ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中の水分補給!何を飲んだほうがいい?控えるべき飲み物は?

   

6f13df209cda31f0642342471c660a70_s

妊娠中は水分不足になりがちです。ママの身体は、血液を水分で薄めて赤ちゃんに栄養を届けています。なので、普通よりも多くの水分を取ることが大切です

でも、摂取する水分によっては赤ちゃんとママに良くないものもありますし、つわりの時はたくさんの水分を補給するのは難しいですよね。

では、どんな飲み物が母体と胎児に良くて、どんな飲み物が良くないのでしょうか?また、つわりや陣痛中に飲んだほうが良い飲み物も紹介します。これを知っておけばたくさんの飲み物の中で迷う必要はありませんね。

妊娠中は汗を掻きやすいので水分補給が必須

妊娠中汗をたくさんかいたという人は多いです。妊娠中は普段より基礎代謝が上がります。基礎代謝とは、寝ていても動かなくても消費されるカロリーが多くなるということです。

お腹に赤ちゃんがいると、酸素消費量が20%上がり、基礎代謝は10~15%ほど上がります。内臓もたくさん働くので汗や尿の量が普段より増えます。普段より多く汗や尿で水分を排出してしまうので、普段よりも多くの水分補給が必要になります。

加えて身体の中では血液をサラサラにして赤ちゃんに栄養を届けるにも水分が必要ですし、赤ちゃんを守る羊水にもたくさんの水分が使われますね。

汗や尿で奪われる水分と、ママと赤ちゃんの身体に必要な水分のために、水分補給はとても大切となってきます

妊婦さんが飲むべき飲み物、その効果や影響は?

49216ad4cc902b70f528e593adb9d709_s

妊娠中の飲み物の一番のお勧めは、カフェインが含まれていないお茶です。多くの妊婦さんは麦茶を飲んでいますね、妊婦さんには一番ポピュラーなお茶です。飲みやすく安価なので安心してたくさん飲むことができます。

ルイボスティーもミネラルがたっぷり含まれているので妊娠中の栄養も取れて理想的です。他にはゴボウ茶、そば茶、たんぽぽ茶などがありますが、ゴボウ茶はお腹を下し易いので便秘の時にお勧めで、そば茶はアレルギーがある人は控えてください

お茶以外ではどんなものがある?

お茶以外では、まず乳酸飲料です。牛乳やヨーグルト飲料などはカルシウムも摂取できるので理想的です。カルピス飲料も、乳酸菌を摂取できるので、内臓の働きを良く出来て風邪などの予防にもなります。

他には、実際に妊婦さんが飲んでいたものを調べてみたのですが、サイダーや100%ジュースという意見が多かったです。つわりなどで気分が悪いとスカっとするし良いですね。

炭酸飲料は、甘くないものも今はコンビニなどで手軽に買えますから、出先でも安心ですね。

妊婦だけど、どうしてもコーヒーが飲みたい人も多いと思います。1日にコーヒー1~2杯なら大丈夫と言われていますが、心配な人もいますよね。そんな時は、カフェインレスコーヒーたんぽぽコーヒーが良いですね。

たまにはビールも飲みたいという人もいますよね。昔と違いノンアルコールビールも主流ですから、ご主人の晩酌に付き合って自分も一杯なんてこともできますね。上手くストレスを発散してください。

控えておきたい飲み物、その影響とは?

こんなものは飲んじゃダメ!妊娠中控えたい飲み物は?

妊娠中は赤ちゃんの身体作りのために控えたい飲み物が多くありますよね。意外にダメだったり意外に良かったりするものが多くあります。

カフェインはやっぱりダメ?量を守って飲むならOK!

カフェインを多く摂取すると、赤ちゃんが発育不全になったり、流産や死産のリスクが高まります。カフェインはコーヒー・緑茶・紅茶・栄養ドリンク・コーラ・抹茶・ココア・ほうじ茶・ウーロン茶・玄米茶 などに含まれています。

しかし、コーヒーはコップ一杯のカフェイン量が100ml前後に対し、一般的な緑茶はコップ一杯のカフェイン量が30ml、玄米茶は15mlと、すべてが高いわけではないので、神経質になりすぎないようにしたいですね。

積極的に控えてほしい!アルコール飲料

アルコールに関しては絶対にダメです。アルコールはママの胎盤を直接通って赤ちゃんに届いてしまい、赤ちゃんも一緒に酔っ払ってしまいます。

この状態が続くと赤ちゃんの発育に悪影響をきたし、「胎児性アルコール症候群」になってしまうことがあります。

アルコールの影響により、胎児の発育に遅れが生じたり、脳の発達が不十分になってしまい、言語能力や学習面で障害を及ぼして産まれてくるなどの症状が現れます。赤ちゃんのためにノンアルコールを選んであげたいですね。

つわりを和らげる飲み物、陣痛や出産時の痛みを和らげる飲み物は?

new_a0003_000188

つわりは本当に辛いですよね。数ヶ月の間、毎日気分の悪さと戦わなくてはいけないので、飲み物ってとっても重要になってきます。つわりの時はどんな飲み物が良いのでしょうか?

スッキリサッパリな飲み物がつわりにいい!

グレープフルーツの匂いがつわりに効く人が多く、グレープフルーツジュースを飲んでいたという人が多いです。グレープフルーツはビタミンも取れて糖質も低いので他のフルーツジュースと比べて妊婦さん向けです。

同じ効果でレモンもお勧めです。炭酸水も気持ちが悪い喉元をサッパリさせてくれます。

陣痛や出産が楽になる飲み物ってあるの?

赤ちゃんに会えるのは嬉しいけど、とにかく大変なのが陣痛と出産です。耐え抜くために備えておきたい飲み物はどんなものが良いのでしょうか?

栄養補給が大切!スポーツドリンク!

一番良いとされていて、一番良かったと言われているのがスポーツドリンクです。陣痛、出産はとにかく体力の消耗が激しいです。すぐに栄養が行き渡りスタミナが補給されるという点では最強です。味も爽やかなのもいいですね。

ペットボトルから飲む場合はストローを忘れないでください。

リラックスが大事!好きな飲み物でいい

陣痛は、副交感神経の働きが活発になることでおきるものです。副交感神経はリラックスしている時に活発になる神経なので、お産はなるべくリラックスしていたほうが良いのです。

常識の範囲内で自分の好きな飲み物、落ち着く飲み物を飲みながら辛いお産に備えるのもいいですね。

水筒を持ち歩いてこまめに水分補給しよう

いかがでしたか?妊娠中は水分補給が大切とはいえ、つわりや胸の圧迫感があり、飲み物の好みが変わることもあります。中には緑茶しか飲めなくなる妊婦さんもいます。

でも、カフェイン保有量を知っていれば自分で調整して飲むことができて安心ですし、ノンカフェインやノンアルコールで上手く気分転換もできますね。

心も普段より情緒不安定になるものです。あれもこれもダメと思わずに、なるべく飲みたいものを飲んでリラックスして赤ちゃんと過ごしたいですね。

たまにはパパと一緒に買い物に行き、「これはいいね」「あれは量を気をつけようね」などコミュニケーションしながら楽しんで飲み物を選ぶのも赤ちゃんは喜びそうですね。

  関連記事

妊娠初期にうつぶせ寝をするとお腹の赤ちゃんに影響があるの?

妊娠がわかって喜ばしい反面、初めて赤ちゃんを授かったママは、これまでと同じように …

育休中に2人目を妊娠!育休や産休はどうなるの?

職場復帰するつもりで育休をとっていたけれど、その間に2人目を授かってしまったとい …

妊娠初期にみられる絨毛膜下血腫の原因と治療法は?

妊娠初期は、いろいろな原因で出血することが多いです。中でも多いのが、「絨毛膜下血 …

妊娠12週は食べ過ぎによる体重増加に注意!

体が落ち着いてくる時期ではありますが、だからといって食べ過ぎないように この頃か …

妊娠中に風疹にかかることはさけたい!予防法と対策を知っておこう

子供の時にかかったことがあるからと安心していても油断できないのが風疹です! 妊娠 …

妊娠中にひじきを食べるのがよくないとされる理由は何?

かつての日本では、妊娠中の女性に対し、「ひじきには鉄分やミネラル、食物繊維が豊富 …

妊娠中のバランスのよい食事とはどんなモノ?積極的に食べた方がいい3つの栄養素をご紹介

妊娠中にどんな食べ物がお勧めでどんな栄養をとればいいのか知っておきましょう 妊娠 …

妊娠中にマグロは禁止って本当?その理由は?

妊娠中は、刺身や生ものを避けるようにいわれています。それは、食中毒にかかるリスク …

吐きづわり、食べづわりなど悪阻には種類がいろいろある!種類別での体調改善法とは?

妊娠した人の多くが経験する「悪阻(つわり)」。 一昔前はつわりというと吐くもの… …

妊娠中の抗生物質を飲む際に、胎児に影響は大丈夫?妊娠初期は特に注意したい抗生物質の危険性とは?

妊娠から出産までの期間において、女性が留意するべき生活週間はとても多いものです。 …