ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

乳がん治療に使われているフェマーラ(レトロゾール)が不妊治療に効くって本当?

   

n811_toridashitajyouzai_tp_v

不妊治療の一環として、排卵誘発剤が使われることがあります。「フェマーラ(レトロゾール)」も、排卵誘発剤として使われる薬の一つです。ですが実際には、フェマーラ(レトロゾール)は、乳がんの治療薬として使用される、抗がん剤なのです。

では、抗がん剤であるフェマーラ(レトロゾール)は、なぜ排卵誘発剤として、使われるようになったのでしょうか。今回は、フェマーラ(レトロゾール)とはどんな薬か、その不妊効果や副作用について、お話しします

フェマーラ(レトロゾール)って何?

フェマーラ(レトロゾール)は、ノバルティスファーマ社が、乳がんの治療を目的に開発した薬です。

乳がんの増殖には、卵胞ホルモンであるエストロゲンが大きく関わっており、それを抑制することが大事です。副腎皮質から分泌されるアンドロゲンという男性ホルモンが、アロマターゼという酵素の働きで、卵胞ホルモンであるエストロゲンに変換されます。

フェマーラ(レトロゾール)は、アロマターゼの働きを阻害することで、エストロゲンの分泌量を低下させます。エストロゲンは、黄体ホルモンであるプロゲステロンとともに、生理周期をつくっています。

そのため、エストロゲンの分泌量が抑制させると、生理周期にも影響が及び、その結果排卵が誘発されるため、排卵誘発剤としても使用されるようになったのです

フェマーラ(レトロゾール)に期待できる不妊効果は?

フェマーラ(レトロゾール)本来、閉経後の女性の乳がん治療に使われている薬なのに、どうして排卵誘発効果があるのか、気になる女性も多いことでしょう。女性の身体は、生理が始まるとエストロゲンの分泌量が増え、卵巣内の卵胞の成熟を促します。

そして、卵胞が十分に成熟したタイミングで、プロゲステロンの分泌量がエストロゲンより上回ります。エストロゲンの分泌量が低下するタイミングで、卵巣から卵子が排出されるのです。

フェマーラ(レトロゾール)を服用することで、エストロゲンの分泌量が減少し、排卵直前と同じ体内環境になることで、排卵が促されるのです。フェマーラ(レトロゾール)は、黒ミッドと比べても、排卵誘発効果が高く、体外に排出されるのも早いので、子宮内膜症を患っている女性でも、安心して使用できます

また、フェマーラ(レトロゾール)は卵巣刺激剤ではないので、すでに成長している卵胞の排出だけを促してくれます。そのため、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の女性でも、使うことができます。

フェマーラ(レトロゾール)には副作用はある?

m015-006

フェマーラ(レトロゾール)は、使用者の約40%に、副作用があらわれるといわれています

よくみられる症状としては、ほてりや頭痛、関節痛、吐き気、発疹、そう痒症、浮動性めまい、眠気などがあります。フェマーラ(レトロゾール)を長期使用すると、骨密度が手介してしまうので、骨粗しょう症や骨折をする女性もいます。

また、ごくまれにではありますが、血栓感染症は肝機能障害、コレステロール値の悪化、皮膚粘膜障害、狭心症、心筋梗塞、心不全などがおこることもあります

そのため、肝臓や腎臓に重度の障害がある女性は、使用に対して注意が必要です。もし、フェマーラ(レトロゾール)を服用して、身体に異変があらわれたら、すぐにお医者さまに相談することをおすすめします

ジェネリック医薬品を使えば費用も抑えられる!

フェマーラは、日本では乳がんの治療薬としてしか、認可されていません。そのため、不妊治療で使う場合には、健康保険の適用外となるのです。フェマーラ(レトロゾール)は、1錠2.5mgで約674円の費用がかかります。他の排卵誘発剤と比べると、効果であることは否めません。

ですが、レトロゾールとう名前のジェネリック医薬品は販売されているので、こちらにすると費用を安く抑えることができます。効果には変わりはありませんので、検討してみましょう。

  関連記事

妊娠中はオシャレができない!?そんなことはない!マタニティファッションのポイントはここをチェック!

妊娠中のおしゃれを楽しむためには着回しについてもチェックしてみましょう! 妊娠中 …

妊娠中はアロマの選び方や使い方に注意が必要って本当?

薬をできるだけ使いたくない妊娠中だからこそ、ヨーロッパで自然療法として取り入れら …

妊娠週数の数え方とママの身体の変化を覚えておこう!

産婦人科で妊娠を告げられたときから、「妊娠○週○日」という目安が、ずっとついてま …

2人目だと、1人目の時よりつわりが軽いって本当?

2人目の妊娠は、経験がある分、余裕をもって受け止められるママが多いのではないでし …

専業主婦に憧れを抱いている全ての女性に知っておいてほしいこと

専業主婦には専業主婦の悩みがある!どちらが自分に向いている? 兼業主婦として働い …

はじめての妊娠はなにをすればいい?確認しておくべきことは?

今まで当たり前に、規則通りきていた生理がとまってしまうとびっくりします。まず、妊 …

卵管破裂の恐れもある子宮外妊娠!妊娠の約1%を占める子宮外妊娠の兆候や症状とは?

子宮外妊娠は早期発見が大切!兆候を見逃さないで 妊娠初期に発覚しやすいトラブルの …

妊娠中の浮気が発生する原因と予防方法

妊娠をしたからといって旦那さんをおろそかにしてしまうと浮気の危険性が… 妊娠中と …

マタニティマークはどこでもらえる?マークをつけることで危険な目にあうことも!?

マタニティマークの配布場所やカバンなどにつける際の注意点とは? 出典:厚生労働省 …

妊娠初期に出血、その原因とは?なかには大きなトラブルの兆候も

妊娠中は粘膜が充血しやすく、ちょっとした刺激でも出血が起こりやすい状態です。実は …