ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

つわりが酷くて身の回りのことが何も手に付かない時はどう乗り越えればいいの?

   

つわりの症状の出方は人それぞれで、その辛さは本人にしかわからないものです。

つわりがあるのは赤ちゃんが元気に成長している証拠と言いますが、それでも赤ちゃんの愛おしさとつわりの辛さは、また別物とその辛さに思わず弱音をあげたくなります。

そんな酷いつわりの時期、今までできていたことが何も手につかず、できないということが多々あります。このままで私どうしようと、気が弱くなることもあります。そんな時期の乗り越え方を紹介します

悪阻がおきるのはどうして?つわりにも個人差はある?

悪阻がおきる原因は、一つだけではなくいくつかあります。妊娠すると女性の体が赤ちゃんを育てる環境へと急速に変わっていく中で、ホルモン分泌が急激に増えます。

その時に悪阻がおこること、妊娠することにより自律神経が乱れること、また妊娠初期の大切な時期に少しでも母体が無理をしないようにゆっくり過ごしてほしいことから、悪阻をおこし体を自主的に防衛しているのです

そして悪阻には個人差があります。妊娠の経過において、悪阻が重いから良いとか軽いから良いということはなく、どちらも同じなのですが、その個人差は、誰もができれば軽いほうが良いと思うものです。

普段何気なく出来ていた料理がつわりがくるとできなくなってしまう理由は?

「普段できていたことができなくなる」一番最初に突き当たる壁は料理です。つわりが来ると料理ができなくなってしまう大きな理由は、匂いにあります。

今まではいい匂いと感じていた匂いが、どうしても受け付けない匂いに変わってしまったり、その匂いを嗅いでしまうだけで吐き気に変わってしまうことがあるからです。

また料理中には刺激のある匂いや、蒸気が上がる温かい匂いなど、その種類も多種多様であることも理由の一つです。

炊き立てのご飯、炊飯器を開ければ幸せな気分になっていたのもが、匂いが気持ち悪くて嗅げなくなったということが多いのも納得です。

家事も料理も、何も手につかないときの対処法はどうしたらいいの?

つわりで体調が悪く、もう何もしたくない、何もする気力がわかないということがあります。もちろんある程度の時間は休息を取りゆっくりと過ごすことが大切です。

そんな時には今までと同じように家事や料理をしようとすることは諦めましょう。同じようにやらなくてはいけないと思えばストレスが溜まり、ママにも赤ちゃんにとっても良くありません。

もちろん旦那さんに協力をお願いすることも大切ですし、近くに両親が住んでいれば甘えても良いです。家事は調子が良いときにやればよいですし、料理は旦那さんに買ってきてもらったものを食べても大丈夫です。

また、お金は多少かかりますがプレママサポートサービスで家事代行サービスなどを取り入れている行政もありますし、民間のサービスもありますので家事や料理をお願いして辛いつわりの時期を乗り切るという手もあります。

少しでもつわりを和らげる方法はある?

ed4eb2fc391c0790e90457348f031dd0_s

つわりには波があります。朝・昼・夜と時間帯を3つに分けて考えても、自分にとって過ごしやすい時間帯と、そうではない時間帯があるのが分かるはずです。

つわりが楽な時間帯に動き、辛い時間帯は横になって過ごすことを心がけることで、つわりを酷くさせない効果につながります。

また意外と、何もしていないことがつわりであることを、より自分自身が自覚してしまうことになり、辛さが増すことがあります。

誰かと話をしてみたり、自分が好きなことをしてみたり、リラックス効果があり妊娠中も飲めるハーブティーを飲んで過ごしたり、散歩をして過ごすこともつわりを和らげる効果があります。

気分転換することこそが、少しでもつわりを和らげることにつながります

そのほかに、好きな味の飴を口の中に入れておくのも、つわりを和らげる効果があります。好きな味という事でのリラックス効果と、食べつわりに効果を発揮します。

我慢は禁物!家族と協力してつわりを乗り越えよう

つわりはママになるための最初の試練かもしれません。本人にしかわからない辛さ、そして初めて経験する吐き気という人もいると思います。

自分ひとりでつわりの辛さを抱え込むのではなく、家事や料理は、できることをできる人で分担をして乗り越えましょう。つわりの時期は永遠に続くのではありません。気が付いた時には軽くなり、そしてなくなります。

赤ちゃんのことは家族みんなで考えて、そして協力すること、赤ちゃんが生まれてくる前から始めておきたいものです。

  関連記事

血液検査でC型肝炎に感染していることが判明!胎児への影響は?

妊婦健診では、定期的に血液検査を行っています。これは、お腹の赤ちゃんが健康に発育 …

プレママのお出掛けに!必須アイテム&便利グッズとは

プレママのバックに絶対準備しておきたいアイテムとは? 妊娠中でも、たまには気晴ら …

妊娠中はシミができやすい!日焼け予防に力を入れよう!

妊娠中には、気を付けなければならないことがたくさんあります。その中の一つが日焼け …

妊娠中牡蠣は食べてもいいの?胎児に及ぼす影響や牡蠣を食べることのメリットは?

妊娠中はとてもデリケートな時期なので、食事に気を使う機会も増えますよね。その際に …

これもダメ?妊娠中にやってはいけない意外なこと!

赤ちゃんのことを第一に考えて! 妊娠中どうしても気にしてしまうのが、体に無理をか …

妊娠中に生野菜やサラダは食べないほうがいいって本当?

妊娠中はたくさんの栄養素を摂取することが重要です。栄養が豊富に含まれる食材といえ …

妊婦さんはホタルイカを食べても大丈夫?気を付けるべきことは?

ママが妊娠に気付かない妊娠超初期から安定期に入るまでの妊娠初期までは、お腹の赤ち …

ジカ熱が原因になることもある先天性の病気、小頭症とは?

妊婦さんは様々な病気の予防に心がけていることかと思いますが、テレビでジカ熱という …

葉酸が多い食品と食材ってどんな物?妊娠中に必要な摂取量と効率的に摂る方法や調理法についてもご紹介

妊娠中の女性が必要な葉酸の量は1日480㎍とされていますが、妊活中と妊娠初期は1 …

妊娠中の肩こりや腰痛に湿布やバンテリンは大丈夫?赤ちゃんへの影響は?

湿布で赤ちゃんに悪影響!?妊娠中の肩こりや腰痛はどうしたらいいの? 妊娠中は、お …