ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠したら、今までの化粧品が合わない!肌質の変化への対処法は?

   

cosmetics-1543276_960_720

妊娠することで女性におこる変化をあげてくださいと聞かれたら、見ためや母性の出現などをあげる人が多いのではないでしょうか。妊娠をきっかけに、女性ホルモンのバランスが急激に変化するので、肌にも少なくない影響が出ることは、案外重視されていないようです。

それまで肌荒れを経験したことがないママが、乾燥肌になったり、ニキビができたり、問題なく使用していた化粧品に刺激を感じるなど、肌質の変化を体感するママは少なくありません。そこで今回は、妊娠による肌質の変化の理由と対処法を中心に、お話しします。

妊娠によって肌質が変化する理由とは?

妊娠をきっかけに肌質が変化するのには、2つの理由が考えられます。

女性ホルモンのバランスの変化

受精卵が着床して妊娠が成立すると、卵胞ホルモンであるエストロゲンと、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が増え、相対的に男性ホルモンの量が減少します。男性ホルモンは肌を油性化する働きを担っているため、乾燥肌になりやすくなるのです。また、プロゲステロンは肌荒れを誘発しやすい女性ホルモンです。そのため、妊娠するとニキビができやすくなるのです。

ママの栄養補給に変化がおこる

これは、つわりの症状が重いママに多いのですが、いつものような栄養が十分に摂れなかったり、偏食になることが、肌荒れの原因となるのです。

今までの化粧品が合わなくなった時の対処法は?

acne-1606765_960_720

もし妊娠してから、それまで使っていた化粧品が合わなくなったと感じているなら、きちんと対処する必要があります。

まずは、化粧品の成分表をチェック

アルコール(エタノール)や防腐剤(パラペン)、乳化剤(ラリノン)、界面活性剤、香料などが含まれているかどうかを確認しましょう。これらの成分は肌荒れをおこしやすく、ピリピリとした肌への刺激を感じるようになります。

次に、乾燥肌でもニキビ肌でも、保湿を徹底する

それまで使っていた化粧品より、保湿効果の高いものを使ったり、美容液やクリームを加えるのもよいでしょう。化粧品を変えても肌への刺激を感じる時は、無理に使わないのも一つの方法です。ミネラルウォーターや精製水で保水したり、洗顔料を使うのを辞めるのもおすすめです。そして、ストレスを溜めないことも大事です。

妊娠期・授乳期に避けた方がよい美容成分とは?

化粧品の成分の中には、妊娠中や授乳中に使用することで、赤ちゃんへの悪影響が懸念されるものがあります。まとめておきますので、化粧品選びの際の参考にしてみてください。

アキュテイン

ニキビの治療のために内服用に処方される

トレチノイン

ビタミンA誘導体

トルエン

マニキュアに含まれる

ハイドロキノン

メラニン色素の生成を抑制する

パラベン

防腐剤

ベニバナ、オレガノ、ペニーロイヤルミント、ローズマリー、ローズ

アロマ成分

サリチル酸

催奇形性がある

などです。

これらの美容成分は、経口あるいは経皮から吸収してしまうことで、胎児あるいは授乳中の乳児に届いてしまい、発育を阻害する可能性があります。

妊娠中でも安心して使用できる化粧品7選

それでは、妊娠中のママでも安心使用できるおすすめの化粧品を、いくつかご紹介しましょう。

商品 内容量
使用期間
通常価格
1日あたり
お得な購入方法
おすすめ度
配合成分
03_hanamoonnightHANAオーガニック
ムーンナイトミルク
30ml
約1ヵ月
4629円
約154円
初回特別価格
体験7日間トライアルセット
1480円
送料無料
review_5
ダマスクバラ花水、プロパンジオール、α-グルカンオリゴサッカリド、ツバキ油、ヒマワリ種子油など
詳細
02_mediplus
メディプラスゲル
180g
約2ヵ月
3996円
約67円
初回限定
1000円OFF
2996円
送料無料

