ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

行動範囲が限られてまう妊婦生活!有効的な時間の使い方とは?妊娠中にするべきことは?

   

new_TAKEBE055122456_TP_V

妊娠がわかるととても嬉しいもの。ですが、妊婦さんには食べていいものダメなもの、やっていいこといけないことの行動範囲が決まってきてしまいますよね。

行動範囲が限られてきてしまう妊娠期間は、みんな多かれ少なかれストレスを感じるものだと思います。

今回はそんな限られた行動範囲の中で、どんな風に時間を使っていけば有効かをお話しします。仕事をしている方も、そうでない方にも、ぜひ参考にしていたどけたらなと思います。

妊娠中は暇を感じてしまいやすい?

妊娠中、特に安定期に入るまでは流産の危険も多く、行動範囲が限られてきてしまいますよね。

例えば、運動が日課でジム通いをしていた人は、激しい運動がダメになるので、ランニングマシンを使っての長距離のランニングが出来なくなったり、お腹を気にして思うように運動できなくなりますよね。

また、お酒が好きで女子会がストレス発散!という方も、お酒が飲めなくなるのでなかなか女子会でも100%楽しめなくなってしまったり。

また、人によってはつわりがひどく、仕事にも行けなくなってしまって外出もままならなくなってしまうなんて人も。このように、出来ることが限られてくることで、妊娠中は暇に感じる人も多いと思います。

のんびりと自分の時間を過ごそう

行動範囲が限られてくると、どうしても暇に感じてしまいますが、ここは気持ちを切り替え、いつも頑張っていた時間に、赤ちゃんがゆっくりする時間をくれているんだと思いましょう。

自分と赤ちゃんのために、のんびりとした時間を過ごすことを考えましょう

産休に入るまでお仕事をしている方は、のんびりする時間が少なくなってしまうかもしれませんが、外食は程々にして、家でのゆっくりとした時間を作ったり、仕事の休憩はこまめに取って、ストルスを溜めないようにしたり。

また、つわりがひどく早めに仕事を退職する方も、家にいて家事を頑張りすぎず、体調を整えるためのゆっくりとした時間を過ごしましょう。妊娠中はゆっくりしていたって誰にも怒られません

むしろ、安静にして赤ちゃんがよく育つように、時間を有効活用しましょう。そうすれば、ストレスなく妊娠中を過ごしていけるでしょう。

時間がとれる今だからこそできる有効的な時間の使い方は?

57a69e8ea1d50b58c1cd5636dd2f1bb4_s

妊娠中の時間が取れるからこそ出来ること。色々ありますよね。例えば私は、産休に入ってからとても時間を持て余してしまっていました。

何もせずに家にいると、今まで仕事をしていた時間を持て余してしまって困っていました。

そこで、まず始めたのは、お産に向けての情報収集。情報がないと、お産は怖いイメージがありますよね。特に初産だと周りから聞く話のイメージで恐怖心も出てきてしまうと思います。

なので、私はまず妊娠中からお産にかけての情報収集を始めました。これでかなり時間も過ぎていきましたし、知識を増やして、いつでも来い!という気持ちになれました。

また、ベビー服やベビーグッズを買い漁るのもおすすめ。やっぱり赤ちゃんのものはどれも可愛い!今は種類も豊富で、男の子も女の子も本当に可愛いお洋服ばかり、しかもお手頃で揃っています。これは本当に楽しいので、おすすめですよ。

外に出かけて娯楽を楽しもう

妊婦さんだからといって、外出をしないのではストレスも溜まって疲れてしまいます。

家の中にこもっていても、健康にも良くないですもんね。太り過ぎを防ぐためにも、程よく外出をして、ストレス発散、体重管理を心がけるといいと思います。

また、安定期頃は体調も楽になって、つわりのひどかった方も落ち着いてきます。安定期に入ったら、我慢していた場所にも少し出かけてみましょう。ママが楽しいとお腹の赤ちゃんもきっと嬉しいでしょうからね。

ただ、風邪には注意が必要です。冬の時期はインフルエンザやノロウイルスが心配ですから、マスクは必須アイテムです

せっかく出かけたのに、出先で風邪をもらってきてしまったら残念なので、暖かくして、風邪をひかないように出かけましょう。

また、妊娠後期にはウォーキングをするといいです。お腹の張りには気をつけて、1日30~1時間のウォーキングをしてみるといいでしょう。体重管理にもなりますし、赤ちゃんのお産を促してくれます。

いましか出来ないことに取り組んでみるのもおすすめ!

new_ninpu_genki

妊娠中は行動範囲が限られてしまい、出来ないことも多く感じてストレスに思ってしまうかもしれません。ですが、せっかくのマタニティライフ。10ヶ月を楽しく有意義に過ごしてもらいたいなと思います。

今までの生活とは一変してしまうかもしれませんが、それは今しかできない生活や体験だと思います。ゆっくりと自分と赤ちゃんの時間を作って、満喫してもらいたいなと思います。

また、適度な運動や外出ももちろんOK。ママが楽しければきっと赤ちゃんも楽しいでしょうから、ストレスを抱えずに、時には外出をしたり、ベビーグッズを探しにいったりしながら、赤ちゃんとのたいめんを待ってみるのもいいと思います。

  関連記事

多胎妊娠のママが経験する可能性があるバニシングツインって何?

みなさんは、「バニシングツイン」という言葉を聞いたことがありますか?双子の妊娠を …

妊娠中のバストの変化に!マタニティブラの種類は?どう選べばいい?

妊娠前に比べて圧迫感がありませんか? 妊娠中に気をつけたいのが、下着の事情です。 …

パパの助けが必要!つわりが酷い、そんなときにパパができること

つわりは人によって重さは異なるものの、妊婦さんの大多数が経験するものです。新しい …

妊娠判明!赤ちゃんのために見直したい生活習慣まとめ

妊娠が分かると新しい生命がお腹に宿ったことに母としての喜びを感じ、夫婦一緒に赤ち …

妊婦健診補助券を有効活用!自己負担額を減らすコツとは?

妊婦健診補助券は、女性が妊娠したと確定して産婦人科や助産院で妊婦健診の際に使用す …

専業主婦に憧れを抱いている全ての女性に知っておいてほしいこと

専業主婦には専業主婦の悩みがある!どちらが自分に向いている? 兼業主婦として働い …

つらい吐きつわりをなんとかしたい!軽減する方法はある?

つわりの中でももっともポピュラーなのが「吐きつわり」。テレビなどでも「うっ」と口 …

妊娠中の服薬の副作用としておこる、催奇形性と胎児毒性について

市販薬の注意書きを読むと、妊娠中の服用を控えるように明記されているものが多いと思 …

妊娠中の高熱にはどう対処したらいい?病院に行くタイミングは?

妊娠中に高熱が出てしまうといろいろ心配になってしまうもの…。 妊娠中は妊娠してい …

吐き気や眠気だけじゃない!「めまい」もつわりの症状だって知っていますか?

妊娠初期に多くの妊婦さんが苦しめられる、「つわり」。食欲がなくて常に気持ち悪い状 …