ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

流産した場合は水子供養が必要?お参りにはマナーがあるの?

   

325d5acbc910a712fff67506f940806c_s

妊娠した女性の約15%が、流産を経験するというデータがあります。つまり、流産は珍しいことではなく、特に妊娠初期の場合は、その原因が赤ちゃんの染色体異常であることがほとんどです

理屈としてはわかっていても、女性にとって流産は悲しい出来事ですし、気持ちの整理がつかない人もたくさんいます。そんなときは、「水子供養」をするのも一つの方法です。そこで今回は、水子供養とは何か、その意味やどこにお願いしたらよいかについて、お話しします。

水子供養って何?どんな意味があるの?

水子供養は、流産や死産、人工妊娠中絶などの理由で、この世に生まれてくることのできなかった胎児を、供養するために行うものです。実は世界でも、水子供養を行っているのは日本だけで、近年は海外からの依頼も増えているといいます。

水子供養の目的は、産まれてこられなかった赤ちゃんの冥福を祈ることです。そのため、香華や燈明、温時期などの供物を捧げる儀式を行います。水子供養をするかどうかは、個人の考えによるので、行わないからといって、祟りにあうとは限りません

とはいえ、流産してしまった場合は、ママの気持ちを落ち着かせるために、水子供養を行うことも多いようです。流産した胎児には遺骨がないので、お葬式をあげることもできないと考えると、パパとママで水子供養をすることで、新たな一歩を踏み出すきっかけになるかもしれません

水子供養はどこにお願いしたらいいの?

new_a0002_011347

水子供養を行うのは、お寺だけではありません。神社でも、水子供養を行うことはできます。ただし、お寺と神社では、水子供養の方法が異なります

お寺で水子供養する場合は、水子を天国まで導くのがお地蔵様であると考えられているので、水子地蔵を建立したり、卒塔婆をたててご加護をお願いすることが多いです。また、位牌をつくることで、自宅で祈りを捧げることもできます

神社で水子供養をする場合は、まず対応してくれる神社を探すことから始める必要があります。もともと神道では水子供養をしておらず、現在でも受け付けていない神社の方が多いのです。

安産や子育ての神様が祀られている子安神社では、水子供養も行えるようです霊璽と呼ばれる位牌のようなものをつくり、神社で祝詞をあげてもらった後、自宅の神棚に祀って供養します。そのため、神棚がない家庭の場合は、断られることもあるようです

水子供養にかかる費用や服装は?

水子供養は、お寺でも神社でもお布施を渡すことになります。七五三などの行事のように、価格が決められているわけではないのです。そのため、水子供養にかかる費用も数千円から数万円と、大きな開きがあります

それは、供養してもらうだけなのか、水子地蔵や卒塔婆、位牌、霊璽を用意してもらうのか、水子供養が終わった後も祈る機会を設けるかどうかで、必要な費用が変わってくるからです。水子供養を行うときには、夫婦で費用について、きちんと話し合っておきましょう。

そして、水子供養の場合の服装についてですが、お葬式ではないので、喪服や正装にする必要はありません。ですが、カジュアルすぎたり、露出が多い服装で水子供養に臨むのは不謹慎です。その点は、注意しましょう。

流産でも人工妊娠中絶でも気持ちが大事

水子供養は、しなければならない儀式ではありません。そして、お金をかければよいというものでもないのです。大事なのは、流産や死産、人工妊娠中絶という理由の如何を問わず産まれてくることのできなかった赤ちゃんの冥福を、真摯に祈ることです。そのため、できる範囲で水子供養をしてあげればよいのです

ママとパパの間でも、水子供養に関する考えに相違があることが多いので、夫婦できちんと話し合い、後にトラブルに発展することがないよう、しっかり準備して臨んでくださいね

  関連記事

妊婦健診補助券を有効活用!自己負担額を減らすコツとは?

妊婦健診補助券は、女性が妊娠したと確定して産婦人科や助産院で妊婦健診の際に使用す …

妊娠中や授乳中に帯状疱疹にかかったら、赤ちゃんに影響する!?

「帯状疱疹」という病名は知っていても、どんな病気かを説明できる人は、それほど多く …

鉄分が豊富なレバーを、妊娠中に食べてはいけない理由は?

妊娠中に、鉄分不足になってしまうママは多いものです。鉄分が豊富な食材といえば、真 …

妊娠中にローストビーフを食べてはいけない?妊婦はトキソプラズマに注意

妊娠前や妊娠中はママが食べるものにも注意していかなければなりません。食べ物の中に …

妊娠中の肩こりや腰痛に湿布やバンテリンは大丈夫?赤ちゃんへの影響は?

湿布で赤ちゃんに悪影響!?妊娠中の肩こりや腰痛はどうしたらいいの? 妊娠中は、お …

妊娠中はアロマの選び方や使い方に注意が必要って本当?

薬をできるだけ使いたくない妊娠中だからこそ、ヨーロッパで自然療法として取り入れら …

耳にするけどよく知らない…病院と助産院の違いとは?

妊娠に喜んだのもつかの間、次に考えなくてはいけないのが赤ちゃんを産むところです。 …

気づかないと母子ともに危険がある、子癇前症の原因と治療法とは?

妊娠は喜ばしいことですが、妊娠特有の病気を発症するリスクを常に抱えているものです …

経膣エコーと経腹エコーって何が違うの?いつからできるの?

妊婦健診では、超音波検査(エコー検査)が行われます。これは、体内に送った超音波が …

妊娠中でも海外旅行に行きたい!その注意点とは?

挙式・披露宴から新婚旅行までにブランクがあったり、授かり婚の場合、妊娠中でも海外 …