2回目以降
3796円
送料無料
review_5

グリセリン、ベタイン、ジグリセリン、1,2-ヘキサンジオールなど
詳細
01_risou
リソウ リペアジェル
32ml
約2ヵ月
16200円
約270円
2週間トライアルキット
2052円
送料無料
review_45
アスコルビン酸、グリセリン、グルコシルヘスペリジン、リゾプス/コメ発酵エキス液など
詳細
decencia サエル
サエル ホワイトニング
ローション クリアリスト
125ml
約1ヵ月半
4860円
約108円
初回限定
10日間トライアルセット
1480円
送料無料
review_45
グリセリン、コウキエキス-2、アルニカエキス、マロニエエキス、ハトムギ発酵液、など
詳細
04_ayanasu
ディセンシア アヤナス
アヤナス RC ローション
125ml
約1ヵ月半
4860円
約108円
アヤナス10日間トライアルセット
1480円
送料無料
review_4
ジグリセリン、PEG-8、アルギン酸硫酸Na、ソルビトール、コウキエキスなど
詳細
06_bglenwhiteビーグレン
ホワイトケア
QuSome
ホワイトローション
150ml
約1.5~2ヵ月
5400円
約90円
ホワイトケアトライアルセット(7日分)
1750円
送料無料
review_4
グリセリン、BG、乳酸Na、ラフィノース、ペンチレングリコールなど
詳細
07_hifmid
小林製薬 ヒフミド
ヒフミド
エッセンスローション
約1~1ヵ月半
120ml
3240円
約72円
ヒフミド お試しレース柄スパバッグセット
(約1週間)
980円
送料無料
review_4
グリセリン、BG、ベタイン、ジグリセリン、ペンチレングリコールなど
詳細

肌質は産後に戻ることが多いので、神経質にならないで!

mother-1171569_960_720

妊娠中の女性の身体は、妊娠を維持してお腹の赤ちゃんを守ることが第一優先になっています。そのために女性ホルモンのバランスが変化し、肌にもその影響が及ぶのです。

ママの肌質は、出産後に元に戻ることが多いので、妊娠中は特別な期間と割り切って、神経質に受け止めないようにしましょう。

出産後も、妊娠前の状態に女性ホルモンの分泌量を戻そうとする身体の動きや、慣れない育児による睡眠不足、ストレスなどで、肌荒れしやすさが続きます。あくまでも一時的なものなので、上手に対処しましょう。

  関連記事

反復流産は不育症?赤ちゃんを産むことはできないの?

妊娠を経験した女性の約10~15%が、流産経験者だということを知っていますか?受 …

溶連菌は子供だけの病気じゃない!妊婦さんがかかると危ない理由と対策など

溶連菌感染症という言葉を知っていますか?子供がかかりやすい病気のひとつで、かかる …

妊婦健診は実際にはどんなことをするの?内容や費用はどのくらい?回数や頻度は決まっているの?

はじめての妊婦健診。どんなものなのかちょっと不安… 妊娠が判明すると、妊婦健診を …

妊娠中の水分補給!何を飲んだほうがいい?控えるべき飲み物は?

妊娠中は水分不足になりがちです。ママの身体は、血液を水分で薄めて赤ちゃんに栄養を …

せっかく買ったのに合わなかった…じゃもったいない!マタニティウェアの失敗しない選び方とは?

妊娠中はマタニティウェアがおすすめ!その選び方についてご紹介します マタニティウ …

妊娠中にローストビーフを食べてはいけない?妊婦はトキソプラズマに注意

妊娠前や妊娠中はママが食べるものにも注意していかなければなりません。食べ物の中に …

つわりに悩むあなたに…もう「梅干し」は試してる?効能や注意点、おすすめレシピなど

吐き気、だるさ、眠気…つわりは妊婦さんを悩ませるもっとも巨大な敵かもしれません。 …

妊婦がインフルエンザにかかると怖いんです!!妊娠中にできるインフルエンザ対策&対処法

冬に大流行するインフルエンザ。高熱や重い風邪のような症状は、通常でもかかってしま …

スモークサーモンにはリステリア菌が!妊娠中の妊婦は食べてはいけない?

妊娠中は、生肉や刺身は避けておいた方が良いと言われます。これは、加熱されていない …

つわりのとき、吐き気止めなどの薬は飲んで大丈夫なの?

つわりがおきたときに吐き気止めの薬を飲んでも大丈夫なの?と疑問を抱くママは多いの …