ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠13週目は体調の良い日も増えてきて散歩もおすすめ

   

お腹が膨らみ始める時期でもあるので、体調の変化には注意しましょう!

walk-354539_1920

多くの妊婦さんが体が安定したと実感するのがこの時期です。つわりが長く続いていた方も妊娠13週目に入るとほとんど治まってくるので、この時期が来るの首を長くして待ちわびていた方も多いはず。

母体の変化

成長スピードが速まる

妊娠13週をすぎると赤ちゃんの成長スピードが速まっていきます。それまでお腹が目立たなかった方もポコンと出てくるので、徐々に体を動かすのも大変になっていくでしょう。安定期が近づいているので、それまでは無理をせずのんびり過ごしたいですね。

少しずつ妊婦としての生活にも余裕が出てくる方が多いので、体調の良い日に軽く散歩をするなどしてリラックスして過ごしましょう。

妊娠線の予防

妊娠をすることによってできる妊娠線を気にする方は多いと思いますが、妊娠13週目は妊娠線ができやすくなる時期ともいわれています。乾燥している皮膚は特に妊娠線ができやすくなってしまうので、妊娠13週目が近づいたら保湿に力を入れましょう。お腹も少しずつ大きくなり、服のサイズも変わってきます。

胎児の変化

大きさについて

この頃になると20~40グラムほどの大きさに成長しますが、20グラムと40グラムとでは大きな違いがありますよね。そのため、うちの子は小さいのではないか、逆に大きいのではないかと悩んでしまう人もいるようです。しかし、この頃の赤ちゃんは個体差がとても大きいため、気にする必要はありません

定期的に診察を受け、医師からなにも言われないようであれば特に問題はないといえるでしょう。悩みすぎが赤ちゃんへの悪影響となってしまうこともあるため、考えすぎないようにしましょう。完成している内臓器官が発達をするのもこの時期です。

妊娠0週に気をつけたいポイント

妊娠13週目では流産の可能性はどれくらい?

この時期になると流産してしまう可能性は非常に小さくなります。確率にして約1%とまで言われているので、ほとんど心配ないといえるでしょう。これまで流産について不安に思っていた方も安心して過ごせるようになりますね。

ただ、1%といっても絶対に流産しないとは言い切れません。引き続き体調の変化には気を配り、不安なことがあったら医師の診察を受けましょう。

妊娠13週は葉酸欠乏性貧血に気を付けよう

葉酸欠乏性貧血とは葉酸という栄養素が足りなくなってしまった状態です。葉酸とは、水溶性ビタミンB群の一種で、厚生労働省が1日400μgの葉酸を妊婦さんに摂取することを推奨しています。元気で健康な赤ちゃんを生むためにも必要な成分なんですよね。

ただ、普段の食事で毎日葉酸を含む食物を食べるのは大変なんです。「野菜を多く用意するのが手間」「惣菜で適当に済ましてしまう」「外食する時も多い」そういう妊婦さんの事情もあります。そんな時に葉酸サプリで栄養素を補うのがおすすめです。


>> 元気な赤ちゃんを生むために妊娠初期に葉酸を補おう

仮に貧血のせいで倒れてしまったりしたらお腹を打つ可能性もあって危険ですよね。こういったリスクを抑えるためにも普段から葉酸不足に陥らないためにも摂取量には注意しましょう。

  関連記事

妊娠と赤ちゃんのアトピー・アレルギーの関係とは?遺伝はする?卵・牛乳はNG?

妊娠中に食べるものや両親のアトピーやアレルギーは遺伝するのか? 妊娠をすると様々 …

妊娠中でも海外旅行に行きたい!その注意点とは?

挙式・披露宴から新婚旅行までにブランクがあったり、授かり婚の場合、妊娠中でも海外 …

多胎妊娠のママが経験する可能性があるバニシングツインって何?

みなさんは、「バニシングツイン」という言葉を聞いたことがありますか?双子の妊娠を …

頭痛が辛くて耐えられない…。妊娠中でも頭痛薬を飲んでもいいの?

妊娠中は、女性ホルモンの変化や疲労、ストレスなど様々な要因で、頭痛を感じる女性が …

あせもと勘違いしがちの汗荒れ。原因を知り、適切に対処しよう!

汗でかゆみを伴う発疹が出るのは、すべて「あせも」だと思っていませんか?実は、あせ …

妊娠したら、今までの化粧品が合わない!肌質の変化への対処法は?

妊娠することで女性におこる変化をあげてくださいと聞かれたら、見ためや母性の出現な …

妊娠中の浮気が発生する原因と予防方法

妊娠をしたからといって旦那さんをおろそかにしてしまうと浮気の危険性が… 妊娠中と …

妊娠中に風疹にかかることはさけたい!予防法と対策を知っておこう

子供の時にかかったことがあるからと安心していても油断できないのが風疹です! 妊娠 …

妊娠中にてんかん発作がおこると、お腹の赤ちゃんに影響する?

てんかんを持病に持っている女性にとって、赤ちゃんは欲しいけれど、病気が遺伝しない …

妊娠初期にげっぷって、つわりなの?その対処法は?

妊娠がわかってから、何だかげっぷの回数が増えていると感じているママは、案外多いの …