ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠6週は出血に注意!母子手帳を受けとる方が多い時期

   

妊娠6週はママの体や心にも大きな変化がある時期です!

妊娠6週目の時期は、早い人だと赤ちゃんの心拍数を確認できる時期でもあります。

この時期におこりやすい体の変化などについてご紹介するので参考にしてください。

母体の変化

妊娠6週はアルコールや薬に注意

この時期も5週目に引き続き薬やアルコールの影響を大きく受ける時期です。絶対過敏期と呼ばれる期間となるわけなので、薬を飲む際には必ず医師に確認をしましょう。特に妊娠6週目というのは赤ちゃんにとって脳や心臓といった非常に重要な器官が形成される時期です。薬に限ったことではなく、妊婦は避けたほうが良いとされるものは特に注意しましょう。

ママの体には様々な変化が

子宮は徐々に大きくなっており、この時期には2Lサイズの卵くらいのサイズになります。ここからも分かるように、体重や見た目などにはあまり変化がありません。ただ、これにより膀胱が圧迫され、頻尿の症状を感じる方も増えるようです。頻尿が精神的なストレスになってしまう方もいるようですが、赤ちゃんが育ってきていることのサインだと考え、気にしすぎないようにしましょう。

また、自分の体が少しずつ変化していることに対し、不安を感じてしまう方も多いです。気分が落ち込んでしまうと体を動かさずじっとしてしまうことも増えますが、この時期にあまり動かずにいると血行不良になってしまい、赤ちゃんにとってもよくありません。不安なことがある場合は自分一人で抱え込むのではなく、周りや医師に相談をしたり、定期的に気晴らしをすると良いですね

また、この時期になるとそれまで全くつわりがなかった人でも症状が表れることがあります。逆につわりが全くないことに不安を感じる人もいるので、つわりの症状などはとても個人差が大きいです。

胎児の変化

赤ちゃんは10mmに

早い方は6週目くらいで赤ちゃんの心拍数が確認できます。これは、流産の危険性が低くなったことを表しているので、この段階で親や友人などに妊娠を報告する人が多いようです。赤ちゃんの体調はまだ8~10mmとなっていますが、少しずつ手や生殖器の形成が始まる時期でもあります。

妊娠6週に気をつけたいポイント

妊娠6週は出血に注意

突然出血をしてしまうと誰でも不安になりますが、この時期に出血があると流産の可能性を疑ってしまいますよね。ただ、実は妊娠6週目の出血というのは珍しいことではなく、流産とは全く関係がない出血もあります

痛みを伴う出血は流産の可能性がありますが、痛みがなかったとしても念のため病院で診察を受けたほうがいいでしょう。

また、妊娠6週目ともなるとほとんどの方は胎嚢が確認できる時期でもあります。そのため、
それまで胎嚢が確認できておらず、6週目を過ぎてもそれが変わらないということであれば子宮外妊娠の可能性についても考えなければなりません

6週目で胎嚢が確認できなければ100%子宮外妊娠とはいえませんが、医師によく確認してもらい、相談をしながらその後の対応について決めていく形になるでしょう。

母子手帳の交付について

母子手帳をいつもらえばいいかというのは明確に決まっていませんが、妊娠してすぐの時期は流産の可能性も考えられるため、妊娠6週目以降に受け取る方が多いようです。タイミングについていつがいいのかわからないということであれば、病院側から指示されてからもらえばよいでしょう。

妊婦健診を受ける

妊娠6週目はママの体調や赤ちゃんの状態にも様々な変化がおきているため、定期的に妊婦健診を受けましょう。2週間に1回となっていますが、中には自分で勝手に通うペースを決めてしまう方もいますが、万が一のことがあった際にすぐに対応できない可能性もあるので、2週間に1回のペースは守ることをおすすめします

  関連記事

妊娠中のバストの変化に!マタニティブラの種類は?どう選べばいい?

妊娠前に比べて圧迫感がありませんか? 妊娠中に気をつけたいのが、下着の事情です。 …

妊娠初期の腹痛や下腹部痛って何が原因なの?痛み方によっては要注意!?

妊娠初期にあたる5~15週ごろは特に、ママの体にさまざまな変化が起こります。する …

ジカ熱が原因になることもある先天性の病気、小頭症とは?

妊婦さんは様々な病気の予防に心がけていることかと思いますが、テレビでジカ熱という …

妊娠初期のつわりを楽にするおすすめの食事方法とは?

待ちに待った妊娠。赤ちゃんに会えると思うと楽しみで仕方がありませんよね。しかし喜 …

つわりが酷い時に摂取したいビタミンB6の効果とは?妊娠中に必要な栄養素はほかにもある?

妊娠期間で多くの人が経験するトラブルである「つわり」。つわりにも様々な症状があり …

その喉の痛み、妊娠初期症状かも!?薬を飲むのはちょっと待って!

妊娠するとつわりを始めとする、さまざまなマイナートラブルに悩まされることは有名で …

はじめての妊娠はなにをすればいい?確認しておくべきことは?

今まで当たり前に、規則通りきていた生理がとまってしまうとびっくりします。まず、妊 …

妊娠初期の立ち仕事はリスクが高い?無理なく続ける方法は?

共働き家庭が増えているいま、サービス業に従事している女性が妊娠するのは珍しいこと …

初期中絶手術とは?人工妊娠中絶の方法や費用について

残念ながら、世の中には望んでいない妊娠で苦しむ女性がいて、その結果、人工妊娠中絶 …

妊娠中はアロマの選び方や使い方に注意が必要って本当?

薬をできるだけ使いたくない妊娠中だからこそ、ヨーロッパで自然療法として取り入れら …