ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

もしかしてつわり?つわりの主な症状とは?

   

妊娠をするとつわりという現象がおこります。その症状として吐き気やおう吐といったものが世間一般的に広く認知されているものですね。

しかし、つわりの症状はそのほかにも、においに敏感になる我慢できないほどの眠気を感じる胃がもたれる頭痛や便秘といった症状からはじまり、沢山の種類があるのをご存知でしょうか。

また、人によって症状は違うので、普段とは体調が違うと感じていたところ、それもつわりの症状だったということもあるようです。

そこで今回はつわりの基礎知識とその種類について、また乗り越え方などを詳しくご説明します。

つわりってどうしておきる?いつから始まるものなの?

一般に、妊娠した女性の80%弱は何かしらの「つわり」を経験するといわれています。しかし、どうしておこるのかという科学的なメカニズムはまだわかっていません。

妊娠ホルモンであるHCGホルモンが脳の中枢神経を刺激する、体の変化によって自律神経が乱れておこる、脳が赤ちゃんを異物だと認識してしまう、など様々な説がありますが、はっきりとした理由はまだわかりません。それだけ、妊娠・出産というのは神秘的で不思議なものなのかもしれませんね。

始まる時期は、妊娠4週目~6週目ごろといわれています。妊娠4週目というと、ちょうど28日周期での生理予定日にあたる日となり、一般的な検査薬が使える予定日一週間後よりも早い時期となります。そのため検査薬で妊娠したことがわかるより前に、「なんか気持ち悪い」「だるい」などの症状で、「もしかしたら?」と気づく人も多いようです。

また、つわりのピークは8~12週ごろ。つわりの症状が重い人は動くのも辛かったり、嘔吐が止まらない…ということもあるようです。その後、だんだん落ち着いてきて16週ぐらいにはつわりがおさまり、安定期に入るというのが一般的なつわりの期間になります。

つわりの種類とは

症状は人それぞれにあるため、必ずこれ!というものはないかもしれませんが、大まかに以下のような種類に分けられるといわれています。

吐きつわり

つわりによる吐き気は、初産の人ほど重いと言われています。そのため、何度か出産を繰り返している人は徐々に吐き気が弱くなるとされているのですが、こちらも個人差があるので「2回目の妊娠だから」といっても安心できません。

吐きつわりの特徴は、食事をとっているかどうかに関係なく、一日中もしくは特定の時間などに吐き気に悩まされるつわりです。また、吐き気だけでなく実際に嘔吐してしまう人も多く、辛いつわりです。

つらい吐きつわりをなんとかしたい!軽減する方法はある?

重い場合は食事がとれず、水さえも喉を通すと気持ち悪くて吐いてしまうこともあり、脱水症状や栄養失調の恐れがあるときは入院措置が取られます。詳しくは後述の妊娠悪阻をご覧ください。

吐き気を感じるつわりには、大きく分けて3種類あります。

  1. 小さなにおいの変化などに敏感になり、吐き気を感じる吐きつわり。
  2. 常に物を食べていないと吐き気が襲ってくる食べづわり。
  3. 物を食べずにいると吐き気が襲ってくるものの、食べると吐いてしまうというもの。

食べつわり

空腹になると吐き気が出てしまうつわりです。何か食べていないと気持ち悪くなってしまうため、ついつい何か食べてしまいますが、食べ過ぎても胸焼けしたり気分が悪くなったりする、やっかいなつわりです。

つい食べ過ぎちゃう!?食べつわりで注意したい2つのポイントとは

匂いつわり

妊娠中は様々な匂いに敏感になりますが、それが特に強い場合匂いだけで気持ち悪くなってしまうことがあります。ゴミなどの悪臭、たばこなどの強い匂いだけでなく、食べ物の匂いや電車や車の匂い、人の匂いなど普段気にならなかった匂いで気分が悪くなってしまうことも。通勤している妊婦さんが電車で気持ち悪くなってしまうことも多いようです。

特に多いのが、タバコのにおいを受け付けなくなるというケースです。妊娠前まではかなりのヘビースモーカーだったという人でも、タバコのにおいがダメになってしまうことがあるので気を付けましょう。

それから、キッチンの様々なにおいが気になってしまう人もいます。冷蔵庫のにおいや魚焼きグリルのにおいなどが苦手になり、敏感に反応してしまう人もいるようです。特にナマモノのにおいがダメになってしまうという人が多いので、スーパーの鮮魚コーナーなどもできるだけ避けたほうがいいでしょう

この匂いだめ!!「匂いつわり」になった時に避けるべきニオイの元とは!?

眠りつわり

とにかくひたすら眠くなってしまうつわりです。ずっと体がだるく、無性に眠くなってしまうのでひどい場合には気づいたらどこでも寝てしまっていた半日以上寝てもまだ眠い、という症状が現れる方もいるそうです。

ただ、周りからつわりに対して理解してもらえていないと「寝てばかりいる」と言われてしまうこともあるようです。つわりを乗り切るためには周りのサポートが欠かせないので、旦那さんや職場に理解を求め、つらい時期を乗り越えましょう。

寝ても寝ても眠い…。眠りつわりと戦う方法とは?

よだれつわり

よだれが口内に増え続けてしまうつわりです。少々増えるけど支障はない、というレベルから異常に出てしまうため口内におさまりきらず、定期的に外に出さないといけないレベルまで様々です。量が多すぎるとよだれが出る感覚や飲み込むことさえ不快になってしまいます。

口から溢れそうで気持ち悪い!ちょっとマイナーなつわり、よだれつわりの症状や対策は?

後期つわりと妊娠悪阻って何?

後期つわり

一般的なつわりは妊娠初期でおさまりますが、まれにそのまま続いてしまったり、妊娠後期になって再びつわりに悩まされることもあります。「後期つわり」と呼ばれ、子宮が大きくなって胃や内臓を圧迫することで吐き気を催しやすくなることが主な原因と言われています。

後期つわりっていったい何!?その症状や正しい乗り越え方とは?

妊娠悪阻

また、つわりがあまりにも重くて体重がどんどん減ってしまったり、何も食べられず水も飲めない、などの症状がある場合にはつわりではなく「妊娠悪阻」と呼ばれ、この場合は入院して点滴などの治療を受け、母体と胎児を守ります。

赤ちゃんへの影響が心配!?妊娠悪阻の症状、治療方法とは?

自分のつわりを把握してまわりの人に理解してもおう

つわりには個人差で症状の重さに開きがあるものです。ですので、重たい人は非常につらいですし、逆に軽いけれどそれなりに症状がある人は理解されづらいという悩みもあります。

まずは自分でつわりの種類やどの程度の辛さなのかをしっかりと把握し、周囲の人にきちんと説明することで理解してもらい、必要があれば協力を要請しましょう。

  関連記事

妊娠初期にげっぷって、つわりなの?その対処法は?

妊娠がわかってから、何だかげっぷの回数が増えていると感じているママは、案外多いの …

プチプラから人気ブランドまでマタニティウェアを選ぶならここ!

妊娠中でもおしゃれは忘れたくない! シンプルなものが多い印象のマタニティウェアで …

つわりに悩むあなたに…もう「梅干し」は試してる?効能や注意点、おすすめレシピなど

吐き気、だるさ、眠気…つわりは妊婦さんを悩ませるもっとも巨大な敵かもしれません。 …

鉄分補給したいママ必見!ヘム鉄と非ヘム鉄の違いとは

妊娠中のママは、貧血がおこりやすいものです。それは、お腹の赤ちゃんの成長に必要な …

妊娠中の風邪はどうやって治せばいい? 赤ちゃんへの影響や病院にいくタイミングについて

妊娠中は女性ホルモンの分泌バランスが変わるので、免疫力が低下すると言われています …

妊娠中に生卵を避けたほうがいいと言われる理由とは?サルモネラ菌の危険性について

妊娠中には生卵はNGとされていますが、その理由や心配されることとは? 妊娠中は様 …

妊娠と赤ちゃんのアトピー・アレルギーの関係とは?遺伝はする?卵・牛乳はNG?

妊娠中に食べるものや両親のアトピーやアレルギーは遺伝するのか? 妊娠をすると様々 …

妊娠週数の数え方とママの身体の変化を覚えておこう!

産婦人科で妊娠を告げられたときから、「妊娠○週○日」という目安が、ずっとついてま …

妊娠14週は妊婦らしい体型に!ストレスにも注意しよう

ストレスを感じると赤ちゃんにも悪影響が!妊娠14週に注意したいこととは? 多くの …

ジカ熱が原因になることもある先天性の病気、小頭症とは?

妊婦さんは様々な病気の予防に心がけていることかと思いますが、テレビでジカ熱という …