ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠5週目はつわりがひどい時期なので安静に過ごすことが大事

   

つわりやホルモンの影響で不安定になりやすい時期…。

生理不順の方などは妊娠4週目の時点ではまだ妊娠に気付けないこともありますが、5週目に突入すると気付く方が多くなります

この時期になってからママとしての自覚が強くなる方も多いため、少しずつママになるための精神的な準備が始まる時期とも言えるでしょう。

母体の変化

妊娠5週は妊娠に気付く人が多い時期

妊娠を待ち望んで毎日基礎体温などをチェックしていた人であれば、妊娠に気付いている可能性が高い時期です。ただ、特に妊娠を意識していない方の中には、「少し生理が遅れているな」と感じているだけの人もいるでしょう。また、中には5週目の時点で赤ちゃんの心拍数が確認できる方もいるため、体調の変化には敏感にならなければならない時期とも言えます

出産する病院は妊娠4週目頃から探し出す人が多いのですが、5週目のうちに決めておきたいところです。家から近いところを選択する方が多いようですが、他にも評判など様々なことを考えながら決めましょう。

ママはつわりに悩むことも

はっきりとしたつわりを感じる人が増えます。つわりといえば吐き気が代表的な症状ではありますが、他にも人によって感じる症状は違うため、無理をせずに安静にして過ごしましょう。中には一日中睡魔と闘うような状況になってしまうこともあります。

胎児の変化

赤ちゃんの胎嚢などに関する変化は?

この時期に入ると超音波検査によって胎嚢を確認できる人が増えてきます。これにより、妊娠をした実感が沸きやすい時期だとも言えるでしょう。ただ、人によっては胎嚢が確認できるのは6週目に入ってからということもあるため、5週目の時点で確認できなかったからといって問題はありません。

赤ちゃんはまだ胎芽(たいが)と呼ばれる状態で、大きさは1~2ミリ程度。ですが、目や耳、口などの他、体内の重要な器官も急激に発達していきます。赤ちゃんの体には大動脈が作られ始めるのですが、この時期に栄養不足の状態になってしまうと赤ちゃんの器官形成に悪影響を及ぼしてしまうことがあるため、しっかり栄養が摂れるように注意しましょう。

妊娠5週に気をつけたいポイント

妊娠5週は薬に注意

妊娠4週目に引き続き、飲む薬については注意しなければならない時期です。強い薬を飲んでしまうとそれが赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまう可能性もあるため、飲む薬については必ず医師に確認をしなければなりません

妊娠性のホルモンについて

この時期はホルモンが変化する影響もあり精神的に不安定になりやすいということを知っておいたほうが良いです。そのため、うつのような状態になってしまったり、ちょっとしたことでつらさを感じてしまうこともあります。ママ一人でこのような状況を乗り切るのは困難であるため、パートナーである男性にも助けてもらいながらつらい時期を乗り越えましょう。

  関連記事

子宮頸がん検診で異常が見つかった!妊娠は継続できるの?

妊婦健診には、いろいろな検査項目があり、子宮頸がん検査もその一つです。妊娠の喜び …

妊婦さんはホタルイカを食べても大丈夫?気を付けるべきことは?

ママが妊娠に気付かない妊娠超初期から安定期に入るまでの妊娠初期までは、お腹の赤ち …

妊娠判明!赤ちゃんのために見直したい生活習慣まとめ

妊娠が分かると新しい生命がお腹に宿ったことに母としての喜びを感じ、夫婦一緒に赤ち …

妊娠中絶薬は日本でも使える?インターネットで購入することはできるの?

妊娠は、人によっては喜ばしいことではないケースがあります。また望んでいても、産み …

妊娠初期症状と妊娠5~15週の体調の変化、赤ちゃんの様子を時系列順にまとめました

・妊娠初期は気を付けたいことがたくさん!知っておきたい情報とは? ママの体の中で …

妊娠中の抗生物質を飲む際に、胎児に影響は大丈夫?妊娠初期は特に注意したい抗生物質の危険性とは?

妊娠から出産までの期間において、女性が留意するべき生活週間はとても多いものです。 …

妊娠中に野菜をいっぱい食べると、子供の好き嫌いがなくなるって本当?

最近の子供は偏食で、食べられないものが多いという話をよく見聞きします。ですが我が …

妊娠中に花粉症に薬を飲んでも大丈夫?薬を飲まずに対処する方法や症状にてついて知っておこう

花粉症の症状は、妊娠中のホルモンバランスの乱れなどが原因となり、妊娠前よりもひど …

妊娠初期のつわりを楽にするおすすめの食事方法とは?

待ちに待った妊娠。赤ちゃんに会えると思うと楽しみで仕方がありませんよね。しかし喜 …

妊娠初期はそのまま仕事続けても大丈夫?つわり対策は?

現代の日本では、共働き家庭が専業主婦家庭を大幅に上回っています。そのため、働く女 …