ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

つわりのとき、吐き気止めなどの薬は飲んで大丈夫なの?

   

1c924fdceda7b3385fc435516fd6c2dc_s

つわりがおきたときに吐き気止めの薬を飲んでも大丈夫なの?と疑問を抱くママは多いのではないでしょうか。

そもそもつわりとは、妊娠初期に感じ始めるママが多いものです。妊娠5週~16週にみられますが、週数が進むにつれて悪化する傾向があります。

その症状としては、眠気、頭痛、めまいなどがあります。また、そのほかにも倦怠感や唾液が増えるなど様々ですが、吐き気嘔吐を感じる人が多いです。

https://hugooo.jp/early/post-255.html

しかしつわりにも個人差があり、中にはひどい吐き気に襲われるようになると食事や水分を摂るのもままならないママもいるそうです。

そこで今回は、つわりの症状がひどいときに吐き気止めなどの薬を飲んでも大丈夫なのか、病院ではどんな薬が処方されるのかなど、その疑問について、お話しします。

つわりで吐き気がおこる原因は?

つわりの中でも、吐き気はポピュラーな症状です。つわりで吐き気がおこる原因は、現代の医学では解明されていません。

https://hugooo.jp/early/post-13911.html

ですが吐き気がおこるのは黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が増加し、胃腸の働きを弱めてしまうことで消化不良をおこしやすくなるからだと考えられます。

プロゲステロンってよく聞くけどどんな働きをするの?妊娠への影響は? | ハグー!
妊活を始めるにあたり、基礎体温を付けたり、妊娠しやすいようにいろいろな情報収集を行っている女性がたくさんいると思います。その過程で、「プロゲステロン」という言葉を、よく見聞きしたのではないでしょうか。 プロゲステロンは女性ホルモンの一つで、妊娠に大きく関わるものです。そこで今回は、プロゲステロンの働きや妊娠への影響、それを増やす方法などについて、お話しします。不妊症にも関連することがあるので、正しい知識を持っておきましょう。 プロゲステロンって何?エストロゲンとはどう違うの? プロゲステロンとは黄体ホルモンとも呼ばれ、排卵直後から卵巣でつくられ始めます。排卵まで、卵子は卵胞という袋に包まれています。排卵すると卵子はそこから飛び出て、卵巣内に卵胞だけが残されます。それが黄体化することで、内分泌組織が形成され、プロゲステロンが分泌されるようになるのです。 このプロゲステロンは、妊娠を助けるホルモンといわれます。女性は、卵胞ホルモンといわれるエストロゲンも分泌します。これは、卵巣内の卵胞の成熟を促し、子宮内膜を厚くする、子宮頸管の粘液分泌を促して子宮内に精子が侵入しやすくする、基礎体温を下げるなどの働きがあります。つまり、エストロゲンは、妊娠しやすい身体をつくるサポートをしてくれるのです。 プロゲステロンにはどんな働きがあるの? では、妊娠を助けるホルモンといわれる、プロゲステロンの働きについて説明しましょう。女性の身体は、体温を高めることで、受精や着床がしやすくなるといわれています。プロゲステロンが基礎体温を上げることで、妊娠がスムーズに進むようにしているのです。 そして、プロゲステロンは子宮内膜を厚くします。実は、生理終了から排卵までの子宮内膜は、数mmの厚さしかありません。受精卵が子宮内膜に着床するためには、1cm程度の厚みが必要です。プロゲステロンが分泌されると、子宮内膜やその近くの血流量をアップし、厚みを維持させるのです。また、受精卵が着床した後、妊娠を継続させるためにも力を発揮します。妊活が実って妊娠した後は、プロゲステロンが乳腺を発達させてくれます。 プロゲステロンの値が低いと妊娠しにくいって本当? 妊活を始めるにあたり、ボディチェックのために検査を受ける女性も少なくありません。ホルモン検査は、血液検査ですので、事前に受けておくことをおすすめします。

また女性ホルモンのバランスが大きく変化するので、自律神経も影響を受けて乱れやすくなります。それも吐き気を感じやすくなる原因と考えられます。

そして妊娠初期には匂いつわりといって、これまで気にならなかった匂いに敏感になってしまい、それが吐き気を誘発することも少なくありません。

https://hugooo.jp/early/post-13919.html

安定期に入るころには軽減されていくものですが、それまでは辛い状態が続きます。

つわりのときに病院で処方される吐き気止めとは?

vitamins-26622_960_720

つわりの症状として吐き気があらわれ、それが辛い場合には、妊婦健診でお医者さまに相談するのが一番です。

するとまずビタミン剤(ビタミンB6)を処方してくれます。これは、つわりが悪化するのを防ぐ効果があります。それでも改善されない場合は、吐き気止めを処方してくれます。

それでは実際にどんな薬が処方されるのか、以下でご紹介していきましょう。

ピドキサール

ビタミンB6の化合物である

プリンペラン

弱っている鵜胃腸の働きを活発化させて吐き気などを解消してくれる

グルタチオン

肝臓の解毒機能を高める

ピレチア

吐き気や乗り物酔い、不眠を改善する抗ヒスタミン薬である

フェネルガン

アレルギー症状も抑える抗ヒスタミン薬

ゾフランザイディス

抗がん剤投与の際に吐き気を緩和させるために使われる

などが処方されることが多いです。

つわりのときに市販の薬は飲んでいい?

つわりが原因でおこる吐き気は、胃腸機能の低下と関わっていることが多いです。そのため、吐き気と同時に胃痛に悩まされるママも少なくありません。

その場合、市販されている胃薬を飲もうとするママもいることでしょう。ですが市販されている胃薬の中には、「ムコスタ」や「セルベックス」など、妊娠中に服用した際の安全性が確認できていないものが含まれています。

胃薬を飲む場合も、きちんと産婦人科で処方されたものを飲むのが望ましいです。どうしても市販薬で済ませたい場合には、「太田胃散」や「新ビオフェルミンS錠」「エビオス錠」などを服用してください。

https://hugooo.jp/early/post-284.html

また病院によっては漢方薬を勧められることもあります。

小半夏加茯苓湯」は、吐き気やつわりの症状の軽減に効果があるといわれています。その他にも、「人参湯」や「六君子湯」「半夏厚朴湯」「香蘇散」などもおすすめです。

つわりの改善に薬を飲むときにはお医者さまに処方されたものを!

fc8da1dd8c28ebae1ee53194c61f13c1_s

つわりがひどい妊娠初期は、お腹の赤ちゃんが急激に細胞分裂をくり返しています。そしてママが摂取したものが大きく影響を与える時期です。そこでつわりの症状を抑えるため、安易に市販薬を飲むと赤ちゃんにトラブルが発生することもあるので注意しましょう。

そのため吐き気が辛いときは、病院に相談して処方された薬の用法・用量を守り服用することが大切です。辛い症状を乗り越えるためにも、薬を上手に使いながら乗り切りましょう。

しかし、つわりなどが酷くて病院に行けない場合、多くの葉酸サプリにはビタミンB6が含まれているので、症状の軽減を試すためにも葉酸サプリの利用がおすすめです。また妊娠初期の細胞分裂による、先天性のリスクを下げるためにも葉酸を摂取することが大切だといわれています。

以上のように葉酸サプリは妊娠中に必要な栄養素が多く含まれているので、つわりの症状が辛く十分な栄養が補給できない今こそ葉酸サプリをはじめてみませんか?

hugoo_ranking_yousan
>>つわりで不足した栄養を葉酸サプリで補っていこう!

  関連記事

育休中に2人目を妊娠!育休や産休はどうなるの?

職場復帰するつもりで育休をとっていたけれど、その間に2人目を授かってしまったとい …

はじめての妊娠はなにをすればいい?確認しておくべきことは?

今まで当たり前に、規則通りきていた生理がとまってしまうとびっくりします。まず、妊 …

妊娠初期に電磁波を受けるのは悪影響を及ぼす?こたつは控えた方がいいの?

妊娠すると気になってくるのが、「電磁波」の影響です。電磁波というのは目に見えない …

妊娠中のバランスのよい食事とはどんなモノ?積極的に食べた方がいい3つの栄養素をご紹介

妊娠中にどんな食べ物がお勧めでどんな栄養をとればいいのか知っておきましょう 妊娠 …

エコー写真の正しい見方や、超音波検査の際に分かることとは?

妊娠中に赤ちゃんの姿を目で確認できるのが、産婦人科でもらうエコー写真です。これは …

急な体調の変化にも!マタニティショーツの意外な役割って?

妊娠中のおなかをしっかり守ってあげましょう! たくさんあるマタニティアイテムの中 …

つわりが酷くて身の回りのことが何も手に付かない時はどう乗り越えればいいの?

つわりの症状の出方は人それぞれで、その辛さは本人にしかわからないものです。 つわ …

流産した場合は水子供養が必要?お参りにはマナーがあるの?

妊娠した女性の約15%が、流産を経験するというデータがあります。つまり、流産は珍 …

つわりのピークを迎える方も多い妊娠9週!頻尿にも注意して

妊娠9週になると母体に様々な変化が!便秘や頻尿にも気を付けましょう 妊娠9週目に …

気づかないと母子ともに危険がある、子癇前症の原因と治療法とは?

妊娠は喜ばしいことですが、妊娠特有の病気を発症するリスクを常に抱えているものです …