ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠判明!赤ちゃんのために見直したい生活習慣まとめ

   

妊娠が分かると新しい生命がお腹に宿ったことに母としての喜びを感じ、夫婦一緒に赤ちゃんの誕生を待ちわびるものです。赤ちゃんはママから栄養をもらってグングン成長していくので、やはりママの生活習慣は赤ちゃんの為にも良いものにしていきたいですよね。

とは言っても長い妊娠中の生活はどうして良いのか分からない、以前は何気なくしていたことを続けて良いのか不安というママに、赤ちゃんの為に見直したい生活習慣をまとめてみました。

妊娠がわかったら見直すべき生活習慣とは?

すぐにやめたい飲酒と喫煙

赤ちゃんはママの血液から栄養をもらって成長を続けます。ママが飲酒をすると血液中にアルコールがいきわたる為、胎盤を通して赤ちゃんへも移行してしまいます。

また喫煙は血管の収縮に作用してしまい、赤ちゃんが成長に必要な栄養素や酸素をしっかりと受け取る事が出来なくなります。結果的に赤ちゃんの成長に多大な悪い影響をもたらす為、妊娠が分かったらまずは飲酒と喫煙はやめましょう

喫煙はママが吸わなくてもパパの副流煙なども影響するので、周囲にも協力を仰ぎましょう。

薬の服用は医師に相談

元々持病があるなどで薬を服用している方もいますが、妊娠中の服用によって胎児への影響がないと断言できない薬が多々あります。服用をしている薬がある場合は、必ず医師に相談して薬の中止や変更の指示を受けましょう

どんなことに注意していけばいいの?

無理のしすぎは控えて

仕事や家事でなかなか休息が取れず、ついつい毎日ぐったしているなんてママもいますが、妊娠中は疲れやすく体力が以前の様については来ないものです。

無理のしすぎは母体の健康を損なうだけでなく、赤ちゃんにも影響が出る事がります。ママが動きすぎて切迫気味になってしまうというケースもあるので、妊娠中は普段以上にゆったりとしたスケジュールで行動しましょう。

仕事で激務という方は妊娠が分かったら早めに上司に相談し、仕事量の調節をお願いしましょう。

カフェインはほどほどに

コーヒーや緑茶にはカフェインが含まれており、ママが飲むことによって赤ちゃんへもカフェインが移行するとされています。カフェインは興奮作用や覚醒作用があり、小さな赤ちゃんの負担になってしまう事があります

コーヒーや緑茶は飲んでも1日1杯までにしたり、カフェインレスのハーブティーなどにしましょう。

運動はしても大丈夫?

妊娠中は基本的に運動をしてもOK

妊娠中はどうしても運動不足になりがちで体に必要な筋肉が衰えたり、消費カロリーが減って体重増加の原因にもなります。とは言っても激しい動きはママの体だけでなく赤ちゃんにも悪い影響を与えて最悪切迫という事態を招いてしまう事があります。お腹が直接ぶつかるようなスポーツや、力むような動きは避けましょう。

運動をするならウォーキングやヨガ、ストレッチなど軽めなものにし、ママの体調に無理のない範囲で行いましょう。また軽い運動をすることで体の巡りが良くなり、むくみや冷え性予防につなげる事も出来ます。

こんな人は運動は禁物!

基本的に妊娠中の運動は問題ありませんが、切迫気味と診断されている人や医師から運動を禁止されている人は運動は禁物です。元々運動習慣があり体を動かさないとスッキリしない、またちょっと気分転換に体を動かしたいというママは必ず医師に相談しましょう。

食べ物などの注意点は?

食事はバランスよく

赤ちゃんはママの食べた栄養をもらって毎日育っています。なので、ママの不摂生はダイレクトに赤ちゃんに伝わってしまうのです。妊娠中はなるべく3食規則正しいリズムで食事をして、まとめ食いやドカ食いを避けましょう

また1食の中でご飯や麺などの主食、肉や魚などの主菜、野菜類を揃えるようにすると栄養バランスが良い食事が出来ますよ。

マグロを食べる量は考えて

大型の回遊魚になるほど水銀が体内に凝縮されてしまうとされており、特にマグロなどは他の魚に比べて水銀の含有が多いとされています。大人ならば水銀を摂取しても排泄できますが、赤ちゃんは排泄できない為にどんどん蓄積されてしまいます。マグロは刺身の切り身換算で1週間に8切れ程度にとどめましょう

また生魚は食中毒予防の為にも加熱するか、鮮度の良いものを選びましょう。

味付けは薄めに

塩分の取りすぎは血圧上昇につながり、妊娠中毒症の原因の一つにもなってしまいます。濃い味が好きという方はなるべく薄味を心がけましょう。また麺類の汁には予想以上に塩分が含まれている為、全部飲み切らずなるべく残すようにしましょう。

赤ちゃんやママの体のためにも普段の生活から気をつけていこう

妊娠中のママは以前の体の状態と比べて疲れやすかったり、何かと体調を崩しやすいものです。

妊娠初期はお腹の大きさはまだ変わらず「本当に赤ちゃんいるのかな」と思ってしまう事もあるくらいですが、赤ちゃんはママのお腹で毎日しっかりと成長しています。赤ちゃんの健やかな成長はママの健康あってのものですので、普段以上に体調に配慮し無理をしない事が重要です。

また食生活にも気を使いながら楽しいマタニティライフを送りましょう。

  関連記事

反復流産は不育症?赤ちゃんを産むことはできないの?

妊娠を経験した女性の約10~15%が、流産経験者だということを知っていますか?受 …

プチプラから人気ブランドまでマタニティウェアを選ぶならここ!

妊娠中でもおしゃれは忘れたくない! シンプルなものが多い印象のマタニティウェアで …

つい食べ過ぎちゃう!?食べつわりで注意したい2つのポイントとは

気持ち悪くなる前に…とついつい食べ過ぎちゃう恐れがある「食べつわり」。しかし、つ …

乳がん治療に使われているフェマーラ(レトロゾール)が不妊治療に効くって本当?

不妊治療の一環として、排卵誘発剤が使われることがあります。「フェマーラ(レトロゾ …

寝ても寝ても眠い…。眠りつわりと戦う方法とは?

妊娠すると、いつも以上に睡魔に襲われたり、眠気に勝てなかったりする日がありますよ …

溶連菌は子供だけの病気じゃない!妊婦さんがかかると危ない理由と対策など

溶連菌感染症という言葉を知っていますか?子供がかかりやすい病気のひとつで、かかる …

育休中に2人目を妊娠!育休や産休はどうなるの?

職場復帰するつもりで育休をとっていたけれど、その間に2人目を授かってしまったとい …

なってしまった時に慌てないために!知っておきたい、切迫流産の本当の話

切迫流産は流産とは違う!切迫流産についてしっかり知っておこう 「切迫流産」と聞い …

鉄分が豊富なレバーを、妊娠中に食べてはいけない理由は?

妊娠中に、鉄分不足になってしまうママは多いものです。鉄分が豊富な食材といえば、真 …

妊娠中の風邪はどうやって治せばいい? 赤ちゃんへの影響や病院にいくタイミングについて

妊娠中は女性ホルモンの分泌バランスが変わるので、免疫力が低下すると言われています …