません。

とはいえ、当然ですが妊娠していない頃のようにアグレッシブな動きは避けるべきです。と、言われてみても、「具体的に何を避ければいいものなの!?」と心配してしまう新米ママへ。そこでここでは、妊娠中の旅行に「避けるべき場所や注意点」について少し詳しくご案内します。

旅行に行ってもいい期間はいつ頃?

妊娠期間中には、旅行をするべきではない時期も存在します。状況や状態によっては、妊婦さんごとにその時期が異なる事もあるのですが、まずは一般的に言われている旅行OKな期間についてお話しします。

妊婦さんが旅行に行ってもいいと言われている期間は、安定期です。安定期とは、およそ妊娠5ヵ月~7ヵ月頃の妊娠中期にあたります。この時期になると胎盤も完成しているため、流産のリスクも少なく旅行に適していると知られています。

安定期に入っていない妊娠初期の段階で無理に旅行に出かけてしまうと、流産の可能性がアップしますし、逆に妊娠後期以降の旅行は旅先でのアクシデントに対応しきれないケースが懸念されるため、避けたほうが賢明でしょう。安定期を過ぎていれば、予定日まで自由にできる!というわけではありませんので注意が必要です。

とはいえ、安定期であれば絶対に流産をしないのか?といえば、答えは「NO」です。あくまでも安定期とは、妊娠期間中のなかでも比較的リスクの少ない期間である、とういう事を理解しておきましょう。たとえ妊娠初期や妊娠後期を避けていたとしても、流産のリスクをゼロにする事はできません。

さらに、すべての妊婦さんが同じように安定期を迎えられるわけでもありません。ご自身の状態や体調によっては、時期的には安定期でも旅行に行くべきではないと判断されるケースも珍しくはないのです。具体的に旅行のプランを立ててしまう前に、まずはかかりつけの産婦人科医に相談をしておく事をオススメします

妊娠中に避けるべき場所は?

旅先では、日常生活で足を運ばないような場所に行く事が多いかと思います。万が一の事を考えて、“どこに行くのか?”についても慎重に考慮しましょう

妊娠中に避けるべき場所3つを紹介します。

混雑した場所

人が多く、混雑した場所では、転倒や衝突のリスクも高く、普段から気をつけている方も多いかと思います。もちろんそれは、旅行中でもそれは同じ事です。満員電車やライブ、イベントなどへの参加は考え直してみる必要があります

飛行機(移動中)

健康な妊婦さんに限り、『飛行機に乗ってはいけない』という決まりはありません。事情によっては、飛行機に乗らざるを得ないケースもあるでしょう。しかし、飛行機への搭乗には様々なリスクが存在している事を理解しておいてください

例えば、機内で突然体調が崩れてしまった時、つわりが長引き、気分が悪くなってしまった時…。飛行機を途中で降りる事はできませんので、対応しきれないケースも考えられます。

一部の温泉

妊娠中はお腹も大きく、床が滑りやすい温泉では危険が付きまといます。また、様々な人が利用する温泉での入浴は感染症のリスクも高めてしまうでしょう。これに加えて、長風呂による血圧上昇の心配もあります。そのため、しばしば妊婦さんNGな温泉もあるほどです。

「絶対に避けるべき!」とまではいえませんが、妊婦でも利用できる温泉であるのかを確認し、入浴の時間も長くなりすぎないように気をつける事や、転倒しないように注意を払う必要があります

安全に旅行を終えるために、妊婦さんが気をつけるべきポイントは?

妊娠期間中の旅行を計画する際に、注意するべきチェックポイントを紹介します。

妊婦さんの旅行で気をつけたい5項目!

ギュウ詰めプランは避けてください!

いつもの自分なら問題なくこなせるプランであっても、妊娠中の自分にも大丈夫だとは限りません。無理なく、負担なく楽しめるように、旅行の計画は余裕を持って

事前に現地の病院をチェック!

妊娠期間中は何がおこるかわかりません。たとえ万全を期したプランを練っていても、流産の危険を全く無くしてしまう事はできないのです。もしもの事があった時を想定して、現地の病院をチェックしておくようにしてください。

移動手段は、電車がベター!

旅行の移動手段は様々ですが、なかでも妊婦さんに負担が少ないのは電車です。自分のペースで移動できる自動車もオススメですが、渋滞に巻き込まれた時などを考えれば電車の方が安心して移動できるのでオススメです。

旅行中の無理は禁物!休憩を挟んで!

「疲れたなんて言ったら、空気が悪くなっちゃうかも…」という心配はしないでください。気分が悪い、疲れてしまった、そんな時は、無理をせず休憩を挟みましょう。ドライブで座っていても、同じ姿勢をキープし続けると体は疲れてしまいます。

そのため、できるだけ自動車での移動は避けるようにしてください。やむを得ない場合は、2時間に1度はパーキングで休憩をとり、体への負担を軽くするように心がけましょう。

保険証&母子手帳は持参しよう!

現地でのアクシデントに備えて、保険証・母子手帳は必ず持参してください

  関連記事

健康が気になる妊娠初期こそビタミンEが含まれた食材を取って栄養をしっかり補給しよう

妊娠中の摂取が推奨される栄養素は数多くありますが、なかでも特に妊娠初期に欠かせな …

尖圭コンジローマってどんな病気?お腹の赤ちゃんへの影響は?

妊婦健診で行われる血液検査に、性病の検査項目が含まれているのは、妊娠中あるいは出 …

嬉しいはずなのに気持ちが沈む…。妊娠うつに効く食事改善法とは?

妊娠は夫婦にとっても、双方の実家にとっても喜ばしい出来事のはずです。ですが、妊娠 …

スモークサーモンにはリステリア菌が!妊娠中の妊婦は食べてはいけない?

妊娠中は、生肉や刺身は避けておいた方が良いと言われます。これは、加熱されていない …

妊娠中に気をつけたいサイトメガロウイルスってどんなもの?

妊娠中の感染に注意しなくてはならないウイルスの1つがサイトメガロウイルスです 日 …

妊娠中に注意すべきタンパク尿とは?症状や対策について理解しよう

タンパク尿が出てしまった場合早めに対策を取らなければなりません! 妊娠中はタンパ …

妊娠中にMRI検査を受けても大丈夫って本当?時期によっても違う?

近年は働く女性が増えていることもあり、産休に入るまで仕事を続けるママも多いです。 …

妊娠と赤ちゃんのアトピー・アレルギーの関係とは?遺伝はする?卵・牛乳はNG?

妊娠中に食べるものや両親のアトピーやアレルギーは遺伝するのか? 妊娠をすると様々 …

妊婦さんに王様の抱き枕が人気って本当?使用するメリットとデメリットは?

>>抱き枕で妊娠中の寝苦しさを解消しよう 妊娠週数が進むとお腹が大きくなり、仰向 …

プレママのうちに知っておきたい!乳幼児医療費助成制度のこと

乳児に限らず、子どもは成長の過程でケガや病気を避けて通ることはできません。そんな …