ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

抗がん剤として使われているアナストロゾール(アリミデックス)は不妊治療に効果があるの?

   

saya0i9a4189072170014_tp_v

アナストロゾール(アリミデックス)は、不妊治療の際、排卵誘発剤として使用される薬です。ですが本来は、乳がんの治療のために使用されている、抗がん剤なのです。そう効くと、抗がん剤がなぜ、不妊治療に使われるのか、疑問に思う女性もいることでしょう。

そこで今回は、アナストロゾール(アリミデックス)とはどんな薬なのか、不妊治療ではどんな効果があるのか、副作用の心配はないのかなどについて、お話しします。
使用にあたっては、十分にお医者さまの説明を受けてくださいね。

アナストロゾール(アリミデックス)って、どんな薬?

アナストロゾール(アリミデックス)とは、「アロマターゼ阻害薬」として、閉経後の乳がん治療に用いられている、抗がん剤の一つです。そもそも乳がんは、卵胞ホルモンであるエストロゲンの影響により、増殖します

アロマターゼはエストロゲンの生成に関わる酵素で、これを阻害することでエストロゲンの分泌を抑制し、乳がんの増殖を抑えてくれるのです。このアナストロゾール(アリミデックス)に、排卵誘発効果がみられることから、不妊治療で使われることがあるのです。

ですが、アナストロゾール(アリミデックス)は、排卵誘発剤としての効能が認可されていないので、使用する場合は、健康保険適用外の自由診療扱いになります。そのため、使用にあたって同意書を提出することが不可欠です。

抗がん剤であるアナストロゾール(アリミデックス)の不妊効果とは?

抗がん剤であるアナストロゾール(アリミデックス)が、なぜ排卵誘発剤として使用されているかというと、エストロゲンが排卵に大きく関わっているからです。

生理が始まるころから、女性の体内では卵胞ホルモンであるエストロゲンの分泌量が増えます。これが卵巣内の卵胞の成長を促します。そして、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が増え、エストロゲンの分泌量が減るタイミングで、卵胞から卵子が排出される「排卵」がおこります。

その原理を応用して、アナストロゾール(アリミデックス)を服用することで、人工的にエストロゲンの分泌量を減らし、排卵を誘発するのです。とはいえ、日本では排卵湯初剤として認可されていないので、使用にあたっては、リスクや費用負担について、しっかり認識しておく必要があります。

アナストロゾール(アリミデックス)の副作用は重い?

b55abfc2e822e617ab5ad2b836aaa543-1

アナストロゾール(アリミデックス)を服用すると、体内のエストロゲンの分泌量が低下します。そのため、ほてりや頭痛、吐き気、発疹、脱毛、性器出血といった、更年期障害に似た症状が、副作用として出ることがあります

また、アナストロゾール(アリミデックス)を長期間服用することで、骨密度が低下してしまい、関節痛骨粗しょう症があらわれることもあります。

さらに、発症頻度は多くないものの、皮膚粘膜眼症候群呼吸困難を伴うアナフィラキシーショック、脳梗塞や心筋梗塞の原因ともなる血栓症肝機能障害などがおこることもあります。

この他にも、眠気や注意力散漫、無力症などがおこる女性もいます。アナストロゾール(アリミデックス)を服用することで、心身に副作用がおこる可能性があるので、異変を感じたら、すぐにお医者さまに相談しましょう。

アナストロゾール(アリミデックス)は注意して使おう

アナストロゾール(アリミデックス)は、持病や治療中の病気を持っていたり、妊娠や授乳しているときには、服用を避けた方がよい薬です。

そのため、アナストロゾール(アリミデックス)の使用にあたっては、常用している薬やサプリメントの情報を、事前にお医者さまに伝えておくことが大事です

また、不妊治療にアナストロゾール(アリミデックス)を使用する場合には、健康保険は適用されません

アストラゼネカ株式会社のアリミデックス錠1mg・1錠の値段は、495.6円です。これを、必要な期間、指示された用量分、自己負担しなければなりません。その点も踏まえて、使用を検討しましょう。

  関連記事

妊娠中はカンジダ膣炎になりやすい!?予防法や対策を知ってならないように気をつけよう

妊娠中は特にこのカンジダにかかりやすいので注意が必要です! 女性にとって、結構悩 …

乳がん治療に使われているフェマーラ(レトロゾール)が不妊治療に効くって本当?

不妊治療の一環として、排卵誘発剤が使われることがあります。「フェマーラ(レトロゾ …

つい食べ過ぎちゃう!?食べつわりで注意したい2つのポイントとは

気持ち悪くなる前に…とついつい食べ過ぎちゃう恐れがある「食べつわり」。しかし、つ …

妊娠中に風疹にかかることはさけたい!予防法と対策を知っておこう

子供の時にかかったことがあるからと安心していても油断できないのが風疹です! 妊娠 …

妊婦健診補助券を有効活用!自己負担額を減らすコツとは?

妊婦健診補助券は、女性が妊娠したと確定して産婦人科や助産院で妊婦健診の際に使用す …

妊婦は熱中症になりやすいので注意!対策も確認を

いざという時のために妊婦の熱中症対策について知っておきましょう 暑い時期に特に注 …

妊娠をきっかけに発症する可能性がある絨毛性疾患のこと

みなさんは、「絨毛性疾患」という病気を知っていますか?これは、妊娠あるいは出産を …

妊娠中は生ハムを食べてはいけない!?トキソプラズマの危険性

妊娠中には生ハムなど生肉は避けましょう!その理由などをご紹介します 妊娠が判明し …

手術よりも妊娠中絶薬のリスクは低い?入手方法とは?

妊娠は必ずしも喜ばしいことだけではありません。身体的、あるいは経済的に事情がある …

妊娠中の抗生物質を飲む際に、胎児に影響は大丈夫?妊娠初期は特に注意したい抗生物質の危険性とは?

妊娠から出産までの期間において、女性が留意するべき生活週間はとても多いものです。 …