ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中の飛行機利用は何をどう気をつければいいの!?

   

妊婦さんによる飛行機の利用についてお話しします!

b338d38f1cfcd1eb39488f019dfabad9_s

妊娠中、飛行機は避けた方がいい」という漠然とした知識は、おそらく多くの妊婦さんがお持ちなのではないでしょうか?飛行機の登場には様々なリスクが伴いますので、基本的にこの知識に間違いはありません。

とはいえ、実家から遠く離れた方が里帰り出産をする際や、お仕事を続けている妊婦さんなど、様々な事情から飛行機に乗らなくてはいけないシーンも考えられます。

妊婦さんが飛行機に乗らない方がいいのは確かですが、「乗ってはいけない」という決まりはありません。どうしても避けられない飛行機の利用予定があるのであれば、ぜひ事前に注意点を把握しておきましょう

ここでは、妊婦さんが飛行機に搭乗する際の注意点などについてお話しします。

妊婦さんの飛行機利用、いつがベスト?

まず、上記で「妊婦さんが飛行機に乗ってはいけないという決まりはない」と紹介しましたが、これはママと赤ちゃんの体が健康な状態に限られます。

妊娠期間中、すべてのママ・赤ちゃんが等しく安定期に突入できるわけではありません。ケースによっては、産婦人科で飛行機の利用にストップを掛けられてしまう事も十分に考えられます。飛行機の利用がある場合は、第一にかかりつけの産婦人科で相談をしておきましょう

また、ママ・赤ちゃん共に健康であった場合でも、飛行機への搭乗はできるだけ安定期に計画してください。安定期とは、妊娠5ヵ月から7ヵ月頃を指し、比較的流産のリスクが低い時期です。

これ以前の妊娠初期(4ヵ月より前)の搭乗では、流産のリスクやつわりによる負担も大きくなってしまいがちです。逆に、妊娠後期(8ヵ月以降)になると、お腹も大きくなってきますし、座りっぱなしの飛行機では身体的な負担が大きくなります。

加えて、万が一陣痛が来てしまった際などの対処も困難になりますので、避けた方がいいでしょう。このことを考慮し、里帰り出産を予定している方は余裕をもって飛行機を利用してください

航空会社によって妊婦さんへの対応や必要書類等は異なります。以下で紹介しておきますので、妊娠後期の搭乗が避けられない際の参考にしてください。

全日空(ANA) 日本航空(JAL) スカイマーク
診断書、同意書の提出期限 予定日の28日から8日前 予定日の28日から8日前 予定日の28日から8日前
医師の同伴、診断書、同意書の提出期限 予定日の7日前 予定日の7日前 予定日の7日前
診断書 “健康上飛行機の搭乗に問題がない”という旨を医師が明記した書類 公式サイトにてダウンロー 公式サイトにてダウンロード
同意書 出発する空港で記入する書類 出発する空港で記入する書類 出発する空港で記入する書類

ここで紹介していない航空会社についても、上記のように、臨月の飛行機利用では診断書+同意書、予定日1週間前になるとそれに加えて医師の同伴が必要になるケースが多いようです。

とはいえ、書類のフォーマットをサイトでダウンロードするケースなど、会社によって差がありますので、利用する航空会社が確定しているのであれば早めにチェックしておきましょう。

妊婦さんが飛行機利用の際に気をつけたいポイントとは?

デリケートな妊婦さんの体ですので、搭乗に関してはいつも以上の注意が必要です。妊婦さんが飛行機を利用する際に気をつけたい、3つのポイントを紹介します。

席は通路側を確保するべし!可能なら優先席を!

妊娠中はいつもよりもトイレが近くなりがちです。他の方に気を使わず席を立てるように、通路側を確保しましょう。また、優先席があるか否かを予約の段階で確認しておくこともオススメです。スタッフの方に妊娠中であることを相談し、快適な席を予約できる工夫をしてください。

ファッションは余裕のあるものをチョイスするべし!

長時間同じ(座ったまま)姿勢をとり続ける飛行機の搭乗では、妊婦さんの血行不良が懸念されます。また、締め付けの強いファッションでは、気分が悪くなってしまうかもしれません。余裕のある大きめファッションで、体や気持ちの余裕も確保してください

水分補給を心がけて!

乾燥しがちな機内では、脱水症状をおこしやすくなってしまいます。お手洗いの近い妊婦さんですが、遠慮なくしっかりと水分補給をしてください。

妊婦さんが空の旅で準備しておきたいグッズは?

万全の準備を整えていても、何がおこるかわからないのが妊娠期間です。“もしも”のときを想定して、いざという時慌てないように備えておきましょう。

妊婦さんの空の旅必須グッズ

  • 保険証
  • 母子手帳
  • かかりつけの産婦人科の診察券(かかりつけ医に連絡が必要な時用)
  • 緊急連絡先を記したメモ
  • マタニティマーク
  • マスク
  • エチケット袋
  • お茶や水

昨今では、マタニティマークを普段持ち歩かない妊婦さんも少なくはありません。しかし、何かあった時に周りの方に妊娠していることを伝える術として、マタニティマークは持ち歩いておきましょう

また、飛行機は様々な人が利用していますので、マスクをして伝染病を予防するようにしてください

  関連記事

夫のサポートが必須!妊娠中の妻のために夫ができること

妊娠中の女性を旦那さんはしっかりサポートしてあげましょう 妊娠は女性1人だけのも …

妊娠判明!赤ちゃんのために見直したい生活習慣まとめ

妊娠が分かると新しい生命がお腹に宿ったことに母としての喜びを感じ、夫婦一緒に赤ち …

パパの助けが必要!つわりが酷い、そんなときにパパができること

つわりは人によって重さは異なるものの、妊婦さんの大多数が経験するものです。新しい …

妊娠中にバランスのいい食事を取りたい!簡単な献立の立て方とは?

妊娠したら、もう一人の体ではありません。病院や、妊婦さん向け雑誌でも「バランスの …

吐きつわりにはズバリ「生姜」がおすすめ!生姜の効能とおすすめ簡単レシピ

妊娠初期のつらいつわり…早く終わってほしい気持ちでいっぱいになりますが、なかなか …

妊娠5週目はつわりがひどい時期なので安静に過ごすことが大事

つわりやホルモンの影響で不安定になりやすい時期…。 生理不順の方などは妊娠4週目 …

淋病ってどんな病気?お腹の赤ちゃんに感染するの?

妊婦健診では、母子感染を避けるために、様々な項目の血液検査を行います。ですが、性 …

妊娠中はシミができやすい!日焼け予防に力を入れよう!

妊娠中には、気を付けなければならないことがたくさんあります。その中の一つが日焼け …

妊娠初期に電磁波を受けるのは悪影響を及ぼす?こたつは控えた方がいいの?

妊娠すると気になってくるのが、「電磁波」の影響です。電磁波というのは目に見えない …

妊娠初期に喘息が出てしまったら赤ちゃんに影響する?喘息の薬は辞めた方がいいの?

もともと喘息を持っている女性が妊娠したり、妊娠して初めて発症するケースも少なくあ …