ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中に漢方薬は飲んでもいいの?時期によって違うの?

   

tea-leaf-1797125_960_720

妊娠中のママの身体は、女性ホルモンの分泌のバランスが急激に変化するため、免疫力が低下しがちです。そして、ママが摂る食べ物や飲み物だけでなく、服用する薬も、お腹の赤ちゃんの成長に影響を及ぼします。

そのため、妊娠中はできるだけ薬を飲まないようにするママが多いのですが、風邪や便秘などの症状が辛く、我慢しにくい時もあるはずです。そんな時、漢方薬は飲んでよいのか、妊娠時期によって変わるのかについて、お話しします。

お腹の赤ちゃんへの薬の影響とは?

まず、ママが薬を服用することでの、お腹の赤ちゃんへの影響について、正しく理解しておくことが大事です。

妊娠4週未満

お腹の赤ちゃんはまだ細胞分裂を始めていないので、薬を飲んでも影響は出ません。ですが、体内に残りやすい薬があり、それが後々響くこともあります。

妊娠4~7週

赤ちゃんの心臓や中枢神経、手足などの形成が始まる大事な時期です。薬による奇形がおこりやすい時期なので、薬の服用は慎重に行いたい時期といえます。

妊娠8~15週

赤ちゃんの重要な器官の形成はほぼ完了します。そのため、薬によって悪影響が及ぶことは少なくなります。ですが、性器や口蓋などはこの時期につくられるので、薬の服用には慎重さが求められます。

妊娠16週過ぎ

ママが薬を服用しても、赤ちゃんに影響が及ぶことは、ほぼなくなります。ただし、薬の種類によっては、胎盤を通じて赤ちゃんに届き、副作用を発症させるものがあるので、注意が必要です。

妊娠超初期・初期・中期・後期では変わる?

妊娠中に薬を服用するなら、化学的に合成されたものより、漢方薬の方がおすすめです。これは、漢方薬の方が、お腹の赤ちゃんに与える影響が少ないといわれているからです。

とはいえ、妊娠初期から中期にかけて、お腹の赤ちゃんの細胞分裂が盛んな時期は、薬の影響を受けやすいことに変わりはありません。漢方薬を飲む時にも、必ずお医者さまに相談し、許可を得てからにしましょう。

また、妊娠超初期や妊娠後期に漢方薬を飲むのは、それほど問題はありません。とはいえ、漢方薬は植物成分からつくられていますが、まったく副作用がないわけではないので、妊娠中に避けた方がよいものもあります。具体的には、下剤成分が含まれる「大黄」が入った「大黄甘草湯」や「桂枝加芍薬大黄湯」などです。葛根湯にも大黄が含まれていることがあるので、十分に注意しましょう。

妊娠中の健康管理に役立つ漢方薬とは?

acupuncture-906144_960_720

漢方薬の中には、妊娠中の健康管理に役立つものも、たくさんあります。

流産防止には

当帰芍薬散」「婦宝当帰膠」「参馬補腎丸」「双料参茸丸」があります。

つわり防止には

症状が軽いなら「香蘇散」「小半夏加茯苓湯」が、重い場合には「半夏厚朴湯」「六君子湯」がおすすめです。

貧血の防止には

婦宝当帰膠」がおすすめです。

ひどい便秘には

麻子仁丸」を少量から使うことがあります。

このように、妊娠中のトラブルに対応する漢方薬がいろいろあるので、化学的につくられた薬剤は飲みたくないと考えているなら、お医者さまに相談してみましょう。ただし、症状を改善するための生活習慣の見直しと並行しなければ、期待する効果を得るのは難しいです。

病院で処方された漢方薬なら大丈夫!

漢方薬はドラッグストアや薬局で市販されており、パッケージに効果効能が掻かれているので、妊娠中のママも手に取ることが多いでしょう。ですが、漢方薬であっても、服用するのはお医者さまが処方してくれたものに限るのが、妊娠中のママの大原則です。

市販されている漢方薬の中には、妊娠中に服用を避けた方がよい成分が混ざっていることがあり、素人では判断できません。お腹の赤ちゃんに悪影響が及ぶことがないよう、お医者さまの指示の下で、適切に漢方薬を服用するようにしましょう。

  関連記事

葉酸が多い食品と食材ってどんな物?妊娠中に必要な摂取量と効率的に摂る方法や調理法についてもご紹介

妊娠中の女性が必要な葉酸の量は1日480㎍とされていますが、妊活中と妊娠初期は1 …

もしかしてつわり?つわりの主な症状とは?

妊娠をするとつわりという現象がおこります。その症状として吐き気やおう吐といったも …

妊娠したら、今までの化粧品が合わない!肌質の変化への対処法は?

妊娠することで女性におこる変化をあげてくださいと聞かれたら、見ためや母性の出現な …

妊娠中のバストの変化に!マタニティブラの種類は?どう選べばいい?

妊娠前に比べて圧迫感がありませんか? 妊娠中に気をつけたいのが、下着の事情です。 …

妊娠中はシミができやすい!日焼け予防に力を入れよう!

妊娠中には、気を付けなければならないことがたくさんあります。その中の一つが日焼け …

妊娠中の風邪はどうやって治せばいい? 赤ちゃんへの影響や病院にいくタイミングについて

妊娠中は女性ホルモンの分泌バランスが変わるので、免疫力が低下すると言われています …

耳にするけどよく知らない…病院と助産院の違いとは?

妊娠に喜んだのもつかの間、次に考えなくてはいけないのが赤ちゃんを産むところです。 …

行動範囲が限られてまう妊婦生活!有効的な時間の使い方とは?妊娠中にするべきことは?

妊娠がわかるととても嬉しいもの。ですが、妊婦さんには食べていいものダメなもの、や …

妊娠中の抗生物質を飲む際に、胎児に影響は大丈夫?妊娠初期は特に注意したい抗生物質の危険性とは?

妊娠から出産までの期間において、女性が留意するべき生活週間はとても多いものです。 …

妊娠中にローストビーフを食べてはいけない?妊婦はトキソプラズマに注意

妊娠前や妊娠中はママが食べるものにも注意していかなければなりません。食べ物の中に …