ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中はシミができやすい!日焼け予防に力を入れよう!

   

妊娠中には、気を付けなければならないことがたくさんあります。その中の一つが日焼けに関することです。

できるだけ日光に当たってたくさん日焼けした方が健康に良いと言われていた時代もありましたが、現在は紫外線が持つデメリットの方が大きいということが明らかになり、日焼けはできるだけ避けた方が良いと言われていますよね。

妊娠中はそうでない時期に比べて、肌が敏感な状態です。そのため、日焼けの悪影響も受けやすいので注意してくださいね。

妊娠中は紫外線に注意!

なぜ妊娠中に日焼け予防をしなければならないのかというと、紫外線を受けることによりシミができやすくなるからです。妊娠していない時でも紫外線によりシミがつくられますが、実は妊娠中はシミができやすい時期でもあるのです。

そもそもシミができる原因はどこにあるのかというと、紫外線を受けることにより、体内でメラニン色素と呼ばれるものが分泌されることにあります。メラニン色素は、刺激から体を守るために分泌されるものです。

つまり、紫外線を浴び、日焼けをして肌が黒くなるというのは、肌が頑張って自分を守ろうとした結果だといえるでしょう。しかし、そのメラニンがうまく排出されないとシミとして残ります。

妊娠中はお腹に赤ちゃんがいるため、刺激に対して非常に敏感な状態になっているわけですが、これによりメラニンも活発に分泌され、シミができやすい状態にあるのです。

頑固なシミになると、様々な美白対策を取り入れてもほとんど効果が得られないこともあるため、妊娠中のシミを予防するためにも日焼け予防に力を入れましょう

妊娠中のシミ対策

妊娠中といえば、お腹の中に大切な赤ちゃんがいる時期でもあるので、使うものにはこだわりたいですよね。日焼け予防をするためのアイテムとして、日焼け止めクリームなどを使用しても問題ないのでしょうか。

これは特に問題ないのですが、妊娠中はそうでない時期に比べるとお肌が敏感な状態になっているため、使用する日焼け止めの種類にもこだわりましょう。

できるだけ肌にとって、負担の少ないものを選ぶことが大切です。例えば化学薬品が使われていないノンケミカルタイプのものだったり、敏感肌用の商品、肌にやさしい天然素材で作られているオーガニック商品などを選択してみてくださいね。

ただ、人によって肌に合うものが違うため、自分にとって最適なものを探すことが大切です。妊娠前から使っているものを塗ったところ、肌荒れしてしまったという方も珍しくありません。

妊娠中はホルモンバランスが変化するため、肌質が普通肌から敏感肌に変わることもあります。日焼け止めを塗る際はパッチテストも行ってみましょう。

日焼けをすると赤ちゃんに悪影響はある?

紫外線は肌に当たったとしても、赤ちゃんまでは届きません。そのため、ママが日焼けをしたからといって、赤ちゃんに直接的な悪影響はないといえるでしょう。

もちろん、妊娠中にママが日焼けをしたために、赤ちゃんも日焼けをした状態で生まれてきたというようなこともありません。

正しく日焼け止めを塗ることが大切

日焼け止めの効果というのは、一日中続くわけではありません。そのため、朝に塗ったからその後は塗らなくても良い、というわけではないのです。

汗をかくだけでも日焼け止めは簡単に流れ落ちてしまうため、こまめに塗り直すように心がけましょう。

また、強いものを塗るほど良いというわけでもありません。成分の強い日焼け止めは、それだけ肌に与える負担も大きいため、ちょっとした外出ならば弱い日焼け止めを使うなど使い分けてみてくださいね。

紫外線を避けた生活をするのもおすすめ

5月頃から徐々に紫外線は強くなってきます。夏場にかけてたくさんの紫外線が降り注いでいるわけですが、可能ならば紫外線の強い昼間の外出は避けましょう。

妊娠中に紫外線対策を怠っていたところ、産後から徐々にシミが増えてきた…という方も多いので、紫外線量の少ない朝早くや夕方の時間帯をねらって外出するのがおすすめです

外に出る際は日傘や帽子をかぶったり、日陰を選んで歩くというのも効果的なので試してみてくださいね。

  関連記事

妊娠中に漢方薬は飲んでもいいの?時期によって違うの?

妊娠中のママの身体は、女性ホルモンの分泌のバランスが急激に変化するため、免疫力が …

妊娠初期の流産の原因は何?種類と症状を知っておこう!

流産とは、妊娠22週以内に妊娠が終了してしまうことをいいます。とても悲しい出来事 …

エコー写真の正しい見方や、超音波検査の際に分かることとは?

妊娠中に赤ちゃんの姿を目で確認できるのが、産婦人科でもらうエコー写真です。これは …

妊娠14週は妊婦らしい体型に!ストレスにも注意しよう

ストレスを感じると赤ちゃんにも悪影響が!妊娠14週に注意したいこととは? 多くの …

妊娠中にマグロは禁止って本当?その理由は?

妊娠中は、刺身や生ものを避けるようにいわれています。それは、食中毒にかかるリスク …

吐きづわり、食べづわりなど悪阻には種類がいろいろある!種類別での体調改善法とは?

妊娠した人の多くが経験する「悪阻(つわり)」。 一昔前はつわりというと吐くもの… …

HTLV−1にかかってしまったら赤ちゃんはどうなるの?予防法や対策は?

聞きなれない言葉ですがHTLV-1という感染症に妊婦さんは気をつける必要が! H …

最近よく聞く「ハイリスク妊娠」ってどんな意味?注意点は?

晩婚化が進み、高齢出産する女性が増えているのに比例して、ハイリスク妊娠も増え続け …

妊娠中にMRI検査を受けても大丈夫って本当?時期によっても違う?

近年は働く女性が増えていることもあり、産休に入るまで仕事を続けるママも多いです。 …

妊娠中の飛行機利用は何をどう気をつければいいの!?

妊婦さんによる飛行機の利用についてお話しします! 「妊娠中、飛行機は避けた方がい …