ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠12週は食べ過ぎによる体重増加に注意!

   

体が落ち着いてくる時期ではありますが、だからといって食べ過ぎないように

この頃からお腹の膨らみが少しずつ目立つようになってきます。それまでとは体型にも違いが現れるため、少し戸惑ってしまうかもしれませんね。

健康な赤ちゃんを産むためにママの体も少しずつ準備を始めているという証なので、ボディラインが崩れたとしても気にすることなくおおらかな気持ちで過ごしましょう。お腹はこれからどんどん膨らんでいくので、常にゆったりとした余裕のある服装で過ごすのが理想です。

母体の変化

母体が安定する時期

それまでなかなか安定しなかったママの体ではありますが、妊娠12週といえば母体が安定する時期でもあります。つわりがあった方も妊娠12週目に入ると調子の良い日が増えるでしょう。胎盤も完成の時期に近づきますが、まだまだアルコールやニコチンはNGです。

腰痛に注意

つわりさえなくなれば快適な生活が送れるというわけではありません。今度は腰痛や頻尿、便秘などに悩まされる方も多いため、ママにとってはまだまだ大変な時期だといえるでしょう。

腰痛がおきてしまう原因の一つにお腹が大きくなったことによる寝返り不足があげられます。抱き枕などを使って体勢を調整してみると良いですね

胎児の変化

赤ちゃんの性別が分かる時期

体調は、60~70ミリほど、体重も18グラム前後となります。少し成長が遅くなってしまったかなと不安に思う方もいるかもしれません。しかし、赤ちゃんの成長スピードはずっと同じではありません。この時期はゆっくりと成長しているので、心配はいりません。

また、早い方だとこの段階で赤ちゃんの性別がわかります。他にも耳ができあがってきたり、まつげや眉毛、産毛が生えるなど、小さな変化も増えてきます。エコーではそういった細かいところまで確認することはできませんが、エコー診断をするたびに少しずつ赤ちゃんの姿がはっきりしていくことが分かるはずです。

妊娠12週に気をつけたいポイント

妊娠12週に陥りがちなトラブル

この時期に注意しなければならないのが食べ過ぎによる急激な体重の増加です。妊娠している最中に急に体重が増えてしまうと、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といった病気の発症リスクが高まってしまいます。

つわりが落ち着いたことで、つい食べたくなってしまう気持ちはわかりますが、食べ過ぎにならないように気をつけましょう。この時期は妊娠前と比べて1.5キロから2キロ程度の体重増加に抑えておくのが理想です。

出生前診断について

妊娠9週目くらいから行う人が増える出生前診断ですが、12週に突入したのをきっかけに行う方もいます。これにより、染色体異常や先天性の病気があるかどうかを知ることができるため、気になる方は検査を受けることも検討したほうが良いかもしれません。

羊水検査や母体血清マーカーテスト、超音波検査、絨毛検査などの方法がありますが、妊娠12週目で選択できるのは、超音波検査や絨毛検査です。

  関連記事

夫のサポートが必須!妊娠中の妻のために夫ができること

妊娠中の女性を旦那さんはしっかりサポートしてあげましょう 妊娠は女性1人だけのも …

妊娠後期の辛い肩こりの原因と対処法を知っておこう!

それまでは経験がなかったのに、妊娠後期のママが肩こりに悩むようになるのは、よくあ …

経膣エコーと経腹エコーって何が違うの?いつからできるの?

妊婦健診では、超音波検査(エコー検査)が行われます。これは、体内に送った超音波が …

妊娠初期にうつぶせ寝をするとお腹の赤ちゃんに影響があるの?

妊娠がわかって喜ばしい反面、初めて赤ちゃんを授かったママは、これまでと同じように …

妊婦は伸びをしてはいけないのか?へその緒が首に巻き作って本当?

伸びをするとへその緒が赤ちゃんの首に巻きついてしまうって本当? 妊娠中は様々なこ …

妊娠初期におこる不全流産って何?原因や症状、処置方法を教えて!

妊娠したママの約15%が、流産を経験していることを知っていますか?流産とは、妊娠 …

思い通りの出産を行うためにも!適切な病院の選び方とは?

どんな出産を望むかで、選ぶ産院も変わります 一口に「産院」と言っても、3種類の産 …

その喉の痛み、妊娠初期症状かも!?薬を飲むのはちょっと待って!

妊娠するとつわりを始めとする、さまざまなマイナートラブルに悩まされることは有名で …

妊娠中に生野菜やサラダは食べないほうがいいって本当?

妊娠中はたくさんの栄養素を摂取することが重要です。栄養が豊富に含まれる食材といえ …

妊娠中に食べた方がいい物は?妊娠中にどんな物を食べたら赤ちゃんにいいの?

妊婦さんに必要な栄養素がとれる食材とは? 妊娠中は元気な赤ちゃんを育てるためには …