ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

プレママでもディズニーに行きたい!避けるべき期間・アトラクションとは?

   

妊娠中のディズニー、おすすめシーズンやNGアトラクションの紹介!

17cb4992f325732aa367b8588f03c863_s

妊娠中の体は、普段より制限がかかってしまうものです。無事に安全な出産を迎えるため、多くのプレママは常日頃から行動にセーブ掛けている事でしょう。そんなプレママにしてみれば、妊娠中にディズニーと聞くと「え、大丈夫なの!?」と驚いてしまうかもしれません

その反面、赤ちゃんが生まれる前だからこそ行っておきたいという方も多いはず。ディズニーランドには『妊婦が来園してはいけない』というルールはありません。

万全の体制で、出産前最後に最高の思い出を作るためにも、ここでは、妊娠中のディズニーランド・シーに関する注意点などを紹介します。

いつ行けばいいの?妊娠中のディズニー!

たとえ出産を控えたプレママであっても、十分楽しく過ごせるのがディズニークオリティ。とはいえ、もちろん妊婦さんには安静にしておくべき期間が存在しています。

妊娠初期(1ヵ月~およそ4ヵ月)・妊娠後期(およそ8ヵ月以降)を避け、安定期(およそ5ヵ月~7ヵ月頃)に計画を立ててください。また、ケースによっては、時期的には安定期であっても、安静にしていなければいけない方も珍しくありません。事前にかかりつけのお医者さんへ相談しておくと安心です。

これに加え、ディズニーランド・シーの繁忙期も避けるべきです。混雑していれば、それだけ転倒や衝突のリスクもアップしますし、アトラクションの待ち時間も長くなる事が予想されます。体への負担を少しでも軽くするためにも、できるだけ閑散期に計画する方が良いでしょう。

月ごとの予想混雑具合を紹介します。妊娠期間中のディズニーを企画する際、参考にしてください。

ディズニーランド・シーの月ごとの混雑具合は?

おすすめ度 ポイント
1月 お正月は混在が予想されますが、2週目以降は落ち着く事が多いです
2月 1月中ごろ~2月にかけては狙い目!ただし、冷え込むシーズンですので防寒対策はしっかりとしましょう
3月 春休みは学生さんが多く、大変混雑しやすい時期です。
4月 3月同様、混雑が予想されます。
5月 × 行楽シーズンの到来。ゴールデンウィークもあり、とても混雑します。
6月 5月に引き続き、天気のいい週末は混雑が予想される反面、雨の日や平日は空いています
7月 × 夏休みに入ると、休日・平日問わず大変混雑しています。
8月 × 7月に引き続き、8月いっぱいは大変混雑しています。
9月 夏休みも終わり、平日は落ち着いてきます。とはいえ、休日は混み合っている状態です。
10月 × ハロウィーンのイベントもあり大変混雑しています。
11月 10月・12月に比べ、平日は少し落ち着いています
12月 × クリスマス・年末とイベントが多く、混雑が予想されます。

妊婦NGなアトラクションがあるって本当?

妊婦さんでも来園OKなディズニーですが、アトラクションの中には妊婦さんが乗る事のできないものもあります

プレママNGなアトラクション

ディズニーランド
  • ビッグサンダー・マウンテン
  • スプラッシュ・マウンテン
  • スペース・マウンテン
  • ガジェットのゴーコースター
  • スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー
  • グランドサーキット・レースウェイ
ディズニーシー
  • タワー・オブ・テラー
  • ストームライダー
  • インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮
  • レイジングスピリッツ
  • センター・オブ・ジ・アース
  • フランダーのフライングフィッシュコースター

また、上記に紹介したアトラクションとは別に、補助なしで座れない・足が届かない、などの原因からNGになってしまうアトラクションもあるので、事前に把握しておきましょう

ケースによってはプレママNGになるアトラクション

ディズニーランド
  • カリブの海賊
  • ピーターパン空の旅
  • 白雪姫と七人のこびと
  • ピノキオの冒険旅行
  • 空飛ぶダンボ
  • キャッスルカルーセル
  • プーさんのハニーハント
  • ロジャーラビットのカートゥーンスピン
  • スタージェット
  • モンスターズ インク ライド&ゴーシーク
  • ビーバーブラザーズのカヌー探検
ディズニーシー
  • アクアトピア
  • ジャンピング ジェリーフィッシュ
  • トイ・ストーリー マニア
  • ジャスミンのフライングカーペット
  • スカットルのスクーター

妊婦が受けられる特典とは?

ディズニーランド・シーには、病気の人や怪我を負った方の待機・移動にともなう負担を軽減する『ゲストアシスタンスカード』という証明書が存在しています。このカードによるサポートは妊婦さんも受けることができますので、有効に利用してみてはいかがでしょうか

カードの入手は、以下のような方法があります。

  • 電話で予約しておく(1ヵ月前からOK!)
  • 来園当日にエントランスで発行してもらう

ただし、このカードによって列に並ばなくても良くなるわけではありません。待っている間の体の負担を軽くしてくれるサービスを受けられるだけで、待ち時間が短く済む事はありませんので注意しましょう

  関連記事

妊娠中に気をつけたいサイトメガロウイルスってどんなもの?

妊娠中の感染に注意しなくてはならないウイルスの1つがサイトメガロウイルスです 日 …

吐き気や眠気だけじゃない!「めまい」もつわりの症状だって知っていますか?

妊娠初期に多くの妊婦さんが苦しめられる、「つわり」。食欲がなくて常に気持ち悪い状 …

鉄分が豊富なレバーを、妊娠中に食べてはいけない理由は?

妊娠中に、鉄分不足になってしまうママは多いものです。鉄分が豊富な食材といえば、真 …

妊娠中に風疹にかかることはさけたい!予防法と対策を知っておこう

子供の時にかかったことがあるからと安心していても油断できないのが風疹です! 妊娠 …

妊娠中に漢方薬は飲んでもいいの?時期によって違うの?

妊娠中のママの身体は、女性ホルモンの分泌のバランスが急激に変化するため、免疫力が …

完全流産って何?次の妊娠に影響するの?

流産とは、妊娠22週未満で妊娠が中断してしまうことをいい、全妊婦さんの約15%に …

妊娠超初期のアルコール摂取で胎児に影響はある?妊娠に気づかずお酒を飲んでいた場合は大丈夫?

妊娠超初期とは妊娠0~4週を指し、生理予定日前なので妊娠していても自覚症状のない …

つわりが酷い時に摂取したいビタミンB6の効果とは?妊娠中に必要な栄養素はほかにもある?

妊娠期間で多くの人が経験するトラブルである「つわり」。つわりにも様々な症状があり …

妊娠6週は出血に注意!母子手帳を受けとる方が多い時期

妊娠6週はママの体や心にも大きな変化がある時期です! 妊娠6週目の時期は、早い人 …

妊娠初期のセックスは安全?注意すべきことは?

妊娠したあとは毎日の生活に慎重にならなければなりませんが、妊娠初期のセックスはど